「東芝日曜劇場第19回 浮舟」
キー局 KRテレビ(TBS)
放送期間 1957年4月7日
放送回数 1回
北條秀司
演出 渋沢均
出演 松本幸四郎、守田勘弥、岡田茉莉子、中村又五郎、村田嘉久子、細川ちか子、七尾伶子
放送時間 日曜日 21:00〜22:00
 「東芝日曜劇場第72回 ミュージカル・コメディー源氏物語」 
キー局 KRテレビ(TBS)
制作会社 TBS
放送期間 1958年4月13日
放送回数 1回
北條秀司「花散里」
出演 光源氏:中村扇雀(中村鴈治郎)、花散里:フランキー堺、村田嘉久子、文野朋子、加藤和恵、熊倉一雄、左卜全、池田よしえ、氏家真紀、上田恵司
放送時間 日曜日 21:15〜22:15
局系列 JNN
 「源氏物語」
放送期間 1965年11月18日〜1966年5月12日 (東京地区は5月26日)
放送回数 26回
キー局 NET
制作会社 MBS
監修 市川崑
演出 市川崑、池田徹朗、西前充男、青木民男
監修 山本健吉
演出指導 市川崑
制作 庄野至
プロデューサー 青木民男
原作 紫式部
脚本 田中澄江、林馬呂、畑中国明、沼田幸二、大藪郁子、宮川一郎、小松崎公朗、早坂暁、谷川俊太郎
出演 伊丹十三、小山明子、山本学、田村正和、森次浩司、中村鴈治郎、池内淳子、柳永二郎、木暮実千代、加賀まりこ、津川雅彦、藤村志保、中村玉緒、岸田今日子、高橋幸治、細川ちか子、ミヤコ蝶々、河原崎長一郎、本間千代子、富士真奈美、黒柳徹子、山本豊三、浜村純、野川由美子、丘さとみ、吉村実子、九重祐三子、石崎二郎、利根はる恵、高森和子、内田朝雄、大辻伺郎、川口敦子、大泉湶、河上一夫、楠義孝、長瀬正典、桜田千枝子、吉田義夫、飯沼慧、土佐林道子、山村宏一、蔵悦子、語り手:東山千栄子 
放送時間 木曜日 21:00〜21:30
局系列 ANN
各回の放送日と
脚本分担
第1回「桐壺」 11/18 田中澄江/林馬呂
第2回「空蝉」 11/25 田中澄江/林馬呂
第3回「夕顔・上」 12/2 田中澄江/林馬呂
第4回「夕顔・下」 12/9 田中澄江/林馬呂
第5回「若紫」 12/16 田中澄江/林馬呂
第6回「末摘花」 12/23 田中澄江/林馬呂
第7回「花宴」 12/30 田中澄江/林馬呂
第8回「葵・上」 1/6 田中澄江/林馬呂
第9回「葵・下」 1/13 田中澄江/林馬呂
第10回「榊・上」 1/20 田中澄江/畑中国明
第11回「榊・下」 1/27 畑中国明
第12回「須磨」 2/3 林馬呂
第13回「明石」 2/10 畑中国明
第14回「澪標」 2/17 沼田幸二
第15回「うすぐも」 2/24 沼田幸二
第16回「おとめ」 3/3 畑中国明
第17回「たまかずら」 3/10 大藪郁子
第18回「かがりび」 3/17 大藪郁子
第19回「のわき」 3/24 宮川一郎
第20回「まきばしら」 3/31 大藪郁子
第21回「ふじのうらば」 4/7 宮川一郎
第22回「女三の宮」 4/14 小松崎公朗
第23回「若菜」 4/21 小松崎公朗
第24回「柏木」 4/28 早坂暁
第25回「幻」 5/5 早坂暁
最終回「雲隠」 5/12 谷川俊太郎/大藪郁子
受賞 1966年度アメリカ・エミー賞(フィクション部門)受賞。同賞国際賞では2位
∴最終回の後半は、池田弥三郎、中村真一郎、山本健吉による鼎談。上坂信男『源氏物語転生・演劇史にみる』参照。
エミー賞発表(ニューヨーク、22日)を間にはさみ、出品した「夕顔・上」を5月19日に、「夕顔・下」を26日に再放送。 
 「資生堂スペシャル 源氏物語」
放送日 1980年1月3日
放送回数 1回
キー局 TBS
制作会社 KANOX、TBS
演出 久世光彦
プロデューサー 久世光彦、雨笠明男、後藤勝彦
原作 紫式部
脚本 向田邦子
出演 沢田研二、八千草薫、いしだあゆみ、倍賞美津子、竹脇無我、芦田伸介、渡辺美佐子、伴淳三郎、十朱幸代、風吹ジュン、叶和貴子、岸本加世子、藤真利子、ジョニー大倉、植木等、成田三樹夫、伊東四郎、石坂浩二(語り手)
主題歌 クリッパー「boy」
音楽 都倉俊一
美術 横尾忠則
放送時間 木曜日 21:05〜23:55
局系列 JNN
配役
光源氏 沢田研二
藤壺 八千草薫
夕顔 いしだあゆみ
末摘花 風吹ジュン
六条御息所 渡辺美佐子
紫の上 叶和貴子
空蝉 朝加真由美
女二の宮 山口いづみ
女三の宮 藤真利子
朧月夜 倍賞美津子
葵の上 十朱幸代
頭の中将 竹脇無我
惟光 火野正平
柏木 ジョニー大倉
小侍従 岸本加代子
尼君 南美江
王命婦 たしろ之芙子
大輔の命婦 緋多景子
弘徽殿 東恵美子
紀伊の守 諏訪圭一
秋好中宮 五十嵐夕紀
伊予介 伊東四朗
老人 北見治一
老女 田中筆子
中将 亀淵由香
右大臣 成田三樹夫
左大臣 金田龍之介
右馬頭 植木等
朱雀帝 中谷昇
敦賀の媼 浦辺粂子
敦賀の翁 伴淳三郎
桐壺帝 芦田伸介
語り手 石坂浩二
宣伝コピー 「むらさきいろの妖しさに、こよい光るは研二の源氏。お酔いください。ゆめまぼろしのこのひと夜。」
受賞 本作を含む向田邦子の脚本が第17回ギャラクシー月間賞を受賞。
∴向田脚本:http://homepage3.nifty.com/genji_db/scenario.htm
∴室伏良子さんより、資料のご提供をいただきました。
 「TBS創立40周年記念番組 橋田寿賀子スペシャル 源氏物語 上の巻・下の巻」
放送日 1991年12月27日・1992年1月3日
放送回数 2回
キー局 TBS
制作会社 TBS
橋田壽賀子
演出 鴨下信一
音楽 小川寛興/ボブ佐久間
衣裳監修 坂東玉三郎
題字 矢萩春恵
出演 東山紀之、片岡孝夫、大原麗子、若尾文子、竹下景子、長山藍子、沢口靖子、泉ピン子、若村麻由美、藤岡琢也、竹脇無我、岸本加世子、丹波哲郎、橋爪淳、古手川祐子、香川京子、山岡久乃、水谷良重、波乃久里子、中田喜子、音無美紀子、赤木春恵、北村和夫、加藤武、東てる美、森光子、片岡京子、ガッツ石松、坂上忍、三田村邦彦、岡本信人、藤田朋子、市川染五郎、石坂浩二(道長の声)、三田佳子(紫式部/語り手)
放送時間 金曜日 19:00〜22:48
局系列 JNN
配役
光源氏 東山紀之/片岡孝夫
藤壺/紫の上 大原麗子
葵の上 竹下景子
明石の上 古手川祐子
桐壺帝 丹波哲郎
明石入道 藤岡琢也
朱雀帝 三田村邦彦
冷泉帝 市川染五郎
紫式部 三田佳子
道長の声 石坂浩二
コピー 人間を愛する、ということ。生きることを愛する、ということ。絢爛、華麗な平安絵巻。歳月(とき)を越えて染み透る人間の優しさと愛の讃美・・・。
∴年末と新春に二回に分けて放送された、各4時間の特番ドラマ。
 「幻・源氏物語絵巻」
放送期間 1993年3月20日
放送回数 1回
キー局 NHK BS2
演出 伊豫田静弘
脚本 岸宏子
出演 神林茂典、たかべしげこ、未来貴子、瀬戸朝香
放送時間 土曜日 21:15〜21:55
局系列 NHK
内容紹介 「継母との許されぬ愛に溺れていた男が、源氏の行く末をすべて記した絵巻が存在するのを知る。」(テレビドラマデータベースより)
∴「テレビドラマデータベース」内容解説:「継母との許されぬ愛に溺れていた男が、源氏の行く末をすべて記した絵巻が存在するのを知る」。
 「源氏物語「あさきゆめみし」」
キー局 NHK BS2
放送期間 2000年3月19日
放送回数 1回
制作 あさきゆめみし製作委員会、NHKエンタープライズ21
制作協力 WILCO
協力 宝塚歌劇団
監督 三枝健起
監修 植田紳爾
助監督 橋本直樹
監督助手 近藤有希、橋本光二郎
制作担当 坂口慎一郎
プロダクション
アカウンタント
大之木靖俊、金野和夫
制作主任 金子堅太郎
制作デスク 淕野昭子
宝塚マネージメント 木村康久、松倉靖恵
プロデューサー 伊藤浩之、三枝健起
エグゼクティブ
プロデューサー
萩原貫司、高橋康夫
アソシエイト
プロデューサー
細井貴晶
ライン
プロデューサー
橋本直樹
アシスタント
プロデューサー
永田琴恵
企画 タイトル・プロデュース
原作 大和和紀「あさきゆめみし」
脚本 唐十郎(唐組文芸部・大垣高洋)
出演 愛華みれ、大鳥れい、彩乃かなみ、匠ひびき、貴柳みどり、渚あき、鈴懸三由岐、ふづき美世、伊織直加、町風佳奈、矢吹翔、大伴れいか、楓沙樹、幸美杏奈、一原けい、翔つかさ、沢樹くるみ、春野寿美礼、麻園みき、眉月鳳、瀬奈じゅん、水夏希、彩吹真央、蘭寿とむ、二葉かれん、絵莉千晶、舞風りら、彩風蘭、中野勇士、鉢嶺杏奈、菊池鈴花、菅野利夫、管村泰志、荒川顕芳、及川勝善、磯野千尋、京三紗、星原美沙緒、城火呂絵
音楽 三枝成彰
演奏 佐藤直紀、今野登司憲、田中拓人、田垣内孝治、壇一秀、守屋晶子
美術 部谷京子
題字 矢萩春恵
撮影技術 篠田昇
照明 中村裕樹
技術協力 McRAY Laboratory、NHKテクニカルサービス、東京テレビセンター、Kodak、IMAGICA
放送時間 日曜日 20:00〜21:25
局系列 NHK
 「怪談百物語第10話 怪談源氏物語」
放送日 2002年11月26日
放送回数 1回
キー局 CX
企画 保原賢一郎西岡善信
プロデュース 中島久美子、後藤博幸、酒井実
脚本 十川誠司
演出 小林和宏
美術 西岡善信
音楽 Unknown Soup & Spice
サウンド
プロデュース
岩代太郎
エンディングテーマ MIO「Mother's Eternity」(SME Records)
制作協力 映像京都
放送時間 火曜日 19:59〜20:54
内容紹介 「光源氏の子を身ごもった葵上に取り付く六条御息所の生霊。自らの妬みによる生霊の存在を知り苦しむ六条御息所の結末は?
河原に作られた能舞台で「葵上」を見ていた蘆屋道三は、突然、平安時代の京都、源氏物語の世界にタイムスリップする。そこでは、光源氏の子供を宿した葵上が夜な夜な悪い夢を見てうなされていた。光源氏は「都じゅうの女の妬みが、葵上の腹の子を狙っている」と言い、道三にお祓いを頼んだのだが・・・。」(フジテレビサイトより)
配役
蘆屋道三 竹中直人
小夜 大村彩子
六条御息所 片平なぎさ
光源氏 保坂尚輝
葵上 野波麻帆
左大臣家の家臣・貞友 山崎銀之丞
御息所の側女・茜 波乃久里子
葵上の側女・欅 西尾まり
∴以上の「テレビドラマ」欄は、「朝日新聞」の各放送欄、ウェブサイト「テレビドラマデータベース」、上坂信男「源氏物語転生・演劇史にみる」(右文書院、1987年)等を参照した。

◇源氏物語加工文化データベース◇