「梶山源氏 いろは・の巻、ほへと・の巻」 
発行 1972年11月
発行所(新書) 文芸春秋
著者 梶山季之
発行(文庫) 1983年11月(「好色源氏物語 いろは・の巻、ほへと・の巻」に改題)
発行所 角川書店(角川文庫)
解説 福地泡介
文庫カバー(辰巳四郎)
  「唐獅子源氏物語」 
発行 1982年12月
発行所 新潮社
著者 小林信彦
帯コピー(表) 紫式部もビックリ仰天/光源氏も「麿のことか」と大あわて/背なの唐獅子も笑いころげる/奇想天外抱 腹絶倒前代未聞の奇書
帯コピー(裏) 何という帝の御代でございましたでしょうか、日本各地に数多の親分衆が割拠している中に、ひときわ時めいている方がおられました。・・・/平安時代以来、千年にわたって日本人の心に共感を刻みこんできた「源氏物語」。/ここにまた一人、光源氏に大袈裟に感情移入てしまった男がいる。須磨義輝−八〇年代の極道のイメージを求めて、軽薄に流行を追いつづけてきた〈わしらが大親分〉だ。ギャグがギャグを呼ぶ、笑撃の連作パロディ
目次 唐獅子選手争奪(ストーブリーグ)
唐獅子渋味闘争(しぶみとうそう)
唐獅子異人対策(いじんたいさく)
唐獅子電撃隊員(レイダース)
唐獅子源氏物語(げんじものがたり)
唐獅子紐育俗物(ニューヨーカーズ)
唐獅子料理革命(りょうりかくめい)
あとがき
カバー・帯
 「紫式部の娘 賢子(かたこ)」
発行 1986年6月
発行 講談社
著者 田中阿里子
発行 1992年5月15日
発行所(文庫) 徳間文庫
文庫内容案内 源氏物語の完成に向けて苦慮し、藤原道長の強引な求愛に懊悩する紫式部。一方、式部の娘賢子は母の厳しい教育を受け、侍女らにかしずかれて成人するが、友人も少なく孤独の身であった。後見もいない賢子の将来を思いやり、母娘ともども皇太后彰子の許へ出仕するようになる。やがて、和泉式部、赤染衛門らとの交際が始まり、さらに、貴紳顕官の子弟たちの誘惑が待っていた……。長編歴史小説。
徳間文庫カバー(秋山法子)
 「1008年源氏物語の謎」
発行 1986年10月
発行所(文庫) 旺文社(旺文社文庫)
著者 藤本泉
文庫内容紹介 「社会主義国ソビエト日本が世界に誇る古典女流作家紫式部−その否定は国家に対する裏切りと反逆を意味した。2073年の京都。粛清された国文学者を父にもつウチダは、密かに「源氏物語」の研究を進め、紫式部は作者ではないとの確信をもった。そんな折、「源氏」誕生の1008年に時間旅行をする機会を得たウチダは、藤原道長の土御門邸に忍び込んだ。「源氏物語」成立の謎に迫る表題作ほか二編を収めた新編SF。」
目次 1008年源氏物語の謎
紙幣は吹雪のごとく
後天性多肢症
文庫カバー(小野山逢邦)
∴初出:同人誌「現象」1962年、「SFマガジン」1973年(「クロノプラスティック一〇〇八」を改題)。
 「紫式部幻影」
発行 1991年1月
発行所 青弓社
著者 須山ユキエ
装画 村上守
価格 1360円
帯コピー(表) 亡夫への思いを物語にかえ、ひそやかに、大胆に、式部の筆が動きはじめる…。『源氏物語』成立の心的過程と、平安のあえかなる宮廷世界を活写する異色の長篇小説(ロマン)。
目次 第一章 めぐりあいて
第二章 わかたけの
第三章 かきほあれ
第四章 みのうさは
第五章 わりなしや
第六章 としくれて
第七章 亡き人を
あとがき
カバー
∴初出:「火山列島」78号〜83号(「紫式部幻想譜」改題)。
 「散華−紫式部の生涯−」 上・下
発行 上・下:1991年2月20日
発行所 中央公論社
著者 杉本苑子
装画 上:加山又造「夜桜」部分 下:加山又造「朧」部分
価格 1650円
帯コピー(上・表) 平安朝の読書好きな少女式部が胸にえがきつづける女の幸せとは−/娘たちを政治の道具に権勢をほしいままにする藤原氏、一門ながら無欲恬淡な漢学者の娘に生まれ、世の不条理を懐疑しつつ、歌や物語の世界に真実の愛を求める式部の多感な青春を濃密に描く歴史大作。
帯コピー(下・表) 時を超える名作『源氏物語』に紫式部が仮託した男と女の愛とは−/三年に満たぬ結婚生活や華やかな宮仕えでもいやされぬ心の苦しみを通し、血なまぐさい権力抗争の現実と人々の浮き沈みとを見すえつつ、ひとりの女として生きた式部の生の軌跡を克明につづる歴史大作。
目次
上:
峠路の賊
蜻蛉日記
魔火
麗ノ女御
蓮の葉の露
冬の季節
死神
夏ごろも
下:
越前国府
移りゆく日々
光る源氏 輝く日ノ宮
出仕
道長呪詛事件
宇治十帖
人形から賢后へ
ねむの花
あとがき
カバー・帯(上巻)
  「源氏物語」 上の巻・下の巻 
発行 1991年12月15日(上の巻)続刊未詳
発行所 KKベストセラーズ
著者 橋田壽賀子
装丁 野村高志
題字 矢萩春恵
イラスト 東忠夫
価格 1200円
奥付注記 本書はTBS創立40周年記念番組 橋田壽賀子スペシャル「源氏物語」の原作脚本をもとに諸田政一氏が小説化したものです。
目次(上の巻) 序の章
夕顔
若紫
末摘花
朧月夜

藤壺
明石
カバー(上巻)
  「源氏恋物語 狂おしくもせつない6つのLove Stories」
発行 2000年2月14日
発行所 アスキー
発売所 アスペクト
著者桜澤麻伊
表紙/イラスト 小川彌生
装丁 遠藤薫
価格 1400円
帯コピー 光源氏と6人の姫がおりなす禁断の恋/「源氏物語」ってこんなにみ・だ・ら!/平安の大恋愛絵巻が現代語訳でよみがえる
目次
はじめに 主要人物関係図 人物紹介
藤壺 許されない恋 解説・源氏にとって永遠の聖母であり続けた女性
朝顔の姫君 プラトニックな恋 解説・結婚しない女が選んだ究極の愛のかたち
六条御息所 取り戻せない恋 解説・物の怪騒動は平安時代の魔女狩りか?!
朧月夜 激しい恋 解説・平安のジュリエットは尻軽女だった!
玉鬘 とまどう恋 解説・中年となった源氏と・玉鬘のアブナイ関係
紫の上 最後の恋 解説・妻の実家の経済力がものをいう平安時代結婚事情
「源氏恋物語」年表
用語解説
あとがき
カバー・帯
∴後にレディスコミック化(『コミック源氏恋物語』ワンツーマガジン社、2000年11月)。
 「源氏物語 眠らない姫たち」 王様文庫
発行 2000年5月
発行所 三笠書房
著者 由良弥生
装画・挿画 藤原薫
価格 1300円
発行(文庫) 2002年1月20日
発行所 三笠書房(王様文庫)
本文イラスト 藤原薫
表紙コピー 教科書には書けなかった“千年前の愛と性”
折返しコピー わが国の恋愛小説の元祖『源氏物語』、あなたは読んだことがありますか?/優美で絢爛たる王朝生活を背景にまき起こる、愛欲、嫉妬、姦通……。『源氏物語』の名場面が、隠微に、そして華やかにくり広げられます。『源氏物語』の表を読み、裏を読み、行間を読む……。光源氏をめぐる姫君たちの心の闇とその深層心理を、たっぷり堪能してください。
帯コピー 息つくひまもないくらい面白い/『源氏物語』の名場面。/1000年前も、きのうの夜も−/恋する気持ちに、かわりはない
目次
コピー(文庫裏表紙から)
まえがき   
葵の上 「家柄や容姿に恵まれすぎると“不幸”になる」
藤壺 「結局、女は男より血を選ぶ」
六条の御息所 「妄想の世界でしか本当の自分になれない」
夕顔 「男が愛しいと思うのは、はかなさと娼婦が同居した女」
末摘花 「“コンプレックス”に支配されて、人生すべてに臆病になる」
朧月夜 「第三者を傷つける恋こそ、いちばん溺れる恋」
紫の上 「いつわりの天真爛漫」
カバー・帯文庫カバー・帯
 「紫式部物語−その恋と生涯」 上・下
発行 上・下:2000年11月25日
発行所 光文社
著者 ライザ・ダルビー
装丁画 ケイコ・ネルソン
訳者 岡田好恵
帯コピー(上・表) 「源氏物語」の作者の生涯が今ここに鮮やかに蘇る/日本人の発想を超えた卓抜した大河小説/全世界8カ国で翻訳・刊行
帯コピー(下・表) 同性への愛、結婚、隠遁… 「源氏物語」創作の秘密 初めて浮き彫りにされた作者の実像!/全世界8カ国で翻訳・刊行
目次
上:
日本の読者の皆さまへ
主な登場人物
プロローグ 賢子の手紙
紫式部回想記
蜻蛉庵
若紫
ちふる
朧月夜(光源氏の恋の冒険)   
朝顔

瑠璃
時鳥
蚯蚓
新年
旅の記録
「枕草子」
明國
雪月
東風
唐物語
流し
五月晴れ
心づくしの秋
鬼の影
解け水
北の方
下:
主な登場人物
墨染めに霞む空
薄きとも見ず
唐竹
雲の上
暗きより
おだえの水
清少納言
女郎花
雪の下草
桜狩り
叩く水鶏
敦成親王
光さしそう
水鳥
万歳千秋
わが紫
うき寝せし
五節の舞
年暮れて
ささがに
野辺に小松
憂さのみまさる
宇治
エピローグ 賢子の手紙

稲妻(「源氏物語」の失われた終章)
著者あとがき
カバー・帯(下巻)
 「源氏十二宮絵巻」 角川ビーンズ文庫
発行 2002年10月1日
発行所(文庫) 角川書店(角川ビーンズ文庫)
著者 六道慧(りくどうけい)
イラスト 椎名咲月
文庫内容案内 「世に並びなき人」と賞される光源氏。彼の護衛を務めるのは、西洋占星術をもって術を行うという特異さゆえに、「邪道」と蔑まれる若き陰陽師・加世白瑛(かぜのはくえい)。親友でもある二人だが、移り気な光源氏は正妻を顧みず、彼女に想いを寄せる白瑛をやきもきさせていた。そんなある日、御所で亡霊騒ぎが起こった。同時に、光源氏の様子がどこかおかしくなってきて…? 亡霊騒ぎと光源氏の関係は? 白瑛は彼を守ることができるのか…!?
目次 其の一 禁色
其の二 母の手
其の三 覆妖
其の四 風祝(かぜのはふり)
其の五 空蝉
其の六 二人の幻女
其の七 七瀬祓(ななせのはらえ)
 あとがき
カバー
∴塩見優さんより、情報のご提供をいただきました。
 「行くかた知らぬ夕顔の 源氏十二宮絵巻」 角川ビーンズ文庫
発行 2003年1月1日
発行所(文庫) 角川書店(角川ビーンズ文庫)
著者 六道慧(りくどうけい)
イラスト 椎名咲月
文庫内容案内 西洋占星術をもって術を行うという特異さゆえに、「邪道」と蔑まれる若き陰陽師・加世白瑛(かぜのはくえい)。主であるヒカルは、色事にうとい白瑛とは対照的に浮気性なのだが、そんなヒカルを虜にする女君が現れた! また、それと時を同じくして、ヒカルの悪友・頭中将が、謎の怨霊に命を狙われるという事件が起きた。女君に溺れていくヒカルの身を案じつつ、事件の真相を追う白瑛だが、彼の身体にとんでもない異変が起きてしまい−!?
目次  序章
其の一 十三塚
其の二 香鳥(かおりどり)
其の三 岐神(ふなどしん)
其の四 魂違(たまたがえ)
其の五 以津真伝(いつまで)
其の六 瓢の呪法(ひさごのじゅほう)
 あとがき
カバー
∴塩見優さんより、情報のご提供をいただきました。
 「輝く日の宮」
発行 2003年6月10日
発行所 講談社
著者 丸谷才一
装画装丁 和田誠
価格 1800円
カバー
 「妖説 源氏物語」
発行 壱:2003年12月20日
発行所(新書) 中央公論新社(C・NOVELS)
著者 富樫倫太郎
表紙・口絵イラスト 天野喜孝
価格 900円
目次 第1話 鯰中納言
第2話 行くなの座敷
第3話 神獣妖変仙人鏡
カバー・帯(1巻)
 「月に駆られて―六条御息所物語」
発行 2004年4月22日
発行所 アルファポリス
著者 杉本圭
価格 1260円
帯コピー 「才に、容姿に、そして位にも恵まれた完璧な女性、六条御息所―なのになぜ、彼女は幸せになれず生霊として彷徨うことになったのか…」、「煌びやかな都を舞台に繰り広げられる愛と哀しみの夢物語」。
目次
第一章  「夢」の訪れ
第二章  絹の牢獄
第三章  生贄の系譜
第四章  禁じられた女
第五章  子育ては落日の彼方に
第六章  しのび音
第七章  夏の嵐、そして禁忌
第八章  西施の愛人
第九章  太初の職業
第十章  雅な生き霊
第十一章 悪魔の首に鈴を
第十二章 身代わりの人形
第十三章 木の葉の言い訳
第十四章 冬の日の小さな陽だまり
第十五章 鏡の沈黙
第十六章 月の行方を
第十七章 優秀な雌鳥
第十八章 女であること、玩具であること
第十九章 祭りの後は
第二十章 芥子の香に目覚めて
第二十一章 歌に詠めぬ心
第二十二章 「夢」の清算
カバー・帯
 「藤壺」
発行 2004年11月
発行所 講談社
著者 瀬戸内寂聴
価格 952円
帯コピー 「源氏物語に秘められた〈幻の一帖〉 若き光源氏と永遠の恋人・藤壺との許されぬはじめての逢瀬を描く、待望の新作小説」
目次 源氏物語と幻の一帖
藤壺
藤壺(古語版)
カバー・帯
∴初出:「群像」2004年1月号。

◇源氏物語加工文化データベース◇