「『源氏物語』 夢がたみ」 (舞台芸術フェア‘98)
公演期間 1998年1月20日〜22日
会場 東京グローブ座
原案・脚本・構成・演出 堀舞位子
語り脚本 石川耕士
振付 梅津貴昶
出演
六条御息所・葵の上 ホリ・ヒロシ(人形操演)
六条御息所の乳姉妹楓 波乃久里子
光源氏 片岡愛之助
∴『ホリ・ヒロシ人形の世界』(講談社、1998年4月7日発行)、「演劇界」(1998年3月号)参照。
∴保泉朋子さんより、資料のご提供をいただきました。
 「夢の浮橋〜人形たちとの源氏物語」
公演期間 2004年3月27日(土) 
2004年3月28日(日)全3公演
会場 グランシップ 中ホール・大地
作・演出 佐藤信
演出助手 鈴木章友
人形デザイン 山口小夜子
舞台美術 佐藤信
音響 島猛
照明 斎藤茂男
舞台監督 森下紀彦
協力 江戸糸あやつり人形芝居「結城座」
企画制作 (財)静岡県文化財団
料金 全席指定/4,000円
出演
人形操作 結城孫三郎
結城一糸
結城千恵
他 結城座
義太夫 竹本素京
浮舟 毬谷友子
詳細 「従来行われてきたように、いくつかのエピソードを取り出して脚色するのではなく、54帖全体をモチーフとし、「青春」(第1帖「桐壺」〜第11帖「花散里」)、「異境」(第12帖「須磨」〜第13帖「明石」)、「栄光」(第14帖「澪標」〜第33帖「藤裏葉」)、「失意と死」(第34帖「若菜(上)」〜第41帖「幻」「雲隠」)、「分身」(第42帖「匂宮」〜第54帖「夢浮橋」の5つのパートに分けて展開。

 「源氏物語」の最後に登場する女性、「浮舟」を「不死の(=死ねない)女」として、全編の語り手とし、ある都会の片隅に打ち捨てられた小舟に住む浮舟が、ごみ捨て場から拾った廃品で作ったたくさんの人形を相手にする「遊び」、「幻想」として、物語を進めていきます。

 語り手「浮舟」役に、舞台を中心に活躍する実力派女優・毬谷友子を迎え、語りの中に浮かび上がる登場人物たち全てを、伝統的な江戸糸あやつり人形芝居「結城座」の人形によって表現します。

 平安王朝の薫りを残しながらも、現代の新しい物語として蘇る、佐藤信書き下ろしによる「源氏物語」です。これまでのものとはひと味違う、新しいスタンスでの「源氏物語」をお楽しみいただけると思います。」
関連イベント 「チケット発売記念トークショー開催!
2003年11月3日(月・祝) 14:00開演
グランシップ 6階 交流ホール
入場無料(要事前申込)
出演:佐藤 信(作・演出)
    山口小夜子(人形デザイン)
    12代目結城孫三郎(結城座)
    3代目結城一糸(  〃  )
聞き手:山本 肇(グランシップ館長)
◆山口小夜子人形デザイン画の展示も同時開催」
公演期間 2005年7月22日・23日・24日
会場 世田谷パブリックシアター
作・演出・美術 佐藤信
人形美術・意匠 山口小夜子
出演 竹本素京(義太夫)、結城孫三郎、結城一糸、結城千恵、他 結城座、毬谷友子
チラシ
∴室伏良子さん、I・Mさん、C・Hさんより、情報のご提供をいただきました。

◇源氏物語加工文化データベース◇