「新源氏物語」
◎新潮社版 全5冊
 装幀/挿画 岡田嘉夫
 扉題字 田辺春芳
 発行所 新潮社
 価格 900円
帯(表) 第1巻 「比類なき美貌と知性、高貴な身分を持ちながら、/青年は、愛に渇いていた!」
第2巻 「愛は不確かなもの、変わるもの!/光る君は至福の愛を渇望して、苦しい恋を重ねる…」
第3巻 「人の世のはかなさに怯える心。/それは愛を信ずる者にしか、理解できないかもしれない」
第4巻 「恋心の煩悩と呪縛から飛翔する日を夢みつつ、光る君は、/愛の重さと苦しさに耐えた。」
第5巻 「最愛の女人を失って、初めて知った愛の意味−/光る君の愛は、ここに完結した。」
帯(背) 「絢爛・華麗な/恋の物語」
「新源氏物語 第1巻」 1978年11月30日発行
目次   眠られぬ夏の夜の空蝉の巻
  生きすだま飛ぶ闇の夕顔の巻
  あけぼのの春のゆかりの紫の巻
  露しとど廃苑の末摘花の巻
  燃ゆる紅葉のもと人は舞うの巻
  花は散るおぼろ月夜の宴の巻
  めぐる恋ぐるま葵まつりの頃の巻
  秋は逝き人は別るる賢木の宮の巻
「新源氏物語 第2巻」 1979年1月5日発行
目次   ほととぎす昔恋しき花散る里の巻
  海はるか心づくしの須磨の巻
  憂くつらき夜を嘆き明石の人の巻
  侘びぬればはかなき恋に澪標の巻
  露しげき蓬生に変わらじの心の巻
  古き恋にめぐり逢坂の関屋の巻
  春の梅壷に風流をきそう絵合の巻
  久しき別れに松風のみ空を通うの巻
  入日の峰に薄雲は喪の色の巻
「新源氏物語 第3巻」 1979年1月30日発行
目次   恋の夏すぎてあるかなきかの朝顔の巻
  初恋は空につれなき雲井の乙女の巻
  恋のわすれがたみ日陰の玉鬘の巻
  幼なうぐいすの初音惜しまじの巻
  春の夜の夢に胡蝶は舞うの巻
  恋の闇路にほのかなる蛍の巻
  常夏の夕映えに垣根なつかしき撫子の巻
  野分の風に垣間見し美しき人の巻
「新源氏物語 第4巻」 1979年3月5日発行
目次
  雪散る大原野にめでたき行幸の巻
  露じめりして思いみだるる藤袴の巻
  愛怨の髪まつわる真木柱の巻
  君がため若菜つむ恋の悲しみの巻
「新源氏物語 第5巻」 1979年4月5日発行
目次
  君がため若菜つむくるしみの巻
  落葉ふる柏木の嘆きの巻
  空しき調べに夢ふかき横笛の巻
  つらき世をふり捨てがたき鈴虫の巻
  山里の夕霧にとじこめし恋の巻
  露の世の別れはかなき御法の巻
  夢にも通えまぼろしの面影の巻
カバー・帯(1巻)
∴「週刊朝日」(1974年11月八日号より1978年1月27日号)に掲載されたものに加筆訂正。
◎新潮文庫版
 装幀/挿画 岡田嘉夫
 扉題字 田辺春芳
 発行所 新潮社
「新源氏物語(上)」 1984年5月25日発行。
「新源氏物語(中)」 1984年5月25日発行。
「新源氏物語(下)」 1984年5月25日発行。
◎全1冊版
 表紙カバー装画 岡田嘉夫
 題字 田辺春芳
 発行所 新潮社
 価格 5500円
「新源氏物語」 1993年8月20日発行。
∴「新源氏物語」と「霧ふかき宇治の恋」の合冊。
 「新源氏物語 霧ふかき宇治の恋」
◎新潮社版 全2冊
 装幀/挿画 岡田嘉夫
 扉題字 田辺春芳
 発行所 新潮社
「新源氏物語 霧ふかき宇治の恋 上巻」 1990年5月発行
目次   光のあと花匂う若宮の巻
  移り香ゆかしき紅梅の使者の巻
  竹河に流れしわかき恋の巻
  われを待つらん美しき橋姫の巻
  寄る蔭むなしき椎が本の巻
  総角にむすびこめし長き契りの巻
  亡き人の恋しき春の早蕨の巻
  古き恋の夢はなお宿木の巻
「新源氏物語 霧ふかき宇治の恋 下巻」 1990年5月発行
目次
  むぐら繁き雨の東屋の巻
  いさよう波に行方知られぬ浮舟の巻
  はかなく消えし恋の蜻蛉の巻
  物思う人の手習の巻
  ふみまよう夢の橋姫の巻
◎新潮文庫版
 装幀/挿画 岡田嘉夫
 扉題字 田辺春芳
 解説 氷室冴子
 発行所 新潮社
「新源氏物語 霧ふかき宇治の恋 (上)」 1993年11月25日発行
「新源氏物語 霧ふかき宇治の恋 (下)」 1993年11月25日発行

  

 「文車日記−私の古典散歩
 発行 1974年11月
 発行所 新潮社
 挿図 長谷川青澄
 新潮文庫 1978年7月発行
目次     額田女王の恋(万葉集) 
    むかしはものを(小倉百人一首)
    あつもり(平家物語)
    北浜の米市(日本永代蔵)
    少女と物語(更級日記)
    男の友情(木曾義仲と巴御前)
    心あひの風(催馬楽)
    あね・おとうと(大津皇子と大伯皇女)
    皇太后のおん靴(昭憲皇太后)
    十二単(栄華物語)
    年上の女(和泉式部)
    わが愛の磐之媛(万葉集)
    舟と琴(古事記)
    女の児(土佐日記)
    舟唄(土佐日記)
    ロマンのページ(今昔物語)
    恋の奴(但馬皇女)
    庭たづみ(記紀)
    さくらの歌(新古今集他)
    魅惑の男(蜻蛉日記)
    うまずめ(清少納言)
    あけぼの・くれなゐ(主人公の名前)
    赤珠は・・・(記紀の神話)
    玉手の恋(摂州合邦辻)
    ころもがへ(与謝蕪村)
    ありがひもなき世間(沙石集)
    薄幸の皇后(定子皇后)
    老いゆく君(万葉集)
    恋のあはれ(徒然草)
    夕顔(源氏物語)
    朝光の恋(大鏡)
    おちくぼ(落窪物語)
    やさしいサムライ(偐紫田舎源氏)
    大君のみ楯(日本書紀)
    あやゐがさ(梁塵秘抄)
    男の出発(安倍継麿)
    白き鳥の歌(ヤマトタケルノミコト)
    虫めづる姫君(堤中納言物語)
    ませの白菊(古今著聞集)
    あーら わが君(落語)
    浅茅が宿(雨月物語)
    浮きあぶらの国(古事記)
    おさん(心中天綱島)
    誇りたかき男(道長と隆家)
    黄泉比良坂(古事記)
    さめやらぬ夢(建礼門院右京大夫集)
    幾山河(若山牧水)
    忍ぶ恋(式子内親王)
    浮世風呂(式亭三馬)
    ひとつ松(市原王)
    知盛最期(平家物語)
    雪ちるや(小林一茶)
    黄葉夕陽村塾(漢詩)
    峯のあらし(小督局)
    世間胸算用(井原西鶴)
    国庁の雪(大伴家持)
    ふれふれこゆき(讃岐典侍日記)
    失われた夢(滝沢馬琴)
    恋の見本帳(伊勢物語)
    きつね妻(日本霊異記)
    ゆく河の流れ(方丈記)
    シャロンの野の花(聖書)
    これ小判(川柳)
    永遠の少女(紫の上)
    黄表紙の色男(山東京伝)
    ただ狂へ(閑吟集)
    野ざらしの人(松尾芭蕉)
    あとがき      
文庫内容
案内
「こんなにも身近なところに、古典の世界が息づいている。私たちの人生そのままに、かつて、生きて戦い愛した人々がいる。−「古事記」「万葉集」から若山牧水まで、民族の遺産として私たちに残されたおびただしい古典の中から、著者が長年いつくしんできた作品の数々を、女性ならではのこまやかな眼と、平明な文章で紹介し、味わい深い古典の世界へと招待してくれる名エッセイ集。
※文庫版解説・大岡信
 「私本・源氏物語」
 発行 1980年1月
 発行所 実業之日本社
 文春文庫 1985年2月25日発行
目次    何とも夕顔なき恋の始末の巻
   北山のすずめっ子の巻
   雪の朝の丸太ん棒の巻
   森の下草老いぬればの巻
   おぼろ頭の春の夜の巻
   色けの花は散り散りの里の巻
   六条のオバハンの巻
   夜あかし潮汲みの巻
文庫内容
案内
「原典「源氏物語」から生れた名作「新源氏物語」と比肩する、もう一つの田辺源氏がこの「私本・源氏物語」である。”原典の「源氏物語」を読んでいると、どうにもこういうものが書きたくてたまらなくなるという、ムズムズする気持を抑えかねるというもの”(著者)男の従者から見た光源氏を描いた長編小説」 
※文庫版解説・金田元彦。
 「源氏紙風船」
 発行 1981年10月
 発行所 新潮社
 新潮文庫 1985年12月20日発行
目次    「源氏」は面白い小説か?
   源氏という男
   女は布帛を愛す
   女は什器を愛す
   女はセレモニーを愛す
   紫の上という女
   埋める作業
   私の好きな文章
   紫式部という女
文庫内容
案内
「「源氏物語」は、何ゆえ千年にもわたって絶えることなく読みつがれ、語りつがれてきたのか−。源氏、紫の上等の登場人物たち、あるいは物語を飾る着物、美術工芸品等の品々、舞台背景となる宴について、そして作者・紫式部・・・。それぞれのテーマごとに、「源氏狂い」「源氏酔い」を自認する著者が、思いがけない角度から限りない優しさをこめて語る、くめども尽きぬ〈愛の古典〉の魅力」
 「春のめざめは紫の巻−新・私本源氏」
 発行 1983年5月
 発行所 実業之日本社
 集英社文庫 1987年1月25日発行
目次    春のめざめは紫の巻
   見飽かぬ花の赤鼻の巻
   やんちゃ姫 玉かつらの巻
   六条ろくでなしの巻
   早口姫 口ばやに恋を語るの巻
   浅はかの朝顔の恋の巻
   うつうつ空蝉の恋の巻
   恋はさんざん女三の宮の巻
文庫内容
案内
「須磨での流人生活から京に戻り政界最高の実力者となった源氏の君も御齢三十を過ぎてオジンの仲間入 り。本人は色白で優美な都一の美男と自惚れて、相変わらずの恋まめ、色好みなのだが、新人類の姫君方には「もうそんなの流行おくれの古いタイプ!」とすこしウケが悪い・・・。当代随一の源氏物語の読み手が、源氏にゆかりの女人側から見た光源氏を現代風に物語る愛の面白長編」
※文庫版解説・金田元彦。
 「絵草紙源氏物語」
 角川文庫 1984年1月10日
 文 田辺聖子
 絵 岡田嘉夫
文庫内容
案内
「千年の命を今に伝える「源氏物語」。その原文の香気をたたえ、古典の口吻を伝えつつ、読みやすい現代の言葉で物語のエッセンスを余すところなくくみとり、大長編を150枚に書き下ろした。/また、四季の自然の美しい変化の中に、人間の運命や恋のゆくえのなまなましい葛藤をみごとに表現した絵は、現代の浮世絵師・岡田嘉夫がライフワーク的情熱を注いだオリジナル作品。大人が十分に堪能できる画期的な、「源氏」絵草紙」 
※文庫版解説・金田元彦。
 「古典の森へ−田辺聖子の誘う」
 共著者 工藤直子
 発行 1988年8月
 発行所 集英社
 集英社文庫 1992年2月25日発行
目次    はじめに
   古典の森は花ざかり
   『古事記』とわたし
   女ごころのかぐや姫
   『堤中納言物語』の姫君
   『伊勢物語』の男のやさしさ
   〈女なればこそ〉の『枕草子』
   「つれづれ」の世界を味わう
   『蜻蛉日記』に見る男女の波長
   和泉式部の恋 華やかに
   うたごころ 旅ごころ
   歴史の人が生き生き動く『大鏡』
   『平家物語』の人模様
   日本のシンデレラ 落窪の姫
   五人女の恋姿
   源氏の君は理想の男
文庫内容
案内
「学校で教わる古典とはひと味ちがう、本当の古典の面白さ。「古事記」「枕草子」「源氏物語」「平家物語」「大鏡」「蜻蛉日記」西鶴の「好色五人女」、川柳・・・。お聖さんが心に触れ、慈しみあたためてきた作品の数々を日常次元の中にとりこんで、おしゃべりする刺激的な古典体験。思いがけない角度から知る原典の魅力、その奥深さ。楽しみ方いろいろの古典案内」 
※文庫版解説・氷室冴子。
 「『源氏物語』の男たち−ミスター・ゲンジの生活と意見」
 発行 1990年1月
 発行所 岩波書店
 講談社文庫 1993年8月15日発行
目次   T ミスター・光源氏の場合
  U ミスター・夕霧の場合
    あとがき
文庫内容
案内
「情熱的な恋の渉猟者源氏は、逆境に鍛えられた鋭い人間洞察家として、したたかな政治手腕で権力の頂点に到る。その父親に厳しく導かれた嫡男夕霧は、廉直で頼もしい貴公子に育ち、一途な恋を実らせた。二人の主人公にライトをあて、永遠に変わらない男の本質、男の典型を、『源氏物語』出楽しむ、比類ない名著」
 「『源氏物語』男の世界」
 発行 1991年6月
 発行所 岩波書店
 講談社文庫 1996年4月15日発行
目次   T ミスター・薫の場合
  U 桐壺院の場合
  V ミスター・頭中の場合
  W 朱雀院の場合
  X 点景の男たち
    あとがき
文庫内容
案内
「薫・桐壺院・頭の中将・朱雀院−光源氏を囲む貴族たちを、鮮やかに説き語る名著。タイプも雰囲気も違う男たちが、現代の読者の身近に、息づかいさえ感じられる、『源氏物語』現代語訳の一つのヴァリエーション。光源氏と嫡男夕霧の魅力を伝える好著『〈源氏物語〉の男たち』(講談社文庫既刊)につぐ、パートU」
 「花はらはら人ちりぢり−私の古典摘み草」
 発行 1993年1月
 発行所 角川書店
 絵 長谷川青澄
 角川文庫 1998年1月25日発行
目次   虚無のつぶやき−一葉『十三夜』
  むかしの歌声
  しがねえ恋の情けが仇−歌舞伎台本『与話情浮名横櫛』
  夢みる花々の物語−吉屋信子『花物語』
  夫婦は寄り合い過ぎ−西鶴『万の文反古』
  美の金粉−西條八十詩集
  小宰相入水−『平家物語』
  よその女房−『武玉川』
  お江戸の桃太郎−黄表紙の世界〈その一〉
  千手観音のご商売−黄表紙の世界〈その二〉
  おかしみにゆらぐ 玉の緒−江戸狂歌〈その一〉
  酒屋へ三里 豆腐屋へ二里−江戸狂歌〈その二〉
  牡丹を焚く−吉川英治『宮本武蔵』
  揺れる牡丹燈篭−『伽婢子』
  可憐な心ばせ人−『源氏物語』花散里
  金襴緞子の帯しめながら−蕗谷虹児の叙情詩
  美しき女友だち−『紫式部日記』
  卯の花ぐるま−清少納言『枕草子』
  白露も夢もこの世もまぼろしも−『和泉式部日記』
  犬女房−怪談集『宿直草』
  春やむかしの−堤千代『伊勢のいえ』
  更級少女も早や老いぬ−『更級日記』
  枇杷の古葉に木芽もえたつ−芭蕉の連句
  あとがき
文庫内容
案内
「〈もうどうでもいやになりました〉と初恋のお関につぶやく車夫、録之助−樋口一葉「十三夜」「水島さん」にひたすら憧れながら打ち明けられない少女豊子−吉屋信子「花物語」/破滅をいましめつつも恋のぬかるみに足をふみ込む赤良の狂歌。極北の絶望にむしろ力を得たり、少女の可憐にエールを送り、愛とエロスに酔いしれる。今も昔も変わらない恋する心の花びらを摘んで束ねた、お聖さんの古典(ロマン)案内。長谷川青澄画伯の美しい挿画入り」
 「源氏たまゆら」
 発行 1991年8月
 発行所 講談社
 絵 岡田嘉夫
 講談社文庫 1995年4月15日発行
文庫内容
案内
「皇族から臣籍に下ったが、おれの父は帝。世の人に、光るように美しいと言われ、官位は中将にすすんでいる。気ままな恋に遊びながら、しかし心はいつも満たされない。口が裂けても言えないことだが、おれは・・・。青年源氏の若々しい独白、恋の喜びと秘密の辛さ。新鮮な現代文と華麗な絵で楽しむ、源氏絵巻」
 「源氏・拾花春秋」
 共著者 桑原仙渓
 発行 1998年10月20日
 発行所 文英堂
目次   プロローグ・・・人を縦糸、花を横糸に、『源氏物語』をいける楽しみ◎桑原仙渓
  源氏物語【拾花春秋】・・・『源氏物語』解説◎田辺聖子/挿画・生花解説◎桑原仙渓
   一桐壺〜五十四夢浮橋
  源氏物語【四季の女君】
   【春の女君】 紫の上◎花やかでモダンな貴婦人
           朧月夜の尚侍◎蓮葉な不良少女
   【夏の女君】 夕顔◎たよりなげな謎の美女
           花散里◎失意の拠りどころ
   【秋の女君】 六条御息所◎女心のあわれと真実
           朝顔◎二人の夏は終わった
   【冬の女君】 明石の上◎誇り高さとやさしい情感と
           宇治の姫君たち◎恋のゆくすえは
  エピローグ・・・『源氏物語』と文雅の生花図、そのよき取合せ◎田辺聖子
 「田辺聖子の源氏がたり」
 発行 『田辺聖子の源氏がたり(一) 桐壺から松風まで 2000年4月10日
『田辺聖子の源氏がたり(二) 薄雲から幻まで』  2000年5月25日
『田辺聖子の源氏がたり(三) 宇治十帖』  2000年6月25日
 発行所 新潮社
内容解説 「『田辺聖子の源氏がたり』(全三冊)は、一九九七年四月より二〇〇〇年三月まで毎月一回(計三十六回)、大阪リーガロイヤルホテルにて開かれた講座「田辺聖子の『源氏物語』をご一緒に」から、主要部分を抽出して書きおこされ加筆された」
カバー・帯(1巻)

◇源氏物語加工文化データベース◇