◆「源氏物語殺人事件」 (「薫大将と匂の宮」改題)
著者 岡田鯱彦
発行 1957年
発行所 春陽堂書店 
発行 1972年
発行所 新典社
発行 1980年8月
発行所(文庫) 旺文社文庫
発行 1993年6月
発行所(叢書) 国書刊行会(「探偵クラブ」)
発行 2001年10月
発行所(文庫) 扶桑社文庫(「薫大将と匂の宮―昭和ミステリ秘宝」)    
扶桑社文庫
内容案内
「体から芳香を発する体質の薫大将と、香を焚く天才・匂の宮。二人の若者の恋の鞘当ての果てに起った殺人事件の驚くべき真相とは?未完に終った『源氏物語』の幻の続篇は、紫式部と清少納言が推理合戦をくりひろげる世界最古の探偵小説であった!仰天の贋作・源氏物語『薫大将と匂の宮』の他、「新釈雨月物語」シリーズ等、単行本未収録作品七篇を含む十一短篇を同時収録!国文学の教授でもあった鬼才・岡田鯱彦がものしたユニークな時代ミステリの集大成!」
扶桑社文庫
目次
薫大将と匂の宮
妖奇の鯉魚
菊花の約
吉備津の釜
浅茅が宿
青頭巾
竹取物語
変身術
異説浅草寺縁起
艶説清少納言
コイの味
「六条の御息所」誕生
旺文社文庫
目次
源氏物語殺人事件
前書   一千年前の探偵小説
第一章 宇治の川霧
第二章 浮舟の変死
第三章 薫大将の苦悩
第四章 中君の変死
第五章 匂いの秘密
第六章 死霊の陳述
第七章 第三の犠牲
第八章 凶器の発見
第九章 清少納言の挑戦
第十章 薫大将の語る真実
第十一章 宇治橋の『三の間』
第十二章 覆る真相
第十三章 矛盾の追及
第十四章 薫る夜霧

妖奇の鯉魚 
旺文社文庫カバー(山野辺進)
 「源氏物語夕顔殺人事件」
著者 古川薫 
発行 1983年
発行所 新潮社
 「光源氏殺人事件」 
著者 皆川博子
発行 1985年6月
発行所(新書) 講談社ノベルズ
発行 1992年7月15日
発行所(文庫) 講談社文庫
文庫内容紹介 「藤谷建設の会長綾子は、夫の死後堅実に社業を担ってきた。先妻の子和正は畑違いの国文学者で、その年若い妻尚子は、一族の青年秋弘との罪の子を妊娠している。素知らぬ顔の和正は、秋弘に源氏物語に関する或る調査を命じるが、驚くべき秘密が判明しかかって・・・。愛執の悲劇を、王朝物語に託す推理長編」
講談社文庫カバー(宇野亜喜良)
 「源氏物語原典殺人事件」
著者 広山義慶
発行 1985年6月
発行所(新書) NON NOVEL(祥伝社)
著者のことば 『源氏物語』は謎の物語である。平安時代の昔、紫式部という天才女流作家によって書かれた恋愛小説、というのが定説であるが、恋愛小説にしてはあまりにもおどろおどろしい。もののけ(傍点)が登場して、光源氏の恋人や妻を取り殺したりしている。/この時代、世の中には陰陽道が大流行して、朝廷の政治も、儀式や式典、あるいは人々の日常生活もすべて陰陽道に左右されていた。時代の産物である『源氏物語』も、未来を予知する学問として生まれた陰陽道と切り離しては語れない。この観点から見ると、『源氏物語』は、歴史の闇そのもののように、怨念に彩られて見えてくる。『源氏物語』は、まさしく呪われた書なのである。
新書内容紹介 〈『源氏物語』の謎が、数々の惨劇を生んだ〉 京都の友人から古文書鑑定の依頼を受けた西島健一は、友人宅を訪ねるが、一家は惨殺され、古文書は何者かに奪われていた。そして、共に“源氏物語の謎特集”に取り組む週刊毎朝の井出が死んだ。一方、西島の後輩(ルポライター)の与田は、多発する若い女性の失踪事件を追っていたが、なぜか、能登で蒸発女性の一人と無理心中を遂げた。/西島は恋人杏子と事件の真相を追うが、やがて、何の関連もないと思われた三つの事件が、一つの流れにあることが判明する・・・。奇怪な連続死と女性蒸発事件の真相は? 源氏物語の謎とは何か?源氏の定説を覆す幻の巻〈輝く日の宮〉とは? 世界の古典『源氏物語』に財を採り、大胆な構想で繰り広げる伝奇推理の傑作!
カバー(村山潤一)
 「源氏物語人殺し絵巻」
著者 長尾誠夫
発行 1986年8月15日
発行所 文藝春秋
発行 1989年
発行所(文庫) 文春文庫
目次 序(桐壺)
夕顔
藤壺


とわずがたり
須磨
花宴
帯コピー表 第4回サントリーミステリー大賞/読者賞受賞作/紫式部が目撃した奇怪な連続殺人事件の謎
帯コピー裏 卓抜なストーリーと意表をつくその結末。光源氏の生母・桐壺の怪死に端を発した源氏物語人殺し絵巻―。
受賞 〈第4回サントリーミステリー大賞〉読者賞
カバー(玉井ヒロテル)
 「紫式部殺人事件」
著者 山村美紗
発行 1987年5月
発行所(新書) C・NOVELS(中央公論社)
発行 1989年7月
発行所(文庫) 中公文庫
発行 1998年1月25日
発行所(文庫) 角川文庫
文庫内容紹介 「京都の名門十條家の若い当主が、交通事故を装って殺された。しかも、その通夜、十條家の倉から出火、混乱に乗じて貴重な古文書が盗まれてしまった! 大学で国文学を専攻する六角香子は、この事件がきっかけで、亡父と十條家の関係を知り、三年前の父の事故死に、あらためて疑惑を抱く。そして、紛失した紫式部の資料に秘められた謎を探ろうとする香子の前には、新たな事件が待ちうけているのだった・・・。雅やかな王朝文学の世界を舞台に、ミステリー界の女王が放つ、華麗なる推理絵巻!本格長編ミステリー」
角川文庫カバー(深井国)
∴「婦人公論」1986年1月〜12月まで連載。
 「翔んでる源氏」
著者 胡桃沢耕史
発行 1989年6月
発行所(新書) 角川書店
発行 1992年1月25日
発行所(文庫) 角川文庫
文庫内容紹介 「きらきらと華やかな平安の宮廷。でもそこでは、男女の秘め事、女の嫉妬、出世争いが渦巻いて、とても平穏とはいかなかったようで・・・。/宮廷一のプレイボーイ光源氏は、なんといっても当代随一のスター。憂いを帯びたお顔と、長く伸びた白い指で、次々に娘とお戯れになる。今日も、新しい姫の部屋の前で「実はお前だけが私の愛する女なのだ」と甘いお言葉。知っている人が聞けば吹きだしてしまうような大嘘なのですが・・・。それでも、彼は娘たちの憧れの的。「源氏物語」の裏話を明かした大傑作、平安推理絵巻!」
カバー(灘本唯人)
∴「月刊カドカワ」に連載、1988年5月〜1989年4月。
 「「紫の女(むらさきのひと)」殺人事件」
著者 内田康夫
発行 1991年10月
発行所 徳間書店
発行 1995年9月15日
発行所(文庫) 徳間文庫
文庫内容紹介 「熱海市・網代の作家・内田康夫の仕事場に、浅見光彦が訪ねてきた。二人で近くの[月照庵]へお茶に行くと、品のいい和服の女性に姪を助けて欲しいと頼まれた。熱海の和菓子店[芳華堂]の娘がその姪で、父母がワインで毒殺され、自分も一度死にかかった、という。その幽体離脱体験(?)で、犯人の後ろ姿を見たというが、警察は自殺として信じてくれない。事件の源、京都・宇治へと、浅見はソアラを駆る・・・」
徳間文庫カバー(中原脩)
 「赤かぶ検事奮戦記23 嵯峨野光源氏の里殺人事件」
著者 和久俊三
発行 1992年1月25日
発行所(文庫) 角川文庫
文庫内容紹介 「久々の休暇にかみさん連れで京都旅行へ出かけた赤かぶ検事。だが事件は旅先まで迫ってくる。保津川下りを楽しむ赤かぶ検事の眼前で、若き美女が惨殺された。クロスボーの矢で射抜かれて絶命したのだ。京都府警に協力して捜査に乗り出した赤かぶ検事を嘲笑うかのような連続殺人。現代の光源氏とあだ名されるプレイボーイをめぐって、美女が次々と殺されていく。はたして嫉妬か恩讐か。源氏物語ゆかりの京都嵯峨野に妖気が漂う。巧妙に仕組まれたトリックを見破ることができるか! 人気シリーズ緊迫の長編書き下ろし」
角川文庫カバー(山下秀男)
 「赤かぶ検事奮戦記36 光源氏「隠れ遊びの里」殺人事件」
著者 和久俊三
発行 1993年3月
発行所 学習研究社フェミナノベルズ
発行 1996年3月25日
発行所(文庫) 角川文庫
文庫内容紹介 「「京都に着いたら、落葉神社に行け」。新幹線の車中で身に覚えのない電話を受けた小野里世子は、夫ともに面白半分で『源氏物語』の伝説のある同神社に向かう。しかしそこで、三人の暴漢に襲われ、気絶した里世子が気がついた時、夫の姿はなく、針の刺さった藁人形が残されていた。やがて身の代金要求の連絡が入ったが、犯人の一人が殺された。事件を追う行天燎子警部補と赤かぶ検事の前に明らかになっていくのは、『源氏物語』にも似た男女の恋模様・・・。美しい京都の秋を舞台に展開される奇怪な事件の顛末は!?」
角川文庫カバー(山下秀男)
 「殺人源氏物語」
著者 斎藤栄
発行 1995年
発行所(新書) カッパ・ノベルス(光文社)
発行 1998年
発行所(文庫) 光文社文庫
 「GEN 『源氏物語』秘録」
著者 井沢元彦
発行 1995年10月27日
発行所 角川書店
装幀 安彦勝博
発行 1998年10月25日
発行所(文庫) 角川文庫
文庫内容紹介 「国文学者・折口信夫のもとに、一通の手紙が届いた。差出人の貴宮多鶴子によると、貴宮家に代々伝わる『源氏物語』は、従来の五十四帖のものと異なり、十七帖しかないという。これは『源氏物語』の原型といわれる『原・源氏物語』なのか?折口の指示により貴宮家に出向いた若き国文学徒・角川源義は、源氏千年の歴史に、日本国家を揺るがす驚愕の事実が隠されていることを知る!/−『源氏物語』多作者説を裏付ける『原・源氏物語』の存在をめぐり交錯する謎を、独自の視点と卓越した想像力で解明した、長編歴史ミステリー」
カバー
 「あんみつ検事の捜査ファイル 夢の浮橋殺人事件」
著者 和久峻三
発行 1998年11月25日
発行所(文庫) 集英社文庫
文庫内容紹介 「早朝、宇治橋の川原で首を切断された男性の死体とその傍らに出刃包丁を持って立ち尽くす女性が発見され た。男は奥村卓夫、女は松浦真由美。京都検察庁に転勤したばかりの検事風巻やよいは石橋警部補らの協力を受けながら公判に臨む。第一発見者の宮垣の証言、真由美の妹夫婦の死体発見、証言者が現われるたび に深まる謎。源氏物語「宇治十帖」を背景に、ニューフェース「あんみつ検事」が出廷。待望の書き下ろし」
集英社文庫カバー(加藤孝雄)
 「京都鞍馬火祭りの里殺人事件 赤かぶ検事シリーズ」
著者 和久峻三
発行 2001年3月15日
発行所(文庫) 講談社文庫
文庫内容紹介 「赤かぶの娘が誘拐された!苦悩の捜索行と名推理 相次ぐ失踪、殺人……不可解事件を解くキーワードは「源氏物語」!?赤かぶ検事の娘、柊葉子弁護士が京都で誘拐され、葉子に離婚相談を依頼した女性も鞍馬山中で殺されていた。さらにその夫と愛人が行方不明になり、連続殺人へ発展する。「源氏物語」に由来する不可解な事件の数々。娘の安否を気づかう赤かぶは苦悩のなかで必死の捜索と事件解明に挑む。他に短編1編を収録。」
カバー
 「千年の黙(しじま) 異本源氏物語」
著者 森谷明子
発行 2003年10月15日
発行所 東京創元社
装画 朝倉めぐみ
装幀 緒方修一
受賞 第13回鮎川哲也賞受賞
帯コピー(表) 「帝ご寵愛の猫、幻の巻「かかやく日の宮」−ふたつの消失事件に紫式部が挑む!」、「平安時代を舞台にした絢爛たる本格ミステリ」、「第13回鮎川哲也賞受賞作」
帯コピー(裏) 「あの物語には散逸した部分があるのではなかろうか−」、「『源氏物語』が千年ものあいだ抱え続ける謎のひとつ、幻の巻「かかやく日の宮」−この巻はなぜ消え去ったのか?紫式部を通し、新鋭が壮大な謎に挑む。平安の世に生きる女性たち、そして彼女たちを取り巻く謎とその解決を鮮やかに描いた、絢爛たる王朝推理絵巻。」
目次 第一部 上にさぶらふ御猫 (長保元年)
第二部 かかやく日の宮 (寛弘二年)
第三部 雲隠 (長和二年−寛仁四年)
 付記

 第十三回鮎川哲也賞選考経過
 選評 笠井潔
 選評 島田荘司
カバー・帯

             

◇源氏物語加工文化データベース◇