千年の恋 源氏物語のヒロインたち 
開催日:1997年2月24日〜3月2日
会場:赤坂プリンスホテル・クリスタルパレス
主催:光源氏事務局

パンフレット:「恋する時のせつなさやときめきは、今も雅な平安の昔も変わりありません。絵心や遊び心にあふれた表現の達人たちが、源氏物語のヒロインのイメージを着物にデザインし、照明、美術品、テーブルコーディネートで部屋をつくります」。
代表○白洲正子
監修○大野晋
企画総合プロデューサー○川村佐代子 
構成○四方義朗 
演出○川瀬敏郎 
会場プラン○加藤ゑみ子 
会場音楽○河野保人(ツイスター奏者/『千年の恋』作曲・演奏 
着物制作○千總、あーとにしむら 
協賛スポンサー○アサヒビール、出光美術館、インターナショナル・パシフィック大学、NEC、王子製紙、オンワード樫山、ガレリア・プロパ、川村織物ほか、全28社。
展示された作品とデザイナーは以下の通り。肩書きはチケットを参照。
夕顔 白洲正子
藤壺・六条御息所 植田いつ子(服飾デザイナー) 
空蝉 伊集院静(小説家)
花散里 松本忠子(料理研究家)
藤壺・末摘花 きよ彦(着物作家)
若紫 工藤静香(歌手)
朝顔の姫君 玉村豊男(エッセイスト)
女三の宮 奥田瑛二(俳優)
朧月夜・浮舟 岸田夏子(画家)
紫の上・玉鬘 大和和紀
朧月夜 林真理子(小説家)
紫の上 島田恭子(陶芸家)
源典侍 大野晋(学習院大学名誉教授) 
明石の君 芳村真理(司会者)
浮舟 内館牧子(小説家) 
 期間中は午前11時と2時の二回、大野晋をホストに、着物出展者とのトークが行われ、ヒロインを選んだ理由、登場人物の性格や当時の暮らしぶりなどについて語った。それぞれの展示ブース前にはアルバイトの女子学生が立ち、源氏物語や女君について、観客の質問に答えた。入場料は3500円。
 源氏物語のきもの 草乃しずかの日本刺繍
「家庭画報」(2000年1月号、世界文化社)。 「源氏物語のきもの 草乃しずかの日本刺繍から」と題し、カラー8頁で特集。モデルは、高橋恵子と鳥居かほり。日本刺繍作家草乃しずかによる、源氏物語をモチーフとした作品、きもの6点、几帳2点を紹介。着物は、「玉鬘」「女三宮」「浮舟」「朧月夜」「若紫」「空蝉」。几帳は、「藤壺」「明石」。繧繝の染めと刺繍。近藤富枝の「美しいことを何よりも大切にした『源氏物語』の男君、女君」と題した文章を併せて掲載。
 草乃しずか刺繍展−桜浪漫万葉から源氏物語−二〇〇〇年いにしえの時空を超えて
上記、草乃しずかの個展。開催日:2000年1月3日〜1月17日、会場:東京・松屋銀座八階大催場 入場料:900円
 源氏デザインの着物
「二條院」に詳細情報 http://www1.ocn.ne.jp/~nijyo/index.htm
 源氏物語 花宴 京都きもの友禅
京都きもの友禅。東証二部株式上場記念チラシより http://www.kyotokimonoyuzen.co.jp

◇源氏物語加工文化データベース◇