80円郵便切手 http://www.people.or.jp/%7Eyamauchi-sr/takehukouenn.htm
意匠 紫式部と日野山  印面寸法 縦33.0mm ・横22.5mm 版式刷色 オフセット5色 シート構成 20枚(縦4枚 横5枚) 発行数 574万枚 発行日 平成8年6月24日(月) 原画作者 加藤 進(日本画家)
 ふみカード(500円・3種)http://www.fsinet.or.jp/%7Ekitte/96html/96furu/960624f1.html

意匠 紫式部と菊の花・夕景の京町通り・紫式部公園と日野山(越前富士)台紙寸法 A4版 セット内容 ふみカード(500円)3枚 ふるさと切手(80円)2枚 発売部数 1000部 発売日 平成11年 10月20日 販売価格 1部1660円 武生市のPRのために作成された切手とふみカード。武生市のウェブサイトには以下のようにある。「武生 市には、かつて越前国府の置かれていたところで、「源氏物語」の作者として有名な紫式部が、生涯でたっ た一度だけ都を離れて若き日の一時期を過ごした地としても知られています。市内には、紫式部公園や 紫式部像、歌碑などがあるほか、昭和63年から毎年10月「源氏物語アカデミー」が開催されており、全国 から源氏物語愛好家の方々が多く集まっています。平成8年(1996)は、紫式部が父越前守藤原為時とと もに武生に来てからちょうど千年を迎えることから、越前国府への旅の再現など武生市を中心にさまざま な催しがおこなわれました。切手の意匠は、紫式部公園から眺めた日野山を背景に若き日の紫式部をイ メージして描いています」。
 紫式部公園にある紫式部像の詳細は以下の通り。作者 圓鍔勝三(文化勲章受章・文化功労者・日本芸術院会員) 設置1986年、所在地 福井県武生市紫式部公園、素材 青銅鋳物、表面処理金箔仕上、サイズ W7620mm H5100mm D2000mm 。
∴稲本万里子さんより、ご紹介いただきました。

 10円郵便切手
意匠:徳川美術館蔵源氏物語絵巻 宿木(三)。発行:1964年。シート構成:10枚。
∴吉田あきさんより、資料のご提供をいただきました。
 80円・120円郵便切手
意匠:80円=徳川美術館蔵源氏物語絵巻 宿木(一)。120円=徳川美術館蔵源氏物語絵巻 竹河(二)。発行:1989年。
国際文通週間に発行された切手。

◇源氏物語加工文化データベース◇