「少年少女日本名作物語全集4 源氏物語」
発行 1959(昭和34)年
∴詳細は「講談社青い鳥文庫 源氏物語」の欄を参照下さい。
 「古典文学全集4 源氏物語」
発行 1965(昭和40)年6月
発行所 ポプラ社
編著者 塩田良平
装丁/挿絵 新井五郎
カット 難波淳郎
「はしがき」より 「『源氏物語』は光源氏という貴公子の一生と、その子薫の君の半生とを物語風に書きつづったものですが、おもに男女の愛情生活が中心になっておりますので、かならずしも児童に適切な文学とはいえません」、「私はこの『源氏物語』をやさしい言葉に書きあらためる前に、まずこの感動をすなおに伝えることを第一と考えました。それには中に書かれてあることが、児童にも納得され、感動され、かつ童心も傷つけられないようなことがらを選ぶことに注意しました。そしてそのうえ、この物語の精神が理解されるような説明方法をとりました」
表紙
 「少女世界文学全集 源氏物語」
発行 1971(昭和46)年
発行所 偕成社
訳者 福田清人
∴吉井美弥子氏「なぜ『源氏』なのか」(「源氏研究」第6号、2001年4月、翰林書房)参照。
 「日本の古典文学5 源氏物語 更級日記」
発行 1975(昭和50)年3月
発行所 さ・え・ら書房
著者 秋山虔
装丁 新井五郎
∴「この本を読まれるみなさんへ」より:「なお、この本をみなさんにおおくりすることができたのは、友人の宮本正義君のお力ぞえによるものです。宮本君は、日本の古典文学の研究家であるとともに詩人としても活躍しておられます。私は、「源氏物語」や「更級日記」を、どうしたらみなさんに、正しく、またおもしろくお伝えできるだろうか、ということについて、宮本君と何度も何度も話しあいました。その結果、私どもはこの本をかきあげることができたのだということをここにつけ加えておきたいと思います。」
表紙
 「源氏物語1・2」
発行 1:1988(昭和63)年5月1日、2:1988年10月1日
発行所 表現社
編集 ささきようこ
さし絵 駒原みのり
∴和綴じ造本の小型絵本。1巻は桐壺〜藤裏葉、2巻は、1巻のあらすじと若菜上〜浮舟。
 「少年少女古典文学館5/6 源氏物語 上/下」
発行 上:1992(平成4)年12月、下:1993(平成5)年1月
発行所 講談社
著者 瀬戸内寂聴
挿絵 天野喜孝
本文コラム 中野幸一/小山清文/福家俊幸
カバー・帯(上巻)
 「講談社青い鳥文庫 源氏物語」
発行 1995(平成7)年4月
発行所 講談社
高木卓
挿絵 松室加世子
解説 麻生磯次
「はじめに」より 「この物語は、人間の愛のいろいろなすがた、愛ゆえのよろこびやなやみ、およそ人間がこの世に生きていくうえのあらゆる愛情のすがたを、当時の貴族社会の背景もろとも、このうえなく美しく、それもしみじみとした美しさで、えがきだしているのです。/もちろん、少年少女のみなさんには、恋愛のことは、まだふかくはわからないでしょう。それでいいのです。しかし、それなら恋愛を大きな要素としている「源氏物語」は、みなさんには 縁もうすく、おもしろくないかといえば、けっしてそういうことはありません」
カバー
∴1959(昭和34)年刊行の「少年少女日本名作物語全集」第4巻の新版。
 「親子で楽しむ歴史と古典3 光源氏の君」
発行 1996(平成8)年5月10日
発行所 勉誠社
弥谷まゆ美
久保田華光
帯コピー 「知と創造の宝庫へご招待!/祖先たちのひたむきな生きざま、古典を楽しく味わい、歴史の事実を正確に知る。/豊かな人生を開く鍵をあなたに」
カバー・帯
∴親子で楽しむ歴史と古典第1期11冊の構成:@ヤマトタケルAかぐや姫B光源氏の君C鬼と天狗のものがたりDこぶとり爺さんE弓の名人為朝F鉢かづき 酒呑童子G太閤秀吉H関ヶ原の戦いI大岡裁きJ亡霊
 「講談社青い鳥文庫 お局さまは名探偵!紫式部と清少納言とタイムスリップ探偵団」
発行 2003年6月15日
発行所 講談社
著者 楠木誠一郎
挿絵 村田四郎
内容紹介 「宮廷でおこる連続殺人 第3弾は本格推理だ!!ちょっときつめのオネエサン、清少納言の名推理!!容疑者は紫式部!?京都にやってきた拓哉・亮平・香里のタイムスリップ探偵団。そこで香里がひとりで平安時代にタイムスリップ! とほうにくれる香里を助けてくれたのは、なんと清少納言だった……。宮廷でおこる連続殺人事件に挑む清少納言。かぎをにぎるのは和歌にかくされた謎の暗号。うかびあがる容疑者は、なんと紫式部!?豪華けんらんな宮廷を舞台に、清少納言の推理がさえる。第3弾は本格推理だ!!」
カバー・帯

◇源氏物語加工文化データベース◇