「源氏物語鑑賞 真珠抄」 
 著者 池田亀鑑
 発行 1947年6月30日
 発行所 天明社
 叢書 天明叢書5
 価格 75円
 あとがき
 より 
この「真珠抄」は、おほけない題名ではありますが、昔四辻善成が珊瑚秘抄をあらはしたその書名にちなんだものであります。戦争以前に、ある会で十数年間源氏の全講をつづけて来ましたが、今回原文を女主人公によつて抄出して、その時の速記を中心に、簡単な梗概と、通釈とをつけました。通釈は、出来るだけ逐語訳にして、原文を解釈する手引とするやうに心がけました。
目次
桐壺の更衣
  桐壺
夕顔の君
  夕顔
紫の上
  若紫・末摘花・須磨・野分・御法・幻
末摘花
  末摘花・蓬生
朧月夜の君
  花宴
葵の上
  葵
明石の上
  明石・松風・薄雲・初音
雲井の雁
  乙女
藤原の瑠璃君
  玉鬘・蛍
真木柱
  真木柱
女三の宮
  若菜・柏木・鈴虫
落葉の宮
  横笛
宇治の姫君
  橋姫・総角
浮舟の君
  東屋・浮舟・手習・夢浮橋
後記
∴秋本宏徳さんより、資料のご提供をいただきました。
 「源氏物語女性群像」 全15巻
 著者 曽根豊祐
 発行所 「源氏物語女性群像」刊行会
 題字
 絵画
 装釘
 
前田藤四郎
 定価 1000円・1300円/1冊
第1巻 1963(昭和38)年6月28日発行〈浮舟〉 序文・佐佐木信綱/久松潜一 序歌・窪田空穂
第2巻 1964(昭和39)年5月26日発行〈尼の浮舟〉 序文・山岸徳平
第3巻 1965(昭和40)年3月30日発行〈大君〉 序文・窪田空穂
第4巻 1965(昭和40)年12月10日発行〈中君〉 序文・湯川秀樹
第5巻 1966(昭和41)年6月29日発行〈藤壺〉 序文・秋山虔
第6巻 1966(昭和41)年12月21日発行〈空蝉・夕顔・末摘花〉序文・木々高太郎 序文・木々高太郎
第7巻 1967(昭和42)年6月29日発行〈紫上1〉 序文・岡崎義恵
第8巻 1968(昭和43)年6月20日発行〈紫上2〉 序文・北條秀司
第9巻 1968(昭和43)年12月1日発行〈紫上3〉 序文・玉井幸助
第10巻 1969(昭和44)年6月30日発行〈紫上4〉 序文・田中重太郎/塚本善隆
第11巻 1970(昭和45)年2月20日発行〈雲居雁・落葉の宮〉 序文・鈴木知太郎
第12巻 1970(昭和45)年10月30日発行〈続玉鬘〉序文・貝塚茂樹 序文・貝塚茂樹
第13巻 1971(昭和46)年4月30日発行〈葵上・六条御息所・秋好中宮〉 序文・茅誠司
第14巻 1971(昭和46)年10月1日発行〈明石上・花散里〉 序歌・飯田棹水 自序
第15巻 1972(昭和47)年4月30日発行〈朧月夜・続末摘花・続々玉鬘〉 題字・生田寂澄 序文・寿岳文章 序歌・曽根豊祐
 「源氏物語の女」
 著者 若城希伊子
 発行 1979(昭和54)年10月20日
 発行所 日本放送出版協会
 定価 1100円
 帯コピー
(表)
源氏物語は光源氏の物語であるよりはむしろ女源氏の物語として出発したものと思われる。著者はそういう源氏学を背景に源氏物語を解きほぐして再構成した。ラムの「シェークスピア物語」に類するものを源氏物語にも欲しいものだと思っていたわたしのかねての願いが、この著者によってこういう形で達成されたことを心から喜んでいる。池田弥三郎
 帯コピー
(裏)
源氏物語が「アンナ・カレーニナ」のように面白いと感じたのはそれほど昔ではなかったと思う。/ある日突然、源氏物語を読む私の傍らに玉鬘が坐って話しかけてきたのである。彼女の生き方が現在の私たちと少しも変わらず同じ女の悩みや喜びを語るのを私は聞いた。
目次 玉鬘 自我を生きた女
藤壺 かがやく日の宮
空蝉 なよ竹のような女
花散里 やすらぎの女
葵の上 権高な妻
六條の御息所 実存の苦悩を生きる
朧月夜の内侍 敵中の姫
明石の上 中宮の母になり得た才覚
女三の宮 あはあはしい性
夕顔 はかない恋
末摘花 恥多き女
紫の上 さかしら心を持たなかった妻
 「源氏物語の女性たち」
 著者 秋山虔
 発行 1987(昭和62)年4月
 発行所 小学館
 発行 1991年(平成3)8月
 発行所 小学館(小学館ライブラリー)
 目次+本文から
 桐壺更衣 桐壺更衣が帝の殊遇を得て、すぐれた皇子に恵まれたことは、後の悲運はともかくとして、その限りでは大納言家の願望の筋に沿う、晴れがましいなりゆきではあった。
 藤壺の宮 そしてよりいっそう、けっして許されることのありえぬ不断の罪の意識におののきつつも、なおかつ源氏を愛し、源氏から愛されたことの喜びと誇りを内に秘めつづけた人であったといえよう。
 空蝉 その身分・境遇から逸脱し、おおけない夢や願望に身を委ねることによって、けっきょく無残に傷つくのは自分でしかないのだ、という確かな分別に生きた空蝉は、物語の世界に登場する多くの女性たちのなかで、中の品」の女なればこそ、そうありえた個性として際立っている。
 夕顔  それは、身分・地位にまつわる世俗のくびきから解き放たれた一対一の男と女として、この世ならぬ愛の世界を生き得たということである。
 葵の上 葵の上との夫婦関係は、当人たちのもとより関知しないところで、父帝と左大臣との間にとり決められたもので、お互いに心が触れあい、また心のひかれあうことによって成り立ったというものではなかったのである。
 紫の上  源氏の六条院の秩序はまさに紫の上の不断に自己をした毅然たる知恵によって調和的に保たれていくことになる。
 末摘花 しかしながら、このような末摘花であっても、けっして見捨てようとしなかった、というのが源氏の心の寛さ、やさしさというものであった。
 朧月夜の君 にもかかわらず彼が敢えて彼女に溺れこんでいったのは、いわば政治の世界での窮迫への情的反乱でもあったといえようが、それがついに露顕するところとなったのである。
 六条御息所 源氏に執着し、そのために女性としての苦悩を味わい尽くした恨みは、いついつまでも晴らしようがなかったのである。
 花散里 花散里は源氏の死後かつて住んだ二条の東院を遺産として譲り受けた。平安な満ち足りた晩年だったに違いない。
 明石の君 明石一門がかちえた異例な栄光の蔭には、明石の君の「身の程」をよくわきまえ、そこに立脚して身の処しかたを選んだ聡明な生きかたがあり、また女性として、母性としての忍耐の限りを越える苦悩の人生があったということも忘れることができないのである。
 秋好中宮 すでに五十路の坂を下る年齢となっていた秋好の心境はどのようなものだったか。母御息所の霊によって告げられた教えを体し、俗塵を超越する心境の人であったのだろうか。 
 玉鬘 そのような玉鬘の人生のなかに自分の姿を見いだして胸うたれる今日の読者もけっして少なくはないだろう。
 雲居雁 家運の末広がりに寄与すべき幾人かの妻があってしかるべき豪家の、歴とした正室として雲居雁は鎮座していなければならない人となっていた。 
 近江の君 卑しい庶民の世界にまぎれて成人した彼女がいかに内大臣の落胤だからとて、その父のもとに引き取られたのは不幸であった。かわいがってくれそうな、頃合いの親御のほうがどんなに幸せになれるか、という女房の言葉は、彼女への侮蔑言とは言いきれまい。
 女三の宮 しかしながら、この女宮は、素直であり柔順ではあるけれども、どうにも幼稚で頼りない人柄であった。
 落葉の宮  落葉の宮は夕霧の子を生むことはなかったが、代わりに夕霧の一人の側室が生んだ六の君を養女として物静かな日々を過ごしていた。物語の作者はそうした彼女の心内について語ってはくれないのである。 
 宇治の大君 薫との間に、現在のようなうるわしい関係を保ちつづけるためには、彼と結ばれないでいることよりほかにないというのが大君の考え方なのであった。
 浮舟  問題は今後の浮舟にあるのではなく、彼女がこのような地点にまで追いつめられ到り着いたということにあるのだろう。
 「光源氏を魅了した女の条件」
 著者 潮崎晴
 発行 1994(平成6)年10月15日
 発行所 和泉書院
 序文 渕江文也
目次
第1部 岡山県勝山で発見した江戸中期の大画面源氏絵屏風
第2部 源氏物語女君身心のカルテ
  T光源氏を魅了した女の条件
  U思いつめ型適応不全の系譜
  V母にならなかった女君に託された主題
  W母となった女君−源氏物語出産のカルテ
第3部 王朝の色と心
  T紫式部抜群の色彩感覚−末永蒼生色彩学校での東京講演
  U源氏物語の色を求めて−心やさしき日本の染人たち
  V色相でみる皇太子御成婚
  W源氏物語とアメリカのカラーアナリシス
第4部 「私のすきな源氏物語の女性」−アンケート−
第5部 「深き渓谷」を越えて
  T野鴨の翔ぶ日
  U事多くとも心静かなるべし

◇源氏物語加工文化データベース◇