キュートカップル 世界のラブストーリー  カバヤ食品
フィギィア付きチョコレート菓子、キティとダニエルのシリーズ「CuteCouple世界のラブストーリー」。「紫上」と「光源氏」。他に、ジュリエットとロミオ、おり姫とひこ星、シンデレラと王子、ジャスミンとアラジン、シークレット1組の全12種類。箱の内側の記載:「源氏物語 一目惚れ?とある日暮れ時、光源氏は垣根からこっそりと寺の中を覗いてみたところ、尼君がお経を読んでいました。そこに山吹色の着物を着た女の子がやってきました。光源氏は「この子が大きくなったらどんなに美しいだろう」と思いました。これが光源氏と紫上になる女の子の初めての出会いでした」。
パッケージ(上)パッケージ(下)
 寿三郎と遊ぶ人形展 寿三郎新作源氏絵巻縁起から江戸御所人形まで 
会場:日本橋三越本店7階ギャラリー。2001年5月13日まで。入場料:一般・大学生700円、高校・中学生500円。
主催:産経新聞社、企画協力:檜書店、監修:辻村寿三郎。
 真多呂源氏 手作りの会  ソニー・ファミリー・クラブ

「朝日新聞」2001年5月13日日曜版の記載―
「今甦る華麗なる王朝絵巻/千年の時を越えて愛され続ける、「源氏物語」の雅やかな世界を手づくりで楽しむ十ヶ月(ビデオ教本付)」、「二世真多呂がこの講座のために特別に制作した木目込人形をあなた自身で作ってみませんか」、「真多呂人形独自の現代木目込をやさしく丁寧に伝授する画期的な講座です」、「手づくりの楽しさを追求した充実の教材と、初めてでも安心のカリキュラムをご用意」、「作品検定合格後は、教授資格獲得をめざす「師範科コース」に進むことも可能です」。
 第1回/若紫 第2回/藤壺の宮 第3回/薫 第4回/玉鬘 第5回/光源氏 第6回/空蝉 第7回/夕霧 第8回/明石の君 第9回/夕顔 第10回/葵の上
教材費/毎回 9,980円。
「朝日新聞」 2001年5月13日日曜版全面広告(部分)

 みかわ工房の雛人形作品 源氏シリーズ  http://www.coara.or.jp/~hina/hina.html
「みかわ工房」のウェブサイトの記載―
「みかわ工房は、私(藤原了児)が20数年前に九州の大分において始めた土による雛人形の工房です。始めた当初は、土の人形だけの制作でしたが、個展を重ねていく中で「日本の遊び」を見直す事が多くなり、素材や種類も広がって、現在の「源氏物語シリーズ」になりました。また、展示会場は、地域のギャラリー(東京、金沢、岐阜、広島、愛媛、福岡、湯布院)が展開の主となっています。もちろん、ホームページ上での販売も可能です」。
∴大泉佳子さんより、情報のご提供をいただきました。
 近藤洋子・創作和紙人形で綴る源氏物語の世界 源氏物語絵巻展 紫式部「源氏物語」執筆千年紀
開催日:2001年1月2日〜8日、会場:銀座松坂屋7階催事場、入場料:一般600円、大学・高校・中学生400円、主催:源氏物語絵巻展実行委員会、協力:とらや、企画協力:講談社。
広告宣伝文―
「人形三百体による壮大な感動 今よみがえる千年の夢・・・」、「世界に誇る日本古典文学「源氏物語」。この物語に魅せられた和紙人形作家・近藤洋子による創作和紙人形三百余体で春夏秋冬の季節感あふれる壮大な物語を一堂に展覧します。さらに、歌人・俵万智が現代語に訳しかえた「源氏物語」の”恋”の歌、特別出展の王朝絵巻の屏風や和菓子も展示。源氏物語の新たな魅力をご紹介していきます」。
 源氏物語とシェークスピア劇の世界展―中西京子和紙人形の夢空間
開催日:1999年9月15日〜28日、会場:日本橋高島屋。「創作市場」14号(1999年10月発行、マリア書房)を参照。
∴室伏良子さんより、資料のご提供をいただきました。
「藤壺」(「創作市場」No.14,1999.10.1.p.74)
 和紙人形を作る 伊藤叡香著
2002年6月29日発行。発行所、エヌ・ピー・シー。定価、1800円。「光源氏」「紅葉賀」をモチーフとした、伊藤叡香作による和紙人形の写真を掲載。
 ホリ・ヒロシ 源氏物語 人形絵巻展
開催日:2003年6月27日(金)〜7月4日(金) 10:00a.m.〜6:00p.m.(最終日は4:00p.m.)、会場:京王プラザホテル 南館ロビー グレースルーム、料金:1,000円。
 内海清美 源氏物語館
ペンタくん多摩センター店7階に2003年2月22日開館。入館料:一般800円、小・中学生400円。
チラシ
 風俗博物館限定 光の君 リカちゃん http://www.iz2.or.jp/
「風俗博物館」のウェブサイトから―
この度、風俗博物館ではリカちゃんキーホルダー「光の君 リカちゃん」を発売します!リカちゃんは「冠直衣」姿。公卿が着ていた日常着「直衣」の冬の姿です。今回は特別に、この袍(直衣)の下に着る衵を 袴(指貫)の中に入れず外に出し、袍の下から覗かせる「出衣」の姿としました。さらに、中納言以上が勅許を得て この直衣のままで宮中に参内した時の姿にならい、頭には烏帽子でなく、冠を付けています。(※冠直衣)
2004年3月15日発売です。現定数となっておりまますので、どうぞお早めに!!販売場所:風俗博物館、岩神楽ホール 販売価格:税込み ¥1,000
∴塩見優さんより、情報のご提供をいただきました。

◇源氏物語加工文化データベース◇