石踊達哉「源氏物語」リトグラフ 「秋の響」「野分」
「秋の響」 宿木の帖より。「庭のすすきの穂が夕風になびいて、しみじみとした気分にさせる頃、匂宮は琵琶を弾いて中の君のつれづれを慰める。薫と中の君の間を疑っている匂宮はせつない気持ちながら、中の君に筝の琴を弾いて自分と合奏するように求める。一方、中の君は匂宮が六の君のところへも通っていることを恨みながら琴を弾く」。
号数 10号
限定 140部(サイン・印・番号入り)
発売 1998年3月
発売元 講談社
定価 本体:23万円
画面サイズ 530×410ミリ
用紙サイズ 660×550ミリ
額縁寸法 740×630ミリ
版数(及び刷数) 30版30色以上
用紙 ベランアルシェ250g/m2
工房 フジグラフィックス
「野分」 野分の帖より。「紫の上の御殿には美しい秋の花が目をうばうように咲いている。そんなある秋の日、野分が荒々しく、花も枝もちぎれるように吹き乱れる。紫の上が端近くで心配そうに庭の秋草を眺めておられるのを垣間みてしまう夕霧。この後、紫の上の美しさをひそやかに恋い慕うようになる。/野分とは野の草を分けて吹く激しい嵐のこと。台風」。
号数 10号
限定 140部(サイン・印・番号入り)
発売 1998年3月
発売元 講談社
定価 本体:23万円(税別)
画面サイズ 530×410ミリ
用紙サイズ 660×550ミリ
額縁寸法 740×630ミリ
版数(及び刷数) 30版30色以上
用紙 ベランアルシェ250g/m2
工房 フジグラフィックス
∴講談社創業90周年記念 瀬戸内寂聴訳「源氏物語」関連出版物 総合内容案内 参照。
 特製「あさきゆめみし」リトグラフ
「百花の王」 1点 
限定 100部(サイン・番号入り)
発売 2001年8月
発売元 講談社
価格 22万円(税別)
外寸 420×600ミリ(リトグラフは原画原寸)
額縁寸法 600×770ミリ(作品額装済み・木製フレーム)
前面 アクリル/マット/裏板/展示用金具/紐つき
用紙 BFK
製作 大和和紀/フジグラフィックス
∴リトグラフの完成を記念して「あさきゆめみし」原画展が、2001年8月1日〜13日・神戸阪急、8月22日〜9月4日・有楽町阪急で催された。8月1日「愛華みれ・大和和紀トークショー」、8月1日・25日「大和和紀サイン会」が企画され、会場ではリトグラフの「先行販売」が行われた。

◇源氏物語加工文化データベース◇