◎『北條秀司劇作史』(日本放送出版協会、昭和49年12月25日発行)をベースに、「浮舟」と「末摘花」は歌舞伎座筋書を参照して補った。
◆詳細データは、公演年月日をクリックしてください。順次増補。
「浮舟」
 
7景
昭和28・7 明治座 浮舟・中村歌右衛門(6)、匂宮・中村勘三郎(17)、薫・松本幸四郎(8)、北條秀司演出 上演時間2’37
昭和28・10 御園座 歌右衛門・勘三郎・幸四郎、北條秀司演出 上演時間2’30 
昭和29・5 大阪歌舞伎座 歌右衛門・勘三郎・幸四郎、北條秀司演出 上演時間1’53
昭和31・9 歌舞伎座 歌右衛門・勘三郎・幸四郎、北條秀司演出 上演時間2’18
昭和36・4 梅田コマ劇場 浮舟・扇千景、匂宮・扇雀(2)、薫・花柳喜章、北條秀司演出
昭和40・4 歌舞伎座 浮舟・山本富士子、匂宮・勘三郎、薫・勘弥(14)、北條秀司演出 上演時間2’14
昭和40・9 新歌舞伎座 富士子・勘三郎・勘弥、北條秀司演出 上演時間2’30
昭和45・3 歌舞伎座 浮舟・水谷八重子(初)匂宮・勘三郎、薫・長谷川一夫、北條秀司演出 上演時間2’31
昭和51・2 新橋演舞場 八重子、勘三郎、薫・安井昌二、北條秀司演出 上演時間1’40
昭和58・3 歌舞伎座 浮舟・坂東玉三郎、匂宮・勘三郎、薫・片岡孝夫 上演時間2’31
昭和60・3 帝国劇場 浮舟・佐久間良子、匂宮・勘三郎、薫・勘九郎
平成15・3 歌舞伎座 浮舟・玉三郎、匂宮・勘九郎、薫・仁左衛門
「空蝉」
 
3幕6場
昭和29・7 明治座 空蝉・水谷八重子、国守伊予介・市川中車、光源氏・岩井半四郎、北條秀司演出
「妄執」
 
3幕7場
昭和30・2 歌舞伎座
(莟会)
六条御息所・中村歌右衛門、光源氏・中村扇雀、北條秀司演出
昭和34・7 歌舞伎座 歌右衛門・花柳、北條秀司演出
「末摘花」
 1幕3場
昭和30・11 歌舞伎座 末摘花・勘三郎(17)光の君・歌右衛門(6)北條秀司演出 上演時間1’23
昭和31・12 歌舞伎座 勘三郎・歌右衛門、北條秀司演出 上演時間1’18
昭和33・6 東横ホール 末摘花・芝雀(6)、光の君・時蔵(3)、北條秀司演出 上演時間1’21
昭和34・9 新歌舞伎座 末摘花・延二郎(2)、光の君・友右衛門(7)、北條秀司演出 上演時間1’26
昭和35・4 御園座 延二郎・友右衛門、北條秀司演出
昭和36・3 明治座 勘三郎・友右衛門、北條秀司演出 上演時間1’10
平成13・12 歌舞伎座 末摘花・勘九郎、光の君・玉三郎、戌井市郎演出
「明石の姫」
 
8場
昭和32・2 新橋演舞場 明石の姫・水谷八重子、光源氏・花柳章太郎、北條秀司演出
昭和33・11 大阪歌舞伎座 八重子・花柳、北條秀司演出
昭和34・4 明治座 八重子・花柳、北條秀司演出
昭和42・5 御園座 富士子・扇雀、北條秀司演出
昭和46・1 新橋演舞場 八重子・海老蔵、北條秀司演出
「続明石の姫」
 
4幕9場
昭和32・10 新橋演舞場 光源氏・花柳章太郎、明石の君・水谷八重子、北條秀司演出
「落葉の宮」
 
3幕6場
昭和34・6 歌舞伎座
(莟会)
落葉の宮・中村歌右衛門、雲居の雁・山田五十鈴、北條秀司演出
「朧夜源氏」
 
(歌劇)23場
昭和36・1 宝塚大劇場 光源氏・春日野八千代、朧月夜・南悠子、弘徽殿の女御・神代錦、従者花麻呂・寿美花代、北條秀司演出
昭和36・3 東宝劇場 春日野八千代、北條秀司演出
「光源氏と
 藤壺」

 
5景
昭和36・9 歌舞伎座 光源氏・大川橋蔵、藤壺の女御・山田五十鈴、御門・市川左団次、北條秀司演出、橋蔵旗上公演
「源氏物語
 匂宮の巻」

(舞踊劇・東をどり)
 10場
昭和40・4 新橋演舞場 匂宮・老松、小ひな、北の方・春乃、丸子、北條秀司演出、西川鮎三郎作舞
「若葉源氏」
 
(ミュージカル) 
 18景
昭和42・5 東宝劇場 光源氏・長谷川一夫、末摘花・山田五十鈴、花散里・朝丘雪路、北條秀司演出、西川鮎三郎作舞
「源氏物語」
 
3部25場
昭和46・
10〜11
帝国劇場 光源氏・長谷川一夫、六条御息所・花散里・舞姫常夏・京マチ子、明石の上・春日野八千代、紫の上・長谷川稀世、夕顔・星由里子、北條秀司演出、西川鮎三郎作舞、花柳芳次郎作舞
「源氏物語
 現代版」
昭和54・1 新橋演舞場 市川海老蔵、池乃久里子、水谷八重子、菅原謙次、市川翠扇、安井昌二

◇源氏物語加工文化データベース◇