「浮かれ源氏」 第4回帝劇ミュージカルス 2場23景
初演 1952年3月1日〜31日
会場 帝国劇場
脚本 帝劇文芸部
演出 水守三郎、東信一、水木久美雄、龍庚子、花柳かつら
作曲 服部良一
出演
大伴先生・光源氏・赤鬼 榎本健一
女学生京極文子・
京極姫・雷神・検事
笠置シズ子
女学生壬生春子・
鶯姫
筑紫まり
紅式部 松田トシ
青鬼 横尾泥海男
御門 上山草人
右大臣・裁判長・
阿部清明
如月寛多
左大臣・弁護人 三木のり平
公演プログラム
 「しんしゃく源氏物語−末摘花の巻−」
初演 1952年8月2日〜29日
会場 三越劇場
榊原政常
演出 戌井市郎
装置 織田音也
照明 穴澤喜美男
音楽 小森昭宏
出演
左近 植木信子
右近 矢吹寿子
宰相 加藤治子
少将 長岡輝子
侍従 佐野タダエ
末摘花 青木千里
叔母 新村礼子
方の会公演 1993年7月、方の会十二回公演として「しんしゃく源氏物語」を上演。元来女性7人で演じられている作品を、男性が女役を演じる男組、本来の女組の二組に分けて上演。1996年にも、男女混合メンバーで再演。1998年再々演。その後、各地で公演を重ねる。1999年には読売演劇大賞候補作となる。
(2003年12月7日、於・和洋国府台女子高校講堂、公演パンフレット「Echo」鑑賞行事特集号より)。
∴下鳥朝代さんより、情報のご提供をいただきました。
 「源氏夜話 女三の宮」
公演期間 1997年2月2日〜28日
会場 日生劇場
出演 佐久間良子 錦織一清
∴室伏良子さんより、情報のご提供をいただきました。
 「AOI」
公演期間 2003年11月14日〜11月30日
会場 シアタートラム
公演期間[京都公演] 2003年12月6日〜12月7日
会場 京都芸術劇場
作・演出 川村毅
監修 野村萬斎
出演
六条 麻美れい
長谷川博己
森ほさち
蟹江一平
∴チラシより「昨年の就任以来、新たな企画を立ち上げてきた世田谷パブリックシアター芸術監督・野村萬斎が、「能を現代の舞台によみがえらせよう」と企画・監修する「現代能楽集」シリーズ。いよいよ今秋スタートします。満を持しての第一弾は、能の「葵上」を基にした『AOI』と、「卒塔婆小町」を基にした『KOMACHI』の二部構成。つねに現実に先んじて鋭い視線を投げかけてきた劇作家・演出家 川村毅がこの二つの異なる能の名作にそれぞれまったく違った作劇でアプローチ、新たな演劇として、「現代」によみがえる『AOI』『KOMACHI』にご期待下さい」。
チラシ
∴近藤恵さんより、資料のご提供をいただきました。

◇源氏物語加工文化データベース◇