「歌で読む源氏物語」
発行 第1巻桐壺〜花散里:1994年3月
第2巻須磨〜初音  :1998年7月
第3巻胡蝶〜雲隠  :2000年4月
第4巻匂宮〜夢浮橋:2001年4月
発行所 武蔵野書院
著者 又江啓恵
価格 第1・2巻:1500円、第3・4巻:1700円
 「愛する源氏物語」
発行 2003年7月15日
発行所 文芸春秋
著者 俵万智
挿画 中島潔
連載 月刊「文芸春秋」2001年1月号〜2002年12月号
帯コピー(表) 「千年の時を越え、万智訳でよみがえる54帖の恋愛譚」、「こんになも苦しくなった恋はない涙も道を暗く閉ざすよ 匂宮」、「涙さえとどめられない私です君をとどめるなんてできない 浮舟」
帯コピー(裏) 「『源氏物語』には、七九五首の和歌が登場する。ここぞ、というときの和歌には、登場人物の思いが凝縮しているわけで、それが恋のゆくえを、大きく左右したりもする。心の通いあいから、すれ違い、かけひきにいたるまで、たった三十一文字の言葉にこめられたものは、かぎりなく豊潤で奥深い。和歌は心の結晶なのだ。それを氷砂糖をなめるように味わったならば、『源氏物語』の世界は、さらに豊かな表情を見せてくれるだろう。」
価格 1476円
目次 一、和歌は心の結晶
二、あなたのために
三、雨夜の品定め
四、逃げる女
五、末摘花のボキャ貧
六、ああ、からころも
七、文明と恋愛
八、恋の分かれ道
九、光源氏の下心
一〇、朧月夜が一番
一一、同時進行恋愛
一二、会わずに口説く
一三、BC!な源氏
一四、朝顔の闇
一五、夕霧の初恋
一六、玉鬘の攻防
一七、破天荒な和歌
一八、和歌対決のゆくえ
一九、紫の上の悲しみ
二〇、身分って何?
二一、引き止める心
二二、辛さくらべ
二三、口説き下手
二四、紫の上の死
二五、君亡き一年
二六、薫のはじまり
二七、ふたつのタイプ
二八、添い寝の効果
二九、薫の大作戦
三〇、大君の絶望
三一、プレイボーイの言葉
三二、夫婦喧嘩も和歌で
三三、恋の人形
三四、匂宮の情熱
三五、浮舟の心
    あとがき

◇源氏物語加工文化データベース◇