◎「団菊祭五月大歌舞伎 歌舞伎座筋書」(歌舞伎座、2000年5月3日発行)掲載の「上演記録」に、歌舞伎座以外の公演(初演)を増補。
なお上記の上演記録に記されている昭和29年公演の「幻六」は、当時の歌舞伎座筋書を参照し、「幻」に訂正した。
昭和
26・3
歌舞伎座 光君・海老蔵(9) 舟橋聖一脚色、谷崎潤一郎監修、久保田万太郎演出 3時間58分
桐壺の巻/空蝉の巻/夕顔の巻/若紫の巻/紅葉賀の巻/賢木の巻 
昭和
26・10
歌舞伎座 光君・海老蔵(9) 舟橋聖一脚色、谷崎潤一郎監修、久保田万太郎演出 4時間51分
桐壺の巻(上)/桐壺の巻(下)/夕顔の巻/若紫の巻/紅葉賀の巻/賢木の巻/須磨明石の巻
昭和
26・11
大阪
歌舞伎座
光君・寿海(3) 舟橋聖一脚色、谷崎潤一郎監修、久保田万太郎演出 4時間59分
桐壺の巻(上)/桐壺の巻(下)/夕顔の巻/若紫の巻/紅葉賀の巻/賢木の巻/須磨明石の巻
昭和
27・5〜6
歌舞伎座 光君・海老蔵(9) 舟橋聖一脚色、谷崎潤一郎監修、池田亀鑑講修、久保田万太郎演出 4時間20分
絵合せの巻/薄雲の巻/乙女の巻/玉鬘の巻/胡蝶の巻/蛍の巻/真木柱の巻/篝火の巻
昭和
29・5〜6
歌舞伎座 光君・海老蔵(9) 舟橋聖一劇化、池田亀鑑講修、谷崎潤一郎監修、久保田万太郎演出、吉川義雄演出 1時間53分
〈5月〉若菜上/若菜下/柏木/横笛/幻
〈6月〉若菜上/若菜下/柏木/幻
昭和
32・5〜6
歌舞伎座 光君・海老蔵(9) 舟橋聖一劇化、谷崎潤一郎監修、久保田万太郎演出、吉川義雄演出 4時間31分
桐壺之巻(上)/典侍密奏/桐壺之巻(下)/夕顔之巻/若紫之巻/紅葉賀之巻/賢木之巻
昭和
39・3
歌舞伎座 光君・團十郎(11) 舟橋聖一脚色、谷崎潤一郎監修、今日出海演出、金沢康隆演出 4時間05分
桐壺の巻/空蝉の巻/夕顔の巻/若紫の巻/紅葉賀の巻/賢木の巻
昭和
45・2
歌舞伎座 光君・海老蔵(10) 舟橋聖一作、今日出海演出、巌谷槇一演出 3時間50分
桐壺の巻より 賢木の巻より
昭和
49・4
歌舞伎座 光君・海老蔵(10)
朧月夜かんの君・菊五郎
朱雀院・吉右衛門
舟橋聖一作、今日出海演出、北條誠演出補、「朧月夜かんの君」 3時間30分
花の宴/弘徽殿の細殿/清涼殿/かんの君の部屋/元の清涼殿/同清涼殿/深草の里/宇治川
昭和
50・5
歌舞伎座 光君・勘三郎(17)
六条御息所・歌右衛門
円地文子作、戌井市郎演出 3時間36分
賀茂堤/六條の宮/元の六條宮/一條大路葵祭の日/葵の上の寝所/北山茲恵師の僧房の一部/嵯峨野の宮
昭和
58・5
歌舞伎座 光君・海老蔵(10) 舟橋聖一作、今日出海演出、戌井市郎演出 4時間04分
桐壺の巻/夕顔の巻/若紫の巻/紅葉賀の巻/賢木の巻
平成
元年・2
歌舞伎座 光君・團十郎 舟橋聖一作「源氏物語」より、田中青滋作、藤間勘十郎振付、「源氏物語絵巻」 1時間04分
南殿の桜/宮中宿直/藤壺の女御入内/六條息所邸/賀茂斎院御禊の行列/女三の宮お住まい/柏木の墓所
平成
7・9
歌舞伎座 光君・梅玉
夕顔・福助
萩原雪夫作 「夕顔の巻」、藤間勘十郎振付 38分
平成
12・5
歌舞伎座 光君・新之助
紫の上・菊之助
頭中将・辰之助
藤壺・玉三郎
瀬戸内寂聴訳、大藪郁子脚本、戌井市郎演出、寺崎裕則演出 4時間42分
6幕
平成
13・5
歌舞伎座 光君・新之助
紫の上・菊之助
頭中将・辰之助
瀬戸内寂聴訳・脚本、戌井市郎演出、寺崎裕則演出 
須磨の巻/明石の巻/京の巻
平成
16
御園座 光の君・海老蔵
頭中将・松緑
朧月夜の君・菊之助
瀬戸内寂聴訳・脚本、戌井市郎演出、寺崎裕則演出
3幕 藤壺の巻/葵・六条御息所の巻/朧月夜の巻
詳細データについては、公演年月日をクリックしてください。
∴北條里奈さんから資料のご提供をいただきました。
∴平成12年・13年公演の観劇レポートが「二條院」にあります。http://www1.ocn.ne.jp/~nijyo/index.htm

◇源氏物語加工文化データベース◇