このサイトの管理は、立石和弘がおこなっています。


[著書/論文他]

○1991年12月 「「女にて見奉らまほし」考−光源氏の容姿と両性具有性−」
            「國學院雑誌」(國學院大学)第92巻12号.
       〈再録〉 『日本文学研究論文集成 源氏物語2』(植田恭代編)若草書房,1999年8月.

○1994年 5月 「『女源氏教訓鑑』、『紫文消息』 解題」
            『江戸時代女性文庫』第1巻,大空社.

○1996年 3月 「虫めづる姫君論序説−性と身体をめぐる表現から−」
            「王朝文学史稿」(王朝文学史研究会)21号(小林茂美博士古稀記念号).
       〈再録〉 『研究講座 堤中納言物語の視界』(王朝物語研究会編)新典社,1998年 5月.

○1996年 5月 「冷泉帝の顔−供犠と玉鬘の視線から−」
            「中古文学」(中古文学会)57号.

○1997年 3月 「源氏物語若菜上古注釈集成1」(國學院大學物語文学研究会・林田孝和編)
            「國學院大學栃木短期大學紀要」第31号.

○1997年 3月 「抱かれる子−『うつほ物語』犬宮と仲忠の造形をめぐって−」
            「野州國文學」(國學院大学栃木短期大学国文学会)59号.

○1997年 4月 「鏡のなかの光源氏−光源氏の自己像と鏡像としての夕霧−」
            「源氏研究」(三田村雅子・河添房江・松井健児編)第2号,翰林書房.

○1998年 4月 「〈歴史〉の想像力を読むための文献ガイド」
            「源氏研究」第3号,翰林書房.

○1998年 6月 「『和漢賢女物語』、『絵入名女物語』 解題」
            『江戸時代女性文庫』第81巻,大空社.

○1999年 3月 「『とりかへばや』の性愛と性自認−セクシュアリティの物語−」
            『女と男のことばと文学−性差・言説・フィクション』(小森潔編),森話社.

○1999年 4月 「インタビュー 「あさきゆめみし」の魅力 大和和紀」(聞き手・三田村雅子+立石和弘)
            『源氏研究』第4号,翰林書房.
       〈再録〉 『源氏物語いま語り』 翰林書房,2001年5月.

○1999年 5月 「太刀を抜く時−剣の文化史・断章−」
            『叢書想像する平安文学 第4巻 交渉することば』(河添房江・神田龍身・小嶋菜温子・
            小林正明・深沢徹・吉井美弥子編)勉誠出版.

○1999年 12月 「自立する現代語訳本」,「マンガ文化と『源氏物語』」,
            「文学小事典(色好み,垣間見,身体・しぐさ,立ち聞き,玉鬘後記説,まなざし)」
            『週刊朝日百科世界の文学24 源氏物語』(三田村雅子編)朝日新聞社.

○2000年 4月 「『平家物語』の自死の身体」
            『テクストへの性愛術−物語分析の理論と実践』(高木信・安藤徹編)森話社.

○2000年 4月 「『源氏物語』の加工と流通−美的王朝幻想と性差の編成−」
            「源氏研究」第5号,翰林書房.

○2000年 7月 「あだなる男、色好み、二心ある人−光源氏の言語行為と沈黙する紫の上−」
            「國文學7月臨時増刊号 テクストツアー源氏物語ファイル」第45巻9号,学燈社.

○2001年 1月 「『とりかへばや』の性的指向・肌・触覚」
            「物語文学論究」(國學院大学物語文学研究会)第11号.

○2001年 4月 「共同討議 源氏物語研究の課題」(安藤徹+助川幸逸郎+立石和弘+橋本ゆかり+松岡智之 司会・松井健児)
            「源氏研究」第6号,翰林書房.

○2001年 5月 「女を盗む話型と身体」
            「女子体育」(日本女子体育連盟)第43巻5号.

○2001年12月 「物語表象の政治学−一九五〇年代から現在へ−」
            「國文學」(特集 王朝文学−韻文と散文の交通)第46巻14号,学燈社.

○2002年 2月 「美的表象と性的表象−そして語られざる『源氏物語』−」(図版構成)
            「ユリイカ」(特集 光源氏幻想−源氏物語をよむ)第34巻2号,青土社.

○2002年 3月 「インタヴュー 写本へのフィールド・ワーク 室城秀之」(聞き手・立石和弘+三村友希)
            「物語研究」(物語研究会)第2号.

○2002年 3月 「対論 物語・表象・記憶」(三田村雅子+兵藤裕己 司会・立石和弘)
            「物語研究」(物語研究会)第2号.

○2002年 5月 「性愛」
       〈事典〉 『中世王朝物語・御伽草子事典』(神田龍身・西沢正史編)勉誠出版.

○2002年 5月 「現代語訳と加工文化」,「鷹狩り」,「一夜妻譚」,「嫁盗み譚」,「冷泉院」
       〈事典〉 『源氏物語事典』(林田孝和・植田恭代・竹内正彦・原岡文子・針本正行・吉井美弥子編)大和書房.

○2002年 7月 「『源氏物語』の文化現象−映画 『紫式部 源氏物語』 の場合−」
            『フェリス・カルチャーシリーズ1 源氏物語の魅力を探る』(フェリス女学院大学編)翰林書房.

○2002年12月 「メディアと平安物語文学」
            『岩波講座 文学2 メディアの力学』(小森陽一・富山太佳夫・沼野充義・兵藤裕己・松浦寿輝編)岩波書店.

○2003年 1月 「『伊勢物語』とジェンダー−異界の女性をめぐる幻想−」
            『〈新しい作品論〉へ、〈新しい教材論〉へ[古典編]1』(前田雅之・小嶋菜温子・田中実・
            須貝千里編)右文書院.

○2003年 3月 「抱擁と童名−『うつほ物語』心性の生育儀礼−」
            『生育儀礼の歴史と文化−子どもとジェンダー』(服藤早苗・小嶋菜温子編)森話社.

○2003年 3月 「「外部」の組成−帰還者・性的幻想・鏡像−」
            「物語研究」(物語研究会)第3号.

○2004年 3月 「源氏物語 加工文化の表象」
            『源氏物語と日本文学研究の現在−身体・ことば・ジェンダー
            −フェリス女学院大学日本文学国際会議』(フェリス女学院大学).


○2005年 4月 「女性拉致の話型組成」
            「國文學」(特集 平安時代の文学とその臨界−いま何をしようとしているのか)第50巻4号,学燈社.

○2005年 4月 『源氏文化の時空』 (叢書・〈知〉の森5, 立石和弘・安藤徹編)森話社.
        〈共編〉目次:
            T源氏文化の地層
             物語・小説史のなかの『源氏物語』・土方洋一
             中世における『源氏物語』享受−夕顔をめぐって・植木朝子
             『源氏物語』の絵画化と意匠化−日本美術史の視点から・稲本万里子
             「古典復興」の諸相−江戸時代文芸の一面・中嶋隆
             昭和戦時下の『源氏物語』・小林正明

            U源氏文化の地平
             『源氏物語』の現代語訳・立石和弘
             映画化された『源氏物語』・立石和弘
             歌舞伎と宝塚歌劇の『源氏物語』・立石和弘
             『源氏物語』のコミックとキャラクタライズ・立石和弘
             『源氏物語』を理論する−理論の抵抗と思想の可能性・安藤徹
             教育する『源氏物語』−教科書と生涯教育・安藤徹
             『源氏物語』のまち・宇治−史蹟と観光文化・安藤徹

             コラム海外の『源氏物語』1 翻訳・コスモロジー・ジェンダー−アメリカから・H・リチャード・オカダ
             コラム海外の『源氏物語』2 植民地主義/民族主義の呪縛を超えて−韓国から・金栄心
             ブックガイド〈知〉の森を進むための文献・資料案内

○2006年 3月 「古典教育と加工文化」
            「日本文学」(日本文学協会,特集 日本文学協会第60回大会報告 テーマ いま、〈文学〉をどう学ぶか?)
            第55巻3号.

○2006年 9月 「歌と黙読の音声−『源氏物語』と本居宣長の〈あや〉−」
            『国際学術シンポジウム 源氏物語と和歌世界』(青山学院大学文学部日本文学科編)新典社.

○2006年10月 「源氏物語絵巻の境界表象」
            『源氏物語をいま読み解く1 描かれた源氏物語』(三田村雅子・河添房江編)翰林書房.

○2007年 2月 「源氏文化の現在的な構図」
            『立教大学 日本文学科創設50周年記念国際シンポジウム 「21世紀の日本文学研究」報告書』(立教大学).

○2007年 3月 「恋死と一体化願望−『伊勢物語』と仲澄・柏木−」
            「物語文学論究」(國學院大学物語文学研究会)第12号.

○2007年10月 「『源氏物語』関連出版と解釈共同体−婦人雑誌・本質主義・レイプ・光源氏計画−」
            『講座源氏物語研究 第9巻 現代文化と源氏物語』(伊井春樹監修・倉田実編)おうふう.

○2008年 3月 「源氏物語若菜上古注釈集成 十二」(國學院大學物語文学研究会・林田孝和編)
            「國學院大學栃木短期大學紀要」第42号.

○2008年 5月 「来るべき『源氏物語』研究のテーゼ15・U」
            「国文学 解釈と鑑賞」(特集 『源氏物語』−危機の彼方に)第73巻5号,至文堂.

○2008年 5月 「アカデミズムと大衆文化−『源氏物語』江戸から近現代へ」
            『源氏物語と江戸文化−可視化される雅俗』(小嶋菜温子・小峯和明・渡辺憲司編)森話社.

○2008年 6月 「谷崎潤一郎訳『源氏物語』の出版戦略」
            『講座源氏物語研究 第12巻 源氏物語の現代語訳と翻訳』(伊井春樹監修・河添房江編)おうふう.

○2008年 8月 "The Tale of Genji in Postwar Film: Emperor, Aestheticism, and the Erotic"
           Envisioning The Tale of Genji : Media,Gender,and Cultural Production, Haruo Shirane,ed,Columbia University Press.

○2008年 9月 『男が女を盗む話−紫の上は「幸せ」だったのか』 (中公新書1965)中央公論新社.
        〈単著〉目次:
            第一章 『伊勢物語』の嫁盗み
                 1 芥川段はどう描かれたか
                     恋の情趣 残虐性の指向 惨殺される美女の系譜 様式化と差異 男は靴を履いているか 二人の視線
                 2 芥川段はどう語られたか
                     「純愛」のオブラート 「盗む」と「拉致」 芥川段のテキスト
                 3 背負われる女
                     女の合意 三瀬川伝承 往生と性愛 かぐや姫の願い 初体験の相手か否か 浮舟の「鬼」 自らの足で立つこと 男女の「ずれ」
                     連れ去られることの両義性 暴力性の隠蔽 男の足
                 4 男女のコミュニケーション
                     女は何を訊ねたか 対象aとしての「何か」 女が見たように男も見ること
                 5 鬼と女
                     『今昔物語集』の中の類話 虫愛づる姫君の証言 極楽浄土の希求 蔵に押し入れたのは誰か
                 6 嫁盗みの失敗
                     女はなぜ泣いていたのか 男に都合の悪いこと 知的遊戯としての歌物語

            第二章 『大和物語』の嫁盗み
                 1 拒む女
                     龍田川段 都と鄙 女の内面 男の歌 行方も知らぬ 抱くという動作 愛さえあれば?
                 2 身分違いの恋
                     安積山段 内舎人と大納言の娘 垣間見 女の心情の変化 ふたたび、愛さえあれば? 手習歌としての「安積山」
                     古典教材としての「安積山」 女はなぜ死を選んだのか?
                 3 女性拉致監禁事件
                     ストックホルム症候群? 供述調書から見えてくること 加害者を肯定する物語
                 4 安積山段を読み直す
                     女が死んだ理由 アイデンティティの崩壊 生存の条件 女の妊娠 物語の読み方

            第三章 『源氏物語』の嫁盗み
                 1 映画の中の描かれ方
                     『源氏物語』の加工と流通 一九五一年版映画の場合 一九六一年版映画の場合 一九八七年版アニメーション映画の場合
                     二〇〇〇年版映画の場合
                 2 若紫掠奪
                     北山の垣間見 少女としての若紫 捨てられた子 若紫/犬君 女らしさの逸脱 藤壺の身代わり 垣間見の夜 若紫の声
                     「思い通りに育てる」 若紫との身体的接触 さまざまな思惑 夜明け前の掠奪 掠奪の朝
                 3 紫の上は「幸せ」だったのか
                     「幸せ」とは何か 「物の怪」と性役割 紫の上の自己像 「我は我」 女三の宮降嫁 紫の上の心内語 紫の上の死 相対化されるもの
                 4 移動させられる女たち
                     連れ去ることへの執着 空蝉の場合 空蝉の抗議 夕顔の場合 回帰する現実世界 物の怪とは何か
                 5 柏木と女三宮
                     桜の庭の垣間見 密事 王殺しの物語 『古事記』の嫁盗み 幻想の女 藤壺との密通

            第四章 嫁盗みの反転
                 1 『更級日記』竹芝寺縁起
                      『更級日記』 物語としての旅 竹芝寺縁起 反転する世界 幸福な結末 「幸福」の内実
                 2 笑話としての嫁盗み
                      『うつほ物語』の祝祭性 列挙される物 富の流動化 祝祭的法会 婚姻の優先順位 本物と偽物 花桜折る中将 色好みと嫁盗み
                      掠奪したのは…… 老女の恋 心情けのある男 読者の幻想

○2010年 6月 「窯変源氏物語」(橋本治主要著作解題)
             「ユリイカ」(特集 橋本治)第42巻7号,青土社.

○2010年10月 「国際シンポジウムに参加してT コロンビア大学篇−源氏文化研究と社会的仮想」
            「国文学 解釈と鑑賞」(特集 鏡像としての平安文学−価値変動の時代に)第75巻10号,至文堂.

○2010年10月 「物の怪をめぐる言説−『源氏物語』と女性嫌悪−」
            『源氏物語をいま読み解く3 夢と物の怪の源氏物語』(三田村雅子・河添房江編)翰林書房.


 
[口頭発表]

○1991年 6月22日 「源氏物語にみえる「女にて見る」をめぐって」
                國學院大学國文學會春季大会.

○1995年10月15日 「冷泉帝の顔−身体表現と物語主題軸との連関−」
                中古文学会秋季大会.

○1996年 7月 7日 「幼名考・犬という名−『うつほ物語』犬宮命名をめぐって−」
                日本文学協会第16回研究発表大会.

○1996年12月21日 「『源氏物語』の鏡と鏡像−光源氏と夕霧を軸に−」
                物語研究会12月例会.

○1997年 8月19日 「『とりかへばや』の性自認と性的指向」
                物語研究会26回大会.

○1998年 8月18日 「消費される色好み」
                物語研究会27回大会,シンポジウム「物語学の限界」.

○2000年 4月15日 「古典と大衆文化−昭和二十年代の『源氏物語』をめぐる言説−」
                物語研究会4月例会,年間テーマ発表「区分・領域(テリトリー)」.

○2001年 1月27日 「会話への欲望と抵抗−物語文学の言説と会話分析−」
                物語研究会1月例会,年間テーマ発表「会話/消息」.

○2002年 8月22日 「母という問題機制−物語表象からの視座−」
                物語研究会31回大会,シンポジウム「母」.

○2002年11月16日 「歴史叙述と物語表象の政治学」
                物語研究会 ミニシンポジウム「歴史と文学(明治以前)」.

○2003年11月 8日 「源氏物語 加工文化の表象」
                フェリス女学院大学 日本文学国際会議 第2回
                「身体・ことば・ジェンダー 源氏物語と日本文学研究の現在」.

○2005年 3月26日 
"The Tale of Genji :Film Adaptations and Popular Culture"
                The Tale of Genji in Japan and the World: Social Imaginary, Media, and Cultural Production, Columbia University

○2005年10月29日 「古典教育と加工文化」
                日本文学協会第60回大会「いま、〈文学〉をどう学ぶか?」.

○2006年11月 4日 「源氏文化の現在的な構図」
                立教大学日本文学科創設50周年記念国際シンポジウム
                「21世紀の日本文学研究」.

○2007年 1月13日 「キャラクタライズされた姫君たち」
                東海大学文学部日本文学科シンポジウム
                「かたられゆく〈女〉たち WOMEN UNDER THE INFLUENCE −古典の受容と新生−」.

[書 評]

○1996年11月 「小嶋菜温子編 『王朝の性と身体 逸脱する物語』[叢書・文化学の越境1]」
            「日本文学」(日本文学協会)第45巻11号.

○2000年 3月 「藤井貞和著 『詩の分析と物語状分析』」
            「口承文藝研究」(日本口承文藝學會)第23号.

○2000年 4月 「神田龍身著 『偽装の言説 平安朝のエクリチュール』」
            「日本文学」(日本文学協会)第49巻4号.

○2002年11月 「イヴ・K・セジウィック 『男同士の絆』」
            「イメージ&ジェンダー」(イメージ&ジェンダー研究会)第3号.

○2003年12月 「大井田晴彦著 『うつほ物語の世界』」
            「日本文学」(日本文学協会)第52巻12号.

○2005年10月 「陣野英則著『源氏物語の話声と表現世界』」
            「日本文学」(日本文学協会)第54巻10号.

[高等学校国語科検定教科書の指導書]

○1999年 2月 「紫の上臨終」 『古典講読 源氏物語・大鏡 指導書』(河合隼雄・室伏信助・上原作和・
            小島孝之・鈴木裕子・西澤美仁・針本正行・保坂博子共編),角川書店.

[勤務校(非常勤講師)]
     
 学校名  学部・科  出講年度  担当科目
 錦城学園高等学校 国語科 1990年度〜1991年度 古典
 海城高等学校 国語科 1992年度〜1994年度 現代文・古典・国語表現
 和洋国府台女子高等学校 国語科 1995年度〜2004年度・
2008年度〜現在
現代文・古典・古典講読・国語表現
 フェリス女学院大学 文学部  1997年度〜2006年度 中古文学作品研究・物語の世界・古典の享受と再生・中古文学論
 湘北短期大学 1998年度〜2004年度 日本語リテラシー・言語表現法・文学
 恵泉女学園大学 人文学部 1999年度・
2001年度〜2008年度
卒業論文指導・国語科基礎演習・日本文学史・文学方法論・
日本文化研究・日本文学特講
 日本大学 文理学部 2000年度・
2002年度〜2003年度
言語と文化U−物語研究・批評研究方法論T
 駒沢大学 文学部 2000年度〜2006年度 国文学特講V・W・国文学演習T・U
 千葉大学 文学部 2002年度〜2003年度・
2005年度
古代文化論
 青山学院大学   文学部 2005年度〜2009年度 表象文化論・記号論・国文学史・日本文学特講・日本文学演習
 国士舘大学   文学部 2005年度〜現在 日本文化基礎研究・日本文化特講X・国文学
 立教大学 文学部 2007年度〜現在 文学と社会・文学と歴史・文学と人間・日本文学講読・文学講義・演習
 早稲田アカデミー 2007年度〜現在 国語(小学二・三・四・五・六年、中学一・二年・三年)
 国府台女子学院 国語科 2010年度〜現在 国語総合・国語演習・現代文


[社会的活動]

○日本文学協会
   委員 2000年度〜2003年度,2005年度〜2008年度
   運営委員 2005年度〜2008年度
   会務委員 2008年度
   委員選考委員 2009年度・2010年度

○物語研究会
   事務局代表 2004年度〜2005年度
   『新物語研究』第5号(特集・書物と語り,1998年3月,若草書房)編集委員
   『物語研究』第2号(特集・会話/消息,2002年3月,物語研究会)編集委員

○国際基督教大学
 「日本文学史T(ツベタナ・クリステワ教授)」ゲストティーチャー,2007年2月13日

○フェリス女学院大学 横浜社会人大学講座 「源氏物語の魅力を探る」
 「源氏物語の身体」1999年10月2日 

○恵泉女学園大学 平和文化研究所 公開講座
 「源氏物語を読む」2001年4月28日・5月26日・6月30日
 「話型から読む 竹取物語と伊勢物語」2001年11月24日・12月22日
 「源氏物語を読む」2002年4月27日・5月25日・6月29日
(桐壺、帚木・空蝉、夕顔)
 「源氏物語を読む」2002年9月21日・10月26日
(若紫、末摘花)
 「源氏物語を読む」2003年4月26日・5月31日・6月28日・7月26日
(紅葉賀・花宴・葵・賢木)
 「源氏物語を読む」2003年9月27日・10月25日・11月22日・12月13日
(須磨、明石、澪標、蓬生)
 「源氏物語を読む」2004年4月24日・5月29日・6月26日・7月31日(現代語訳、絵合、松風・薄雲、宝塚)

 「源氏物語を読む」2004年9月25日・10月30日・12月11日・1月29日(朝顔、少女、玉鬘、初音・胡蝶)
 「源氏物語を読む」2005年4月30日・5月14日・6月25日・7月30日(蛍、常夏・篝火・野分、御幸・藤袴・真木柱、梅枝・藤裏葉)
 「源氏物語を読む」2005年9月24日・10月22日・11月26日・12月10日・1月28日(若菜上1、若菜上2、若菜下、柏木、横笛・鈴虫)
 「源氏物語を読む」2006年4月22日・5月27日・6月24日・7月22日(夕霧、御法、幻、匂兵部卿)
 「源氏物語を読む」2006年9月30日・10月14日・10月28日・12月9日・1月27日(紅梅・竹河、橋姫、椎本、総角、早蕨・宿木)
 「源氏物語を読む」2007年4月21日・5月19日・6月9日・6月30日・7月21日(東屋、浮舟、蜻蛉、手習・夢浮橋、源氏物語絵巻を読む)
 「映像としての『源氏物語』」2007年9月15・29日・10月13・27日・12月1・15日・1月12・26日
 「『源氏物語』を読み解く」2008年4月26日・5月10・17・31日・6月7・14・21・28日・7月5・12・19・26日
(桐壺〜澪標)
 「『源氏物語』を読み解く」2008年9月27日・10月4・11・25日・11月29日・12月6・13日・2009年1月10・24・31日(絵合〜藤裏葉)
 「『源氏物語』を読み解く」2009年4月18日・5月2・16・23日・6月6・20日・7月4・18日(若菜上〜幻)
 「『伊勢物語』と絵画」2009年4月24日・5月8・22日・6月12・26日・7月10・24日(外部の女性・男が女を盗む話・禁忌の恋・老いと色好み・恋死・東下り・つひに行く道)
 「源氏物語と王朝物語−男が女を盗む話−」2010年10月1日・11月5日・12月10日・1月28日2月4日
(伊勢物語・大和物語・源氏物語・竹取物語・古事記・うつほ物語)

○朝日カルチャーセンター 「『源氏物語』をいま読み解く」
 「会話が照らす源氏物語」2001年6月2日 
 「源氏物語の文化現象―戦後から現在へ―」2002年6月1日 

○古典に親しむ会 (於 西新井 ギャラクシティ)
 「源氏物語の世界」2001年4月〜2006年12月(桐壺〜夢浮橋・源氏物語絵巻を読む) 

○薊の会
 「源氏物語正編」2005年7月2日・
 「源氏物語宇治十帖」2005年10月1日
 「登場人物の身体とアイデンティティ」2005年11月5日
 「源氏物語絵巻を読む」2007年2月3日
 「竹取物語の話型と女の身」2007年11月10日

○銀座産経学園
 「源氏物語の世界」2006年4月〜2009年12月
(桐壺〜夢浮橋)

○茨城県県民大学講座 (茨城県弘道館アカデミー・於 茨城県県北生涯学習センター)
 「式部の思いを味わう源氏物語」2007年6月3日・17日・7月8・22日・8月5日
 「源氏物語−千年のときを超えて〜紅葉賀から須磨まで」2008年5月25日・6月8・22日・7月6・20日・8月3・17・31日・9月14・28日
 「ときめく源氏物語〜明石から」2009年5月31日・6月14・28日・7月12・26日・8月2・23日・9月6・27日・10月4日
 「ときめく源氏物語〜玉鬘から柏木まで」2009年10月25日・11月8・15日・12月13日・1月17日・2月7・21・28日・3月14・21日
 「ときめく源氏物語〜光源氏の晩年と宇治十帖」2010年5月30日・6月13・27日・7月11・25日
 「現代文学の視点〜村上春樹を読む」2010年5月30日・6月13・27日・7月11・25日
(1973年のピンボール・ノルウェイの森・1Q84)
 「ときめく古典文学〜浮舟と男が女を盗む話」2010年10月17・24日・11月14・21日・12月5・19日・1月16・30日・2月13・27日
 (東屋〜夢浮橋・伊勢・竹取・源氏・古事記・うつほ・更級)

○asahi.com(朝日新聞社)「〈千年の源氏物語〉漫画で舞台で新たな命」インタビュー 2008年8月6日

○パレスホテル サマーセミナー 10周年記念イベント 光源氏サロン
 「映画の中の光源氏−長谷川一夫・市川雷蔵… 戦後の源氏ブームと光源氏を演じた役者たち−」2008年8月29日

○源氏物語千年紀記念 実践女子大学・短期大学公開講演会
 「源氏映画50年史をたどる−映画表象の源氏物語−」2008年10月18日

○NHK「ETV特集 第248回 私の源氏物語〜千年語り継がれたロマン〜」出演(インタビュー) 2008年11月16日放送

○西多摩郡日の出町民大学(於 秋川 東京都農林総合研究センター)
 「映画化された『源氏物語』−源氏ブームの今を考える−」2009年2月26日

○茨城県県北生涯学習センター自主講座
 湊 かなえ「告白」2010年10月17日
 保坂和志「書きあぐねている人のための小説入門」2010年11月14日
 須賀敦子「ベネチアの宿」2010年12月5日
 東野圭吾「手紙」2011年1月16日
 宮部みゆき「火車」2011年2月13日


◇源氏物語加工文化データベース◇