「源氏に愛された女たち」
 発行 1999年4月10日
 著者 渡辺淳一
 発行所 集英社
 価格 1300円
 帯(表) 「千年かわらぬ男と女/理想の女を求めてさすらう光源氏と/誰よりも愛されることを願う女たち」
 「あとがき」
 (部分)
「いうまでもなく、平安貴族たちは働く必要はなく、それだけに自由な時間をもち、自然に親しむとともに、いわゆる恋愛至上主義の世界にいたから、愛に対する発言や行動も、いまよりはるかに素直で正直であった。当然のことながら、源氏をはじめ、ここに登場する女性たちの愛の思いや生き方も、それだけ個性的で、それは現代に生きるわれわれにも参考になり、教えられることが多い」。
目次
 男と女・この永遠に変わらぬ愛と哀しみ
 桐壺の更衣・儚げさで男の愛をひきつける
 藤壺(前半)・母の面影をとどめる憧れの人
 源氏と頭中将・立派すぎる妻をもった夫の苦渋
 女性論・貴族の男たちが好む女性とは
 光源氏・さまざまな女を口説く手練と手管
 空蝉・愛を拒むことで自らの存在を示す
 夕顔・簡単に男を受け入れる女の魅力
 葵の上・素直に自分を表現できない女の悲劇
 紫の上(前半)・男の愛育によって華ひらく
十一  末摘花・醜女で貧しい女が身につけた武器
十二  源典侍・笑われることを恐れぬ女の強さ
十三  朧月夜・明るさと奔放さで男をリードする
十四  六条御息所・地位と教養の裏に潜む怨念
十五  藤壺(後半)・色や恋を捨てたしかな地位を守る
十六  明石の君・慎ましく控えめにして幸せを得る
十七  紫の上(後半)・深く愛されたが正妻にはなれず
十八  玉鬘・好色な養父に迫られて困惑する
十九  女三の宮・無邪気で素直でしかし加害者
二十  朝顔の君・月並みな女になることを拒否した女
二一  光源氏・ひとりの女性で満たされぬ男の彷徨
あとがき
∴初出:「MORE」1995年1月号〜1996年9月号

◇源氏物語加工文化データベース◇