山元冬弓 みやび展
■開催日 1995年1月11日〜23日
1996年1月10日〜22日
1997年9月 3日〜15日
2001年1月10日〜16日
会場 小田急新宿店別館〈ハルク〉7階=工芸品売場(工芸サロン)
■開催日 2002年1月
会場 吉祥寺・三越
案内文 「枕草子」や「源氏物語」などの女流文学が花開いてから、およそ1000年の時が流れました。そして今、私達の心の中に折にふれ清少納言や紫式部と同じ思いが息づいているのを見い出します。/山元冬弓 (2001年1月開催のみやび展案内)
展示販売品 貝合(源氏物語「鈴虫」「よこぶえ」「絵合」より)
貝合(紫式部 百人一首より) 
菊置上蛤香合写(金箔)
源氏物語「竹河」―風炉先びょうぶ
紫式部(白描)
女房(白描)
色紙(ひな)
京扇子(桜・百人一首、その他)
手描百人一首(400,000円)
源氏物語折本(50,000円)
百人一首散らしびょうぶ(80,000円)
左義長羽子板(大50,000円、小30,000円)
歌仙びょうぶ(150,000円)
女房六歌仙風炉先びょうぶ(200,000円)
檜扇(200,000円)
百人一首壁掛(6,000円)
琴板(6,000円)
寸松庵色紙(6,000円)
硯びょう(60,000円)
絹張びょうぶ(400,000円)
けやき板絵(30,000円)
∴山元冬弓さんより、資料のご提供をいただきました。
 「かたちのなかの源氏物語」
 掲載紙 京都新聞
 掲載期間 1999年11月3日連載開始(毎週水曜日掲載) 2000年11月8日連載終了
 編集委員 林恭子
 注 佐々木悦子 佐藤芳江
 題字 梶幸
『京都新聞』(1999・11・3)
∴「一 桐壺」から「五十四 夢浮橋」まで連載。源氏物語54帖の各巻をおって、物語をテーマにした絵画や工芸品を全てカラー写真で紹介。
∴A・Kさんより、資料のご提供をいただきました。

◇源氏物語加工文化データベース◇