「全訳 源氏物語」
 訳者 鈴木正彦
 発行 1926(大正15)年6月20日
 発行所  第百書房
 定価 2円50銭
「訳者序言」  形式が嫌な僕は序文は止さうと思つたが出版屋が八釜しいから旅先から書く読者諸君読んでも読まなくてもかまわんが読んで貰つた方が本文を読む時興味が一入増だろう。僕は親ゆづりの財産が少し許り有る、一日百二十三円位使つて行くと百歳迄使ふ事が出来る信委会社へでも管理を頼むなら百五十歳迄も使ふると人が言ふ何処から聞いて来るのか調べて来るのが知らんが、信委会社がよくやつて来る、とても僕には会えない、今僕の財産管理をしてゐるH君と来たら、信委会社より安全な人間で、自分一人で何もかもやつてゐる、僕の家には親子三代目の番頭執事だ先生ジウ道は仲々玄人で門前払で肯かぬ奴をつまみ出すには便利だと云つてゐる、僕は西行や一休が大すきだ、身を雲水に任せて悠々自適、奈良の山奥か鹿児島の山奥で暮らし度い、時々行く否年中其処等辺にぶら付いてゐる、古びたお寺の室で。
 女は大嫌いだが、不思議に紫式部が好きだ、文学は僕の無二の友だ、時々無名で新聞雑誌へ投稿すると、掲つてゐる、時々名前や宿処等辺にぶら書くと又何か書いてくれと云つて原稿料を送つて来る、金儲は偉い事業だと思ふ、僕は一生妻を持たん心底だエリザベス女帝が英国を夫とした様に、西行が雲水行脚を妻にした様に。
 本書発行所主の高島とはいつか台湾へ旅行した時僕は一等船室にゐたが、相手が一人も無い、女が二三人と子供がゐたが女も子供も嫌ひ、話相手も無くてラジオで東京や、名古屋や、大阪、上海辺迄聞こえてめづらしく始めは退屈も感じなかつたが、段々厭になつて来た時、二等船客の高島とたまたま知合になつた、若いが第百書房と云ふ出版書肆を営経してゐると云ふ、九州迄商売に来たから台湾の商況観察傍々見物に行くと云ふ所で有つた、一見すごみの有てぎつくりした風格で始めの中は何と無く親しみにくいが、段々話してゐると、非常な親しみを感ずる男で、僕はH君の次に世界中で一番好きな男だと思ふ、気候の急変で僕が病床に臥した時、高島君はいそがしい体にもかゝわらず、大そう親切に世話をしてくれた、台中の宿屋で。
 僕は高雄から支那へ廻る心底だつたが、高島君が帰ると云ふから、一緒に帰つて来た、高島君は大そうアンビチアスな若者で而も善良で真の意味の力があふれてゐる様だ、適当な指導者が有ると世の謂所大成功者になつて新聞雑誌へ其其慢画が掲る組だらう、其上非常に商売に熱心で、僕は今英国への途中だが、一人では淋しいから僕がおごるから一緒に英国へ行かんかと、進めたが高島君は、愛妻を残して行くに忍びんと云つて断つた、勿論高島君の愛妻とは出版事業の事だ、高島君は未だ独身たから、高島君の批評は斯んなものにして置いて、其台湾旅行中が、僕は源氏物語を読んでる最中で、二回程も読んで、神戸に英訳が有つたから、それも買つて一回読んだ、而して不思議な程僕は源氏物語に愛着を感じ始めた帰に、高島君が船へ持込んだ、改造だつたか、中公だつたか僕の書いた小説が掲つてゐるのを見た高島君が僕に源氏物語の現代語訳をやつてくれと説きつける、僕は仕事が嫌だが文学的な事だつたら、仕事を仕事と思わんから幸だ、高島君の熱心、式部の偉業を世に普遍せしむる為、且は世界に誇る可き吾人壓日本人が唯つ唯一の文献、民衆化の為、高島君の頼みを諾し、以来十ヶ月程掛つて、書き上げたのが此本で、三回位書き直した、所に依つてはもつと書直した、併し直せば直す程、まづく成つて来る事に気が付いて、結局一番初めに書いたのにした、其間、物語中に出て来る京都、宇治へ常々足を運びて成可く気分を当時の気分にして、書いた、自分ではベストを尽したつもりで、併も事苟しくも天朝に関する事の多いのと源氏物語と、式部の心情に対して持つ一種の敬虔さとに壓しられる様に僕は必ず執筆は真夜中、而も漏手拭で体を清めて執筆する事を余議なくされた、宿の女中や、お寺の小坊主や民家のお上さんにも我儘を振廻して、困らせた、此処で改めてわぴて置く、僕は正に此時程の緊張を感じたのは記憶に残つてゐるものでは三四度位しかない。
 原稿料を高島君が持つて来てくれた、其一部で高島と和歌山辺で遊んで、残りを執筆中世話に成た、お寺の小坊主や、宿の女中、民家のお上さん、京都宇治等の名所の番守等に送つてやつた。
 いくら身を雲水に任せたとは云ふものゝまだ、俗界の人間で有る以上金がゐる、で月々五百円づゝ僕の今のあてがひぶちだが時々足らん時が有る原稿料で儲けやうが知ら、いや止そう、僕は金や名誉の為に文学を穢し度く無いから、そうだ今から直ぐ、増給命令を出さう、H君が又小言を云ふかも知れんが、『欠は充』と云ふ事が有る、欠が充に成り其手段謂所、金儲が趣味に成つてはいかんから、西行も一休も此位の物質的考慮はしたゞらう。
 本の序文に斯んな変な序文の無い事は知つてゐる、併此序文が厭だからと云つて、此本を買ふ事をひかえる読者も有るまい、又そんな不熱心家には僕の苦心のあとゝ式部の苦心のあとを読んで貰わなくといゝ今は亡き地下の式部も同感たるを疑はず。
 高島君が僕を主客にして、出版記念会を催し、文壇のお歴々にも紹介すると云ふが、紹介でもされて、世評の人と成りついつい名誉心を起し、その名誉の為に執筆でもし始める様な事が有つは僕が文学に対して持つ、純な持論見解に請を生ず様な物に成るからと思つて断つて今英国への途中だ、明日の午前十時にはシンガポーアへ僕の船が入港すると云ふ、シンガポーアから此の原稿は僕と逆行するだらう、波が荒くて船の動揺が激げしく気分がすぐれんから此辺で擱筆する。
 因に今一休和向の文献を少しばかり船へ持込んで研究してゐるから、事に依ると英国の片田舎で明い六月の空気にしたゝりたい、痛快な一体物語を書くかも知れん、明日はシンガポーアへ入港か、楽しい夢でもむさぼろう。今封をしてチエフワーソン号船内ポストへ投入る為、給仕を呼う。
 猶僕は一日本人として日本を愛すから何も好んでアメリカ人の此のジエフワーソン号に乗り度くは無いが、行先は英語しか通じん所たから会話の練習傍々と思つて、不本意乍らもアメリカ人のプレシデントジエフワーソン号に乗つた、一等船客に日本人の少ないのが癪だ僕は時々日本人の意気を見よとばかり萬丈の意気を咄いて、奴等、毛唐を煙に巻く事を忘れん。一文物して序に代ふ。
                                       ジエフワーソン号にて
                                               鈴 木 正 彦
∴巻頭に「式部へ贈る歌 正彦」、「訳者序言(乞必一読)出版当任者」。訳は夕霧巻の途中まで。最終ページには、「上巻終り (以下下巻)」とある。箱入り。

◇源氏物語加工文化データベース◇