「月刊ウォーキングマガジン」 2000年11月号 講談社

「紅燃ゆる京都・鎌倉「歴史物語」を読み歩く」を特集。『源氏物語』関係は二項目。「光源氏『夢の通い路』を巡る」と題し、「実際に歩いてみると、六条御息所と夕顔の居所は意外に近い。生き霊の通える距離である」として、渉成園から河原院址、夕顔の宿跡などをめぐり神泉苑に至る、歩行時間合計162分のコースを写真と共に紹介。いま一つは、「『源氏物語 宇治十帖』の世界に」と題して、「宇治川の流れにたゆたう小舟のように運命に翻弄される薫・匂宮・浮船・・・」として、京都・奈良線宇治駅から源氏物語ミュージアム、平等院などを経て、夢浮橋古蹟・宇治橋に至る、歩行時間38分のコースをあげている。表紙は田崎真也と川島なお美のウォーキング姿。
∴野村典彦さんより、資料のご提供をいただきました。

表紙

◇源氏物語加工文化データベース◇