歌劇「源氏物語 賢木の巻」
公演初日 1919(大正8)年7月20日夏季公演(8月31日迄) 
演目 歌劇「蟹満寺縁起」、喜歌劇「膝栗毛」、歌劇「源氏物語」、喜歌劇「世界漫遊」、歌劇「風流延年舞」
小野春通
作曲 高木和夫
配役
六条御息所 篠原浅茅 小舎人[源氏の従者] 瀧川宋子
さつき[野々宮に奉仕する女房] 小君[同] 若菜君子
澤潟ともね[同] 沖野石子 まろや[野々宮に奉仕する女童] 吉野雪子
源大将[光源氏] 高濱喜久子 鞍音[同] 他に、出演した高砂松子、初瀬音羽子の役名は不明。
公演日 1919(大正8)年9月17日
主催 聚楽館の神戸基督教青年会婦人会主催慈善歌劇会
演目 「蟹満寺縁起」、「膝栗毛」、「源氏物語」、「世界漫遊」
公演日 1919(大正8)年10月2日
主催 中央公会堂の常盤幼稚園主催歌劇会
演目 蟹満寺縁起」、「膝栗毛」、「源氏物語」、「世界漫遊」
∴「宝塚歌劇五十年史・別冊」(宝塚歌劇団、1964年)、「宝塚少女歌劇 第拾四脚本集」(宝塚少女歌劇団、1919年)参照。
 歌劇「源氏物語」
公演初日 1952(昭和27)年1月1日(30日迄)
劇場 宝塚大劇場
花組
演目 1歌劇「源氏物語」 2グランド・レビュー「ブロードウェイ」
場割(22場)  花の宴
第1場 花の宴
第2場 弘徽殿女御
第3場 光源氏の君
第4場 飛香舎の藤
第5場 三人の衛士
葵の巻
第6場 左大臣館
第7場 賀茂の祭の唄
第8場 賀茂社頭
 夕顔の巻
第9場 餅売りの唄
第10場 夕顔の宿
第11場 幻想・夕顔
第12場 河原院
 紫の巻
第13場 里の童の唄
第14場 按擦使の尼君庵室
 紅葉の賀の巻
第15場 胡蝶の舞
第16場 紅葉の賀
 朧月夜の巻
第17場
第18場 朧月夜の局
 須磨の巻
第19場 大海原
第20場 須磨の浦
 平安京の春
第21場 エピローグ(A)
第22場 エピローグ(B)
構成/演出 白井鐵造
脚色 小野晴通
振付 錢谷信昭
作曲 高橋廉/中井光晴/入江薫
配役
光源氏 春日野八千代
朧月夜 梓真弓
若紫 八千草薫
葵の上 有馬稲子
藤壺 由美あづさ
弘徽殿 藤波洸子
帝/惟光 月空美舟
夕顔 朝倉道子
六条御息所 水原節子
左大臣 汐風みちみ
公演初日 1952(昭和27)年2月1日(28日迄)
劇場 宝塚大劇場
星組
演目 1ミュージカル・コメディ「ハワイの伯父さん」 2歌劇「源氏物語」
構成/演出 白井鐵造
脚色 小野晴通
振付 錢谷信昭
作曲 高橋廉/中井光晴/入江薫
配役
光源氏 南悠子
頭中将 水原節子
朧月夜 浅茅しのぶ
紫の上 尾上さくら
葵の上 長良しのぶ
藤壺 由美あづさ
弘徽殿 瑠璃豊美
惟光 寿美花代
夕顔 梓真弓
六条御息所 常磐木八千代
右大臣 美山しぐれ
公演初日 1952(昭和27)年3月15日(24日迄)
劇場 名古屋宝塚劇場
花組
演目 1ミュージカル・コメディ「ハワイの伯父さん」 2歌劇「源氏物語」
公演初日 1952(昭和27)年4月19日(5月29日迄)
劇場 帝国劇場
花組
構成/演出 白井鐵造
脚色 小野晴通
振付 錢谷信昭
作曲 高橋廉/中井光晴/入江薫
配役
光源氏 春日野八千代
朧月夜 梓真弓
若紫 八千草薫
葵の上 有馬稲子
藤壺 由美あづさ
公演初日 1957(昭和32)年3月1日(25日迄)
劇場 宝塚大劇場
月組
演目 1「素晴らしき日曜日」 2「源氏物語」
構成/演出     白井鐵造
脚色 小野晴通
振付 錢谷信昭/河上五郎
作曲 高橋廉/中井光晴/入江薫
筝曲演奏 菊井早苗
衣装 小西松茂
協賛 紫式部学会
配役
光源氏 春日野八千代
頭中将 故里明美
右大臣 清川はやみ
夕顔 梓真弓
明石の上 筑紫まり
歌手 槇克巳/麻鳥千穂
藤壺 八代洋子
朧月夜 雅章子
六条御息所 大和七海路
良清 高羽千鶴
葵の上 毬るい子
公演初日 1957(昭和32)年5月30日(6月30日迄)
劇場 東京宝塚劇場
雪組
演目 1「ホリディ・イン・ハワイ」 2「源氏物語」
構成/演出 白井鐵造
配役
光源氏 春日野八千代
頭中将 打吹美砂
藤壺 大和七海路
朧月夜 三鷹恵子
葵の上 夏ノ宮千世子
惟光 龍城のぼる
夕顔 梓真弓
明石の上 毬るり子
明石入道 美吉佐久子
「宝塚歌劇脚本集」(宝塚歌劇団、1952年)、「宝塚歌劇五十年史・別冊」(宝塚歌劇団、1964年)、「宝塚歌劇の60年」(宝塚歌劇団出版部、1974年)、「宝塚グラフ」(1957年7月号)参照。
∴室伏良子さんより、資料のご提供をいただきました。
 歌劇「紫式部」 (文部省・日本ユネスコ国内委員会後援)
公演初日 1966(昭和41)年10月1日(27日迄)
劇場 宝塚大劇場
雪組
演目 1歌劇「紫式部」 2グランド・ショー「ラブ・ラブ・ラブ」
場割(15場) 第1場  紫の幻想
第2場  紫式部序詞
第3場  関白道長の栄華
第4場  文づかい
第5場  紫式部
第6場  宣孝の恋
第7場  雪国の紫式部
第8場  春の恋歌
第9場  別離
第10場  淋しき紫式部
第11場  中宮彰子のご座所
第12場  宮廷の生活
第13場  万灯奉納
第14場  源氏の物語 完成
第15場  源氏絵巻
作・演出 白井鐵造
監修 小野晴通
作曲 高井良澄
音楽指揮 野村陽児
振付 花柳有洸
装置 石浜日出雄
衣装 小西松茂/中川菊枝
配役
宣孝/光源氏 真帆志ぶき
紫式部 大原ますみ
藤原道長 松乃美登里
物語の女 大路三知緒
一条天皇 曽我桂子
中宮彰子 松本悠里
惟規 安芸ひろみ
乳母三河 三鷹恵子
左衛門内侍 日夏悠理
三条天皇 水島みのる
後一条天皇 水上千弥
後朱雀天皇 楠かおり
後冷泉天皇 汀夏子
中宮妍子 美高悠子
中宮威子 花登章
中宮嬉子 竹里早代
賢子 朱麗華
紫の乙女
(ソロ歌手)
姫由美子
∴「雪組宝塚大劇場公演プログラム」参照。
∴室伏良子さんより、資料のご提供をいただきました。
 王朝千一夜「扇源氏」
公演初日 1970(昭和45)年10月29日
劇場 宝塚大劇場
花組
作・演出 柴田侑宏
作曲 寺田瀧雄
出演 甲にしき他
公演初日 1970(昭和45)年1月2日
劇場 新宿コマ劇場
花組
∴室伏良子さんより、情報のご提供をいただきました。
 宝塚コメディ「花は散る散る」
公演初日 1971(昭和46)年4月
劇場 宝塚大劇場
花組
演目 1宝塚コメディー「花は散る散る」 2グランド・ショー「ジョイ!」
場割(12場) 第1場  平安の花見(一)
第2場  平安の花見(二)
第3場  真葛が原
第4場  都大路
第5場  信太の森
第6場  都大路
第7場  賀茂の社
第8場  都大路
第9場  保名の屋敷廊下
第10場  保名の屋敷広間
第11場  保名の屋敷廊下
第12場  真葛が原
作・演出 植田紳爾
振付 西川鯉三郎
作曲 寺田瀧雄
衣装 小西松茂
装置 渡辺正雄
配役
光源氏 春日野八千代
藤三郎狐 甲にしき
葛の葉 亜矢ゆたか
∴春日野八千代は専科からの出演。
∴上田善次「宝塚スター その演技と美学」(1974年、読売新聞社)、「宝塚グラフ」(1971年3月号)参照。
∴室伏良子さんより、資料のご提供をいただきました。
公演初日 1971(昭和46)年6月5日(28日迄)
劇場 東京宝塚劇場
花組
演目 1宝塚コメディー「花は散る散る」 2グランド・ショー「ジョイ!」
作・演出 植田紳爾
振付 西川鯉三郎
作曲 寺田瀧雄
装置 渡辺正雄
衣装 小西松茂/中川菊枝
新人公演 6月20日午前10時30分 A500円 B200円
ものがたり 「ももしきの大宮人はいとまあれやさくらかざして……
 今日も真葛が原では今をときめく光源氏の君の青葉を愛でる宴が盛大に開かれ、賑やかに踊りが繰り広げられている。しかし、その反面、この真葛が原に住みつく狐の藤三郎狐やこん太おこんなどはその賑わいがうるさくて、ゆっくり初夏の午睡を楽しむことが出来ない。そこへ小さな男の子が泣きながらさ迷って来た。訳を聞くと、その童子は保名と葛の葉のあいだに出来た子なのだが、葛の葉と保名は訳あって別れ、童子は保名に引き取られた。ところが帝のお勧めによって弥生の君が保名の許に嫁いで来てからというもの、事毎に童子を邪魔者扱いにした。継子苛めに耐えかねた童子は、今信太の森の母の許へ行こうとしている。
 それを聞いた藤三郎狐は義憤にかられ、童子を幸せにしてやりたいと光源氏に姿をかえて、保名の邸に乗り込んで行く。そして、弥生の君を懲らしめた上、童子を葛の葉に返してやることが出来た。」
(「花組東京宝塚大劇場公演パンフレット」より)
配役
光源氏 春日野八千代
藤三郎狐 甲にしき
おこん 水穂葉子三
こん太 美吉野一也
安倍童子 有花みゆ紀
葛の葉 亜矢ゆたか
則光 薫邦子
若紫 竹生沙由里
保名 水はやみ
弥生の君 淡路通子
新人公演配役
光源氏 室町あかね
藤三郎狐 瀬戸内美八
葛の葉 梓千代子
若紫 上原まり
∴「花組東京宝塚大劇場公演プログラム」参照。
∴室伏良子さんより、資料のご提供をいただきました。
 舞踏劇「浮舟と薫の君」
公演初日 1973(昭和48)年12月5日(12月23日迄)
劇場 宝塚大劇場
星組
演目 1舞踏劇「浮舟と薫の君」 2グランドショー「ゴールデン・サウンド」
場割(10場 第1場  薫君
第2場  浮舟(春)
第3場  陽炎(春)
第4場  匂宮(夏)
第5場  夏草(夏)
第6場  夢幻(夏)
第7場  落葉(秋)
第8場  木枯(秋)
第9場A  吹雪(冬)
第9場B  宇治川(冬)
第10場A  夢浮橋(春)
第10場B  夢浮橋(春)
脚本・演出 酒井澄夫
振付 花柳寿楽
編曲 河崎恒夫
作曲・編曲 寺田瀧雄
音楽指揮 野村陽児
装置 荒島鶴吉
衣装 静間潮太郎・中川菊枝
照明 今井直次
配役
薫君 安奈淳
浮舟 衣通月子
匂宮 但馬久美
弁の尼 瑠璃豊美
右近 水代玉藻
侍従 沢かをり
大内記 椿友里
良信 深山しのぶ
老尼 美吉左久子
小君 桐生のぼる
∴安奈淳は本公演で初の単独主演。「宝塚歌劇12月星組公演プログラム」参照。
∴室伏良子さんより、資料のご提供をいただきました。
 グランド・ロマン 「新源氏物語−田辺聖子作「新源氏物語」より−」
公演初日 1981(昭和56)年1月1日(2月11日迄)
劇場 宝塚大劇場
月組
演目 1ショー「ジャンピング!」 2グランド・ロマン「新源氏物語−田辺聖子作「新源氏物語」より−」
場割
(2部25場
 上の巻 紫のゆかりの恋
第1場  プロローグ―源氏絵巻― 
第2場  光源氏の君
第3場  雨夜の品定め
第4場  ただ一人の女
第5場  藤壺の女御
第6場  六条御息所
第7場  左大臣・右大臣
第8場  天の川幻想
第9場  若紫
第10場AB 我が子との対面
第10場C  我が子との対面
第11場AB 車争い
第11場C  車争い
第12場A  紫の上
第12場BD 紫の上
第12場E  紫の上
第13場A  花の宴
第13場B  花の宴
第14場  弘徽殿の怒り
第15場  朧月夜
第16場  都落ち
第17場  須磨の浦
第18場 
 下の巻 恋の曼陀羅
第19場A  源氏の栄華
第19場B  源氏の栄華
第20場  夕霧
第21場A  雪ころがし
第21場B  雪ころがし
第22場  密通
第23場  恋の輪廻
第24場  フィナーレ(A)
第25場A  フィナーレ(B)
第25場B フィナーレ(B)
脚本/演出 柴田侑宏
作詞 田辺聖子
作曲/編曲 寺田瀧雄/入江薫/中元清純/吉崎憲治
作曲 宇崎竜童
音楽指揮 野村陽児
振付 西川りてふ
装置 黒田利邦
衣装 小西松茂/中川菊枝/任田幾英
料金 S2000円 A1300円 B800円 C500円+宝塚ファミリーランド入園料大人600円小人300円
新人公演 なし
配役
光源氏 榛名由梨
頭中将 みさとけい
惟光/夕霧 大地真央
藤壺の女御 上原まり
紫の上 城月美穂
六条御息所 条はるき
朧月夜尚侍 五條愛川
葵の上 有明淳
女三宮 新千ひろ
明石の上 江里美幸
若紫 綾乃にしき
桐壺帝 藤城潤
弘徽殿の女御/朱雀院 水代玉藻
王命婦[藤壺の女房] 京三紗
中将の君
[六条御息所の女房]
潮はるか
左馬頭/柏木 剣幸
雲井の雁 優ひかり
冷泉帝/良清 江真千晶
左大臣 汝鳥伶
右大臣 未沙のえる
尼君[若紫の祖母] 睦千賀
栗丸[葵の上の従者] 鈴鹿照子
犬君 八雲あけみ
明石の入道 星原美沙緒
「歌劇」(1981年1月・2月・3月号)、「宝塚歌劇宝塚大劇場月組公演プログラム」(1989年5月)参照。
公演初日 1981(昭和56)年4月3日(29日迄)
劇場 東京宝塚劇場
月組
料金 A3000円 B2000円 C1000円 D500円
役替り公演 4月21日・22日午後6時開 2500円 1500円 500円
新人公演 なし
配役
光源氏 榛名由梨
頭中将 みさとけい
惟光/夕霧 大地真央
藤壺 上原まり
紫の上 城月美穂
六条御息所 条はるき
朧月夜 五條愛川
葵の上 有明淳
女三の宮 新千ひろ
明石の上 江里美幸
若紫 綾乃にしき
桐壺帝 藤城潤
弘徽殿の女御
/朱雀院
水代玉藻
王命婦[藤壺の女房] 京三紗
中将の君
[六条御息所の女房]
春風ひとみ
柏木 剣幸
雲井の雁 優ひかり
左大臣 汝鳥伶
右大臣 未沙のえる
明石の入道 星原美沙緒
尼君 睦千賀
∴「歌劇」(1981年1月・2月・3月号)参照。
 宝塚グランド・ロマン「新源氏物語−田辺聖子作「新源氏物語」より−」
公演初日 1989(平成元年)年5月12日(6月27日迄)
劇場 宝塚大劇場
月組
演目 1宝塚グランド・ロマン「新源氏物語−田辺聖子作「新源氏物語」より−」 2ショー「ザ・ドリーマー」
場割
(2部24場
 上の巻 紫のゆかりの恋
第1場  プロローグ―源氏絵巻― 
第2場  光源氏の君
第3場  雨夜の品定め
第4場  ただ一人の女
第5場  藤壺の女御AB
第6場  六条御息所AB
第7場  左大臣・右大臣
第8場  天の川幻想AB
第9場  若紫
第10場 我が子との対面ABC
第11場 車争いA〜D
第12場 紫の上A〜E
第13場  花の宴AB
第14場  弘徽殿の怒り
第15場  朧月夜
第16場  都落ち
第17場  須磨の浦
第18場 
 下の巻 恋の曼陀羅
第19場  源氏の栄華ABCD
第20場  夕霧
第21場  雪ころがし
第22場  密通ABC
第23場  恋の輪廻
第24場  源氏車
脚本/演出 柴田侑宏
作詞 田辺聖子
作曲/編曲 寺田瀧雄/入江薫/中元清純/吉崎憲治
音楽指揮 野村陽児
振付 花若春秋
装置 黒田利邦/大橋泰弘
衣装 小西松茂/任田幾英/中川菊枝
料金 S3600円 A2500円 B1600円 C700円+宝塚ファミリーランド入園料大人1000円小人500円
新人公演 5月30日午後6時開演 2200円 700円
配役
光源氏 剣幸
藤壺の女御 こだま愛
惟光/夕霧 涼風真世
頭中将 桐さと美
紫の上 朝凪鈴
六条御息所 並樹かおり
朧月夜尚侍 紫とも
桐壺帝 麻月鞠緒
葵の上 邦なつき
弘徽殿の女御 京三紗
左大臣 汝鳥伶
右大臣 未沙のえる
尼君[若紫の祖母] 朝みち子
蔵人介/柏木 天海祐希
左馬頭/右近 若央りさ
式部丞/信行 久世星佳
兵部大輔 八汐祐季
女三の宮 蘭玲花
雲井の雁 朝吹南
若紫 麻乃佳世
王命婦 瞳まりあ
中将の君
[御息所の女房/惟光の恋人]
羽根知里
明石入道 大和なつ希
朱雀帝 愛川麻貴
冷泉帝 旭麻里
新人公演配役
光源氏 天海祐希
藤壺 紫とも
惟光/夕霧 若央りさ
頭中将 久世星佳
紫の上 朝吹南
六条御息所 夏妃真美
朧月夜 羽根知里
桐壺帝 東三智
雲井の雁 麻乃佳世
「歌劇」(1989年5・6・7・8月号)、「宝塚歌劇宝塚大劇場月組公演プログラム」参照。
公演初日 1989(平成元年)年8月3日(29日迄)
劇場 東京宝塚劇場
月組
演目 1宝塚グランド・ロマン「新源氏物語−田辺聖子「新源氏物語」より−」 2ショー「ザ・ドリーマー」
場割 2部24場 上の巻/紫のゆかりの恋 下巻/恋の曼陀羅
料金 A4500円 B3000円 C2000円 D1000円 
新人公演 8月15日午後6時開演 2200円 1500円 700円
配役
光源氏 剣幸
藤壺 こだま愛
惟光/夕霧 涼風真世
頭中将 桐さと美
紫の上 朝凪鈴
六条御息所 並樹かおり
朧月夜 紫とも
桐壺帝 麻月鞠緒
葵の上 邦なつき
弘徽殿の女御 京三紗
左大臣 汝鳥伶
右大臣 未沙のえる
尼君[若紫の祖母] 朝みち子
蔵人介/柏木 天海祐希
左馬頭/右近 若央りさ
式部丞/信行 久世星佳
兵部大輔 八汐祐季
女三の宮 蘭玲花
雲井の雁 朝吹南
若紫 麻乃佳世
王命婦 若菜あん
中将の君
[御息所の女房惟光の恋人]
羽根知里
明石入道 大峰麻友
朱雀帝 愛川麻貴
冷泉帝 旭麻里
新人公演配役
光源氏 天海祐希
藤壺 紫とも
頭中将 久世星佳
惟光/夕霧 若央りさ
紫の上 朝吹南
柏木 大海ひろ
六条御息所 夏妃真美
朧月夜 羽根知里
桐壺帝 東三智
弘徽殿の女御 若菜あん
葵の上 雪邑響子
左大臣 真代朋奈
右大臣 真山葉瑠
尼君 中条まり
左馬頭/右近 いつき吟夏
藤式部丞/信行 真織由季
女三の宮 花丘美幸
中将の君 夏河ゆら
雲井の雁 麻乃佳世
若紫 時由布花
王命婦 蘭玲花
宝塚歌劇75周年記念による再演。
∴「宝塚歌劇東京宝塚劇場月組公演プログラム」、「歌劇」(1989年5・6・7・8月号)参照。
 宝塚舞踊詩『白扇花集』−白井鐵造作品集より−
公演初日 1992(平成4)年2月14日
劇場 宝塚大劇場
花組
監修 内海重典
構成・演出 横澤英雄
演出・振付 花柳寿楽
出演

安寿ミラ、森奈みはる、真矢みき 他

公演初日 1992(平成4)年6月4日
劇場 東京宝塚劇
花組
出演 安寿ミラ、森奈みはる、真矢みき 他
∴室伏良子さんより、情報のご提供をいただきました。
 宝塚ミュージカル・ロマン「源氏物語 あさきゆめみし−原作大和和紀「あさきゆめみし」(講談社「 KC mimi」刊)−」 
公演初日 2000(平成12)年4月7日(5月15日迄)
劇場 宝塚大劇場
花組
演目 1宝塚ミュージカル・ロマン「源氏物語 あさきゆめみし」 2グランド・レビュー「ザ・ビューティーズ」
場割(18場) 第1場 葬送
第2場 夢のはじまり
第2場A 光源氏
第2場B 鷁首・竜頭の船
第2場C 東遊
第2場D 陵王の舞
第2場E 光源氏と女人たちの舞
第2場F 総踊り
第2場G 初舞台生
第3場 帰京
第4場A〜E 宮中
第5場A〜C 予言
第6場 悲しい夢(1)
第7場 悲しい夢(2)
第8場 桜散る
第9場 父子
第10場AB 紫の上と明石の上
第11場A〜C 準大上天皇即位式
第12場 陵王
第13場
第14場 祭(夏)
第15場A〜C 柏木
第16場 危篤
第17場 法会
第18場 雲隠
脚本/演出 草野旦
作曲/編曲 高橋城
編曲 鞍富真一/木田川新
録音音楽指揮 岡田良機
振付 山村若/花柳錦之輔/西川箕乃助/室町あかね
装置 大橋泰弘
衣装 任田幾英
料金 S7500円 A5500円 B3500円
新人公演 4月25日午後6時開演 S4000円 A3000円 B2500円
配役
光源氏 愛華みれ
紫の上/藤壺 大鳥れい
頭の中将 匠ひびき
柏木 伊織直加
乳母萩[紫の上の乳母] 城火呂絵
明石の入道 星原美沙緒
桐壷帝 磯野千尋
朧月夜 渚あき
朱雀帝 楓沙樹
刻の霊
[時間を支配する精霊]
春野寿美礼
夕霧 瀬奈じゅん
明石の上 水夏希
冷泉帝 彩吹真央
役替り公演(5月9日〜15日)の主な配役変更
朱雀帝 大伴れいか
葵の上 美苑えりか
鶴吉 沙加美怜
刻の霊[女] 歌花由美
夕顔/小侍従 絵莉千晶
良清 さき望美
惟光 武庫歩
明石の上 彩吹真央
冷泉帝 花央レミ
花散里 夢路ほのか
六条の御息所 沢樹くるみ
ちい姫 彩風蘭
女房[秋] 輝乃琴星
冷泉帝[子供] 仙堂花歩
源氏[子供] 隼颯希
夕霧[子供] 華形ひかる
新人公演主な配役
光源氏 彩吹真央
紫の上/藤壺 ふづき美世
頭の中将 壮一帆
∴「宝塚大劇場花組公演プログラム」(宝塚歌劇団、2000年4月)参照。
公演初日 2000(平成12)年7月1日(8月14日迄)
劇場 TAKARAZUKA1000days劇場
花組
演目 1宝塚ミュージカル・ロマン「源氏物語 あさきゆめみし」 2グランド・レビュー「ザ・ビューティーズ」
場割 18場
料金 A8000円 B7000円 C5500円 DD3500円 E2000円
新人公演 8月1日午後6時30分開演 a3000円 b2500円 c2000円 d1500円 e1000円
役替り公演 7月1日から17日まで(役替わり公演は、一部メンバーのベルリン公演出演のため)
配役
光源氏 愛華みれ
紫の上/藤壺 大鳥れい
頭の中将 匠ひびき
柏木 伊織直加
右近[紫の上の乳母] 城火呂絵
明石の入道 星原美沙緒
桐壷帝 磯野千尋
朧月夜 渚あき
朱雀帝 楓沙樹
刻の霊
[時間を支配する精霊]
春野寿美礼
夕霧 瀬奈じゅん
明石の上 彩吹真央
冷泉帝 花央レミ
役替り公演(7月1日〜17日)の主な配役変更
朱雀帝 大伴れいか
葵の上 美苑えりか
鶴吉 沙加美怜
刻の霊[女] 歌花由美
夕顔/小侍従 絵莉千晶
良清 さき望美
惟光 武庫歩
花散里 夢路ほのか
六条の御息所 沢樹くるみ
ちい姫 彩風蘭
女房[秋] 輝乃琴星
冷泉帝[子供] 仙堂花歩
源氏[子供] 隼颯希
夕霧[子供] 華形ひかる
新人公演配役
光源氏 彩吹真央
紫の上/藤壺 ふづき美世
頭の中将 壮一帆
柏木 愛音羽麗
明石の入道 悠真倫
朧月夜 舞風りら
朱雀帝 花央レミ
刻の霊 蘭寿とむ
夕霧 華形ひかる
明石の上 彩乃かなみ
冷泉帝 未涼亜希
∴「TAKARAZUKA1000days劇場花組公演プログラム」(宝塚歌劇団、2000年7月)、「歌劇」(2000年6月号)ほか参照。
公演初日 2001(平成13)年4月28日(5月20日迄)
花組
演目 1宝塚ミュージカル・ロマン「源氏物語 あさきゆめみし」 2グランド・レビュー「ザ・ビューティーズ」
全国ツアー
4月28・29日 広島郵便貯金会館 4/28 14:00・18:00、4/29 11:00・15:00 6500円
30日 呉市文化ホール(広島) 14:00・18:00 6500円
5月 2〜6日 福岡市民会館 5/2 18:00、5/3 11:00、5/5・6 15:00 6500円
8日 香川県県民ホール 14:00・18:00 6000円
9日 西条市総合文化会館(愛媛) 14:00・18:00 6500円
10日 松山市民会館 14:00・18:00 6500円
12日 府中の森芸術劇場(東京) 14:00・18:00 6500円
13日 川口総合文化センター(埼玉) 14:00・18:00 6500円
15日 伊勢崎市文化会館(群馬) 14:00・18:00 6500円
16日 鴻巣市文化センター(埼玉) 14:00・18:00 6500円
17日 和光市民文化センター(埼玉) 14:00・18:00 6500円
19・20日 市川市文化会館(千葉) 5/19 14:00・18:00 5/20 12:30・16:30 S6500円 A5500円
∴「宝塚GRAPH」(2001年3月号)参照。

◇源氏物語加工文化データベース◇