源氏の香り 十二ヶ月 香炉コレクション 

インペリアル・エンタープライズ、通信販売、1点9800円。
「朝日新聞 日曜版」1999年9月26日、1面、カラーの宣伝広告には、「平安王朝文化を継承する冷泉家夫人の監修による、典雅な香炉コレクションが誕生しました」、「貴人たちの雅びな装束に焚きしめられた香のゆかしさ・・・。「源氏物語」には、ゆかしい日本の香りの文化が描かれ今に伝えられています。このたび、「源氏物語」を優雅に彩る十二ヶ月の風物をゆかしい香炉に表現した、限定版美術コレクションが誕生しました。『源氏の香り 十二ヶ月』香炉コレクションは、平安時代の典雅な習わしを今に伝える冷泉家14代夫人、冷泉布美子氏の監修のもとに、著名な陶芸作家、松本佳久氏が創作。蹴鞠、貝合わせ、扇、・・・全十二点の香炉は、典雅な花鳥風月をかたどった”形物”の高級陶器作品です。十二の香炉は、優しく上品な肌合いが特徴の粟田の生地を用いて、見事に形づくられました。さらに、手彩色や贅沢な本金手塗り仕上げがほどこかされ、華やかな趣がいっそう際立ちます。一点一点に、作家の落款入り。価格は一点につき九八〇〇円(発送手数料・消費税別)。香炉は、香立と源氏の香りの「お香」を添えて、毎月一点ずつお届けしますので、お届けしたその日からお気軽に香りをお楽しみいただけます。『源氏の香り 十二ヶ月』香炉コレクションのお求めは、お電話か予約申込書でどうぞ」。
 1月:鶯「初音」
 2月:蹴鞠「梅枝」 
 3月:貝合わせ「花の宴」 
 4月:手箱「藤裏葉」 
 5月:冠「葵」
 6月:御所車「葵」 
 7月:虫籠「蛍」 
 8月:扇「夕顔」 
 9月:和琴「横笛」 
10月:東屋「浮舟」
11月:紅葉舟「総角」 
12月:鴛鴦「朝顔」

◇源氏物語加工文化データベース◇