「新訳 源氏物語」全4巻
発行 第1巻:1997年10月10日 第2巻:1997年11月10日
第3巻:1997年12月10日 第4巻:1998年1月10日
発行所 小学館
価格 1冊:1600円
帯コピー 第1巻:「第一巻 桐壺〜関屋」、「王朝文学の最高傑作をいま最も新しい現代語訳で読む」、「○訳者のことば このたび書き下した現代語訳は、私が一読者として読み直してみてもなかなかおもしろく、楽に読むことができるので、はじめて『源氏物語』完読を目ざす方々には最適ではないか、とひそかに自負している。特色としては、できるだけ内容に忠実に、ことばの光沢や調べを殺さないように、しかし冗長なところは多少省略してある。いわゆる抄訳ではなく、書き込んだ部分と、軽く通過する部分の波を作った」。
第2巻:「第二巻 絵合〜真木柱」、「読みやすく、面白さを伝える好評!「尾崎源氏」第2弾」、「○尾崎源氏を推す 秋山虔(東京大学名誉教授 駒澤女子大学教授) 「新訳源氏物語」の四冊は単なる現代語縮訳といったものではない。長年にわたって源氏物語の世界と共生してこられた尾崎さんの体内を通過して現在に甦った源氏である。源氏物語の魅力は、その表現の裏に、表現されきらず、そして表現へとひしめき充満している底知れぬ意味あいが際限なく読者を誘引する点にあるのだろう。尾崎さんの「新訳」はまさにそうした源氏の魅力を、その文体に証す作業と言えよう」。
第3巻:「第三巻 梅枝〜竹河」、「光源氏の栄華と落魄 佳境に入る「尾崎源氏」第3弾」、「○読みやすい口語訳 安西篤子(作家) 小説を読む愉しみはすべて、源氏物語の中に詰まっていると言っても過言ではない。友情あり初恋あり陰謀あり裏切りあり、いま流行の不倫さえ、たっぷり出てくる。それが四季折々の優雅な宮廷生活を背景に描かれている。古典に不慣れな方はまず尾崎さんの源氏に触れてみるとよい。原文の味わいを巧みに生かしながら、まことに読みやすく、千年むかしに生きた人々を眼前に見る思いがする。ぜひおすすめしたい書物である」。
第4巻:「第四巻 橋姫〜夢浮橋」、「短期読了をめざす人に最適 平易で格調高い源氏新訳、完結!」。
カバー・帯(第1巻)

◇源氏物語加工文化データベース◇