「嵯峨御流 花の源氏五十四帖」
発行 1995年4月20日
発行所 同朋舎出版
編者 嵯峨御流華道総司所
価格 5000円
帯コピー(表) 「本邦初の試み!いけばな嵯峨御流と嵯峨書道学院による/花と書の源氏物語54帖/序=上井寛圓  本文=塚本邦雄 撮影=福田匡伸」
帯コピー(裏) 「わが国古典文学の最高峰である『源氏物語』に想を 得て、碩学の歌人・塚本邦雄先生の本文と各巻をモチーフとした創作歌54首を頂戴し、あわせて嵯峨御 流いけばなを代表する54人と嵯峨書道学院に所属する54人の書道家による『嵯峨御流・花の源氏54帖』 の刊行は画期的な試みである。 大本山大覚寺事務長岡田高功」
目次 序・・・上井寛圓
画期的な試み『花の源氏五十四帖』・・・岡田高功
本文と短歌・・・塚本邦雄
桐壺〜夢浮橋:花・書
嵯峨御流 花の源氏五十四帖の制作を通して・・・庄司信洲
嵯峨御流 花の源氏五十四帖いけばな制作者一覧
あとがき・・・吉田泰巳
 「源氏・拾花春秋」
発行 1998年10月20日
発行所 文英堂
著者 田辺聖子/桑原仙渓
目次 プロローグ・・・人を縦糸、花を横糸に、『源氏物語』をいける楽しみ◎桑原仙渓
源氏物語【拾花春秋】・・・『源氏物語』解説 ◎田辺聖子 挿画・生花解説 ◎桑原仙渓
一桐壺〜五十四夢浮橋
源氏物語【四季の女君】
【春の女君】紫の上◎花やかでモダンな貴婦人
       朧月夜の尚侍◎蓮葉な不良少女
【夏の女君】夕顔◎たよりなげな謎の美女
       花散里◎失意の拠りどころ
【秋の女君】六条御息所◎女心のあわれと真実
       朝顔◎二人の夏は終わった
【冬の女君】明石の上◎誇り高さとやさしい情感と
       宇治の姫君たち◎恋のゆくすえは
エピローグ・・・『源氏物語』と文雅の生花図、そのよき取合せ◎田辺聖子
著者紹介 「桑原仙渓(くわはらせんけい) 1927年(昭和2)年大阪生まれ。慶応大学法学部卒業。1981年養父桑原専渓より第十四世桑原専慶流家元を継承。75〜85年(隔年)素子夫人とともにR&M展、86年「花ごころ」展、88年流祖冨春軒著『立花時勢粧』発刊三百年記念の立花展、92年「花ふたり」展、97年「花ふたり旅」展などの、各いけばな展を開催。また、所属協会展に毎回出品。広くマスコミでも活躍している。/著書として、料理と季節の随筆集『京都花ごころ味ごころ』、夫人との共著に、京都でのいけばなの四季をまとめた写真文集『花ふたり』、世界各地の旅先でいけた花をまとめた写真文集『花ふたり旅』(ともに婦人画報社刊)がある。/財団法人日本いけばな芸術協会理事、京都いけばな協会相談役」
 「源氏物語 花の五十四帖」
発行所 求龍堂
岡田広山
原岡文子
価格 4800円
新聞広告 「『源氏物語』の各帖ごとに、花がどのような役割を果たしているのか、広山流三代家元がいけばな化。花で読みとく『源氏物語』」
∴A4版 並製本 総136頁(カラー124頁)

◇源氏物語加工文化データベース◇