「心理学で読みとく 源氏物語の女と男」
 発行 1999年7月30日発行
 著者 吉村順子
 発行所 北国新聞社
目次 はじめに
桐壺   男の無個性・娘の無個性、母の自己主張
帚木   カウンセリングマインドと指喰い女学者ニンニク女 
空蝉   自分の殻を脱いだ女
夕顔   アニマ 夕顔 死の乙女
若紫   口唇期源氏
末摘花  最後は純が勝つ
紅葉賀  典侍との夜・現役若女
花宴   女性アイデンティティのモデル、朧月夜
葵     自己開示できなかった葵の上
賢木   祟る性格
花散里  プレタポルテの女
須磨   エディプスと源氏の共通項・カインとアベル
明石   明石の君は乙姫さま
澪標   美男美女カップル
蓬生   姉妹の幸せ
関屋   逢坂山
絵合   平安のアート競争
松風   変わり者の夫
薄雲   老若の山姥
朝顔   不動産と女性
少女   ついてない男・ついてない男の北の方
玉鬘   地方と都
初音   衣装選び
胡蝶   贈答について
蛍     自己陶酔の危機
常夏   頭中将、秘密の友達
篝火   性的でない肉体関係
野分   お墓の話
行幸   過ぎてゆく男
藤袴   野生の美女
真木柱  髭黒の大将の北の方
梅枝   仲良し夫婦の別居
藤裏葉  中年女のめざめ
若菜上  紫の上のめざめ
若菜下  柏木の恋
柏木   共同育児
鈴虫   三の宮と朱雀帝
夕霧   母−娘関係からの自立
御法   永遠の母
幻     喪の仕事
匂宮   合コンの心理
紅梅   母の生き方、娘の生き方
竹河   ツアイガルニク効果
橋姫   宇治十帖プロファイル
椎本、総角  許可を求める
早蕨、宿木  シナリオ宇治十帖
東屋、浮舟  天国と地獄
蜻蛉、手習、 平安女性コミューン
夢浮橋
あとがき
著者略歴 神戸市生まれ。京都大学臨床心理学を専攻し、昭和58年より金沢市在住。/現在、金沢経済大学助教授。臨床心理学士。/著書に吉村浩一との共著「心理学と出会う」「特殊事例がひらく心の世界」(ともにナカニシヤ出版)がある。
 「紫マンダラ・源氏物語の構図」
 発行 2000年7月10日
 著者 河合隼雄
 発行所 小学館
目次
はじめに
 第一章 『源氏物語』を読む
 1 玉虫色の光源氏  光源氏のイメージ 人か神か いかに読むのか
 2 物語る女性  物語とは何か 王朝物語の発生 女性の作者
 3 『源氏物語』と現代  現代と物語 現代人の意識
 第二章 女性の物語
 1 母権の時代 母・娘の世界 聖娼−女性のイニシエーション 母の兄
 2 母権から父権へ 父権社会の男女 母と息子、父と娘 平安時代の男女
 3 近代自我と男女 男性の英雄物語 男女の関係 近代自我の病
 4 現代女性と物語 父の娘 父権と母権の両立 自分自身の物語
 第三章 分身としての女性群像
 1 紫式部の生涯 内向の人 内向の核
 2 母  桐壺から藤壺へ 慈母としての大宮 恐母 弘徽殿の女御
 3 妻 悲しい誇り さまざまの補助線 妻か娼か 家刀自 平安の父の娘
 4 娼 娼の多様性 誰が空洞か 異界の女性 明るい娼たち
 第四章 光の衰芒
 1 個人としての光源氏 恐れを知らぬ男 作者と作中人物 中年の危機
 2 娘 娘の幸福 朝顔と夕顔 強い娘 娘妻
 3 密通 密通の再現 父と息子 二等辺三角関係 出家する女性たち
 4 マンダラのダイナミズム マンダラの深化 紫の上の奇跡 六条院マンダラ 消え去る光源氏
 第五章 個としての女性
 1 新しい男女関係 夕霧の恋 横笛 苦悩する男
 2 宇治という場所 『源氏物語』のトポス 男性像の分裂 女性の回路・男性の回路
 3 死に至る受動性 新しい女性 浮舟の苦悩 入水
 4 個として生きる 再生する女性 個としての女性
 注 あとがき 図表目録 索引
著者略歴 1928年兵庫県生まれ。京都大学理学部数学科卒業後、カリフォルニア大学留学、1965年スイスのユング研究所より、日本人初のユング派精神分析家の資格を取得。京都大学教授を経て、現在、国際日本文化研究センター所長(臨床心理学専攻)。
 「精神科医が読んだ 源氏物語の心の世界−紫式部からの現代へのメッセージ−」
 発行 2001年1月15日
 著者 櫻井浩治
 発行所 近代文芸社(近代文芸社新書)
目次
 第一章 源氏物語の成り立ち
 1 紫式部とその時代 紫式部のこと・源氏物語の時代
 2 物語のあらすじ 妃の呼び方
 第二章 六条の御息所の霊現象について
 1 夕顔の場合
 2 葵の上の場合
 3 紫の上の場合
 4 女三の宮の場合 霊の背景は嫉妬か・嫉妬心とは・病的な嫉妬・御息所の霊の原因・霊現象の考え方・二重身現象のこと・加持祈祷と「よりまし」
 第三章 心の病
 1 桐壺の更衣 苛めの構造・苛めが引き起こす身体の病気・苛めへの対応
 2 柏木 うつ病のこと・うつ病への対応・うつ病になる人ならない人・光源氏の恨み
 3 髭黒の大将の北の方 ヒステリーか・うつ病か・意識障害か・分裂病か・性格障害か
 4 葵の上 産後の精神障害・平安時代の出産
 5 紫の上 心身症としての心臓疾患
 第4章 源氏物語の夢
 1 光源氏の夕顔に関連した夢と六条の御息所の見た夢
 2 光源氏の藤壺に関係した夢
 3 光源氏が須磨で見る夢
 4 明石入道の夢
 5 朱雀帝の父の夢
 6 光源氏の藤壺の夢
 7 光源氏の紫の上の夢
 8 頭の中将の夢
 9 柏木の猫の夢
 10 夕霧の夢
 11 夢について 夢の不思議・現代の夢研究・ユングの考え・夢の分析・夢と眠りの生理学・共時性のこと
最終章 源氏物語が語る自尊心
 1 自尊心は何故重要か
 2 自尊心とは
 3 相互関係の中での自尊心
あとがき 引用および参考文献
新書内容案内 源氏物語の登場人物が織りなす嫉妬やいじめ、ヒステリーやうつ病、そして生霊や夢など、さまざまな心の現象を取り上げて解説し、現代人が心の健康を保つために何が必要か、を考える。
著者略歴 1936年1月新潟県分水町地蔵堂に生まれる。新潟大学医学部卒業後、慶応大学医学部精神神経科学教室に学び、現職は新潟大学医学部保健学科教授・学科長。専門は、精神医学・身心医学の臨床。

◇源氏物語加工文化データベース◇