「源氏物語上・中・下
発行 2001年12月14日
発行所 国書刊行会
帯コピー 上:「桐壺〜賢木」、「少女小説の第一人者,吉屋信子の幻の名著」、「三人の孫娘に読み聞かせる楓刀自お祖母さんの源氏物語講義」。
中:「「花散里〜初音」、「全五十四帖が,三冊で読めるコンパクトな現代語訳」、「「源氏物語を一つの巻ごとに原文どおりに訳すと難しい。一本の線のように中心を貫いて講義しました」。
下:「胡蝶〜まぼろし(宇治十帖附)」、「誰にでも理解できる愉しい源氏入門書」、「「これだから刀自の講義は恐れ入る、紫式部も吃驚しているだろう」解説=田辺聖子」。
∴稲本万里子さんより、資料のご提供をいただきました。

◇源氏物語加工文化データベース◇