「窯変 源氏物語」
 「窯変 源氏物語 1」 〈桐壺、帚木、空蝉、夕顔〉
発行 1991年5月20日
著者 橋本治
写真撮影 おおくぼひさこ
各巻頭詞仏語訳 Christian Polak
スタイリスト 樋口恵理子
メーク 菊丸
発行所 中央公論社
価格 1600円
∴帚木の写真は、THE PRIVATESのアルバム"IT`S FREEDOMのジャケットより。
 「窯変 源氏物語 2」 〈若紫、末摘花、紅葉賀〉
発行 1991年6月20日
著者 橋本治
写真撮影 おおくぼひさこ
各巻頭詞仏語訳 Christian Polak
スタイリスト 樋口恵理子
メーク 菊丸
 「窯変 源氏物語 3」 〈花宴、葵、賢木〉
発行 1991年7月20日 
著者 橋本治
写真撮影 おおくぼひさこ
各巻頭詞仏語訳 Christian Polak
スタイリスト 樋口恵理子
メーク 菊丸
 「窯変 源氏物語 4」 〈花散里、須磨、明石、澪標〉
発行 1991年8月20日
著者 橋本治
写真撮影 おおくぼひさこ
各巻頭詞仏語訳 Christian Polak
スタイリスト 樋口恵理子
メーク 野元まさなお
 「窯変 源氏物語 5」 〈蓬生、関屋、絵合、松風、薄雲〉
発行 1991年9月20日
著者 橋本治
写真撮影 おおくぼひさこ
各巻頭詞仏語訳  Christian Polak
スタイリスト 樋口恵理子
メーク 野元まさなお
 「窯変 源氏物語 6」 〈朝顔、乙女、玉鬘、初音〉
発行 1991年10月20日
著者 橋本治
写真撮影 おおくぼひさこ
各巻頭詞仏語訳  Christian Polak
スタイリスト 樋口恵理子
メーク 野元まさなお
 「窯変 源氏物語 7」 〈胡蝶、蛍、常夏、篝火、野分、行幸、藤袴〉
 発行 1991年11月20日
 著者 橋本治
 写真撮影 おおくぼひさこ
 各巻頭詞仏語訳  Christian Polak
 スタイリスト 樋口恵理子
 メーク 野元まさなお
 フラワースタイリスト 黒野しのぶ
 「窯変 源氏物語 8」 〈真木柱、梅枝、藤裏葉、若菜上〉
 発行 1992年1月20日
 著者 橋本治
 写真撮影 おおくぼひさこ
 各巻頭詞仏語訳 Christian Polak
 スタイリスト 樋口恵理子
 ヘア・メイク 野元まさなお
 「窯変 源氏物語 9」 〈若菜下、柏木〉
 発行 1992年3月20日
 著者 橋本治
 写真撮影 おおくぼひさこ
 各巻頭詞仏語訳  Christian Polak
 スタイリスト 樋口恵理子
 ヘア・メイク 野元まさなお
 「窯変 源氏物語 10」 〈横笛、鈴虫、夕霧、御法、幻〉
 発行 1992年5月20日
 著者 橋本治
 写真撮影 おおくぼひさこ
 各巻頭詞仏語訳 Christian Polak
 スタイリスト 樋口恵理子
 ヘア・メイク 野元まさなお
 フラワースタイリスト   黒野しのぶ
 「窯変 源氏物語 11」 〈匂宮、紅梅、竹河、橋姫〉
 発行 1992年7月20日
 著者 橋本治
 写真撮影 おおくぼひさこ
 各巻頭詞仏語訳 Christian Polak
 スタイリスト 樋口恵理子
 ヘア・メイク 野元まさなお
 フラワースタイリスト   黒野しのぶ
∴写真の着物デザイン(匂宮)はホリ・ヒロシ氏/海原純子氏所有。
 「窯変 源氏物語 12」 〈椎本、総角、早蕨〉
 発行 1992年9月20日
 著者 橋本治
 写真撮影 おおくぼひさこ
 各巻頭詞仏語訳 Christian Polak
 スタイリスト 樋口恵理子
 ヘア・メイク 野元まさなお
 「窯変 源氏物語 13」 〈寄生、東屋、浮舟T〉
 発行 1992年11月20日
 著者 橋本治
 写真撮影 おおくぼひさこ
 各巻頭詞仏語訳 Christian Polak
 スタイリスト 森英生
 ヘア・メイク 野元まさなお
 写真協力 イヴ・サンローラン/リヴゴーシュ/イマック/JHANE BARNES/REIKO HIRAKO/アンティック20/小嶋一枝事務所
 「窯変 源氏物語 14」 〈浮舟U、蜻蛉、手習、夢浮橋〉
 発行 1993年1月20日
 著者 橋本治
 写真撮影 おおくぼひさこ
 各巻頭詞仏語訳 Christian Polak
 スタイリスト 樋口恵理子/森英生
 ヘア・メイク 野元まさなお
カバー・帯(3巻)カバー(3巻)
∴A5判変形/カバー装/各巻300〜480頁/挿絵写真各4〜8点。
∴中公文庫版では、カバーと口絵に写真2点が収められている。また、文庫カバー裏の著者の言葉は、初出本では帯に記されていたもの。
 「源氏供養」
 「源氏供養 上巻」
発行 1993年10月20日
発行所 中央公論社
著者 橋本治
カバー画/挿画 小市美智子
目次 その一
01 現代の源氏物語 
02 空洞としての光源氏 
03 女性の書く男
そのニ
04 恋の残酷 
05 女房の文学と『ぼんち』 
06 源氏物語の構成 
07 男性的と女性的
その三
08 対句という修辞法 
09 イメージとしての名前 
10 夕顔と朝顔
その四
11 六条の御息所と「前の春宮」 
12 『若紫』の不思議 
13 三つの始まりとその特徴
その五
14 紫式部の視点 
15 紫式部の好み 
16 紫式部の敵討ち 
17 夕顔と末摘花
その六
18 近衛の中将という位置 
19 二人の不遇な中将−夕顔の父と明石の入道 
20 二人の按察使大納言
その七
21 源氏遊び 
22 「情景」は王朝美学の人間心理 
23 源氏物語をフランス映画で 
24 主語のない物語 
その八
25 眠れる紫式部 
26 半睡半醒の筆
その九
27 桐壺帝のこと 
28 小学六年生の「夫」達
その十
29 狂気の帝がいた 
30 ”自分”が叫んでいる 
31 暴発する光源氏
その十一
32 「亡き母」と藤壺の女御 
33 不思議な三角関係 
34 朱雀院の不思議
その十ニ
35 同性愛の存在しない時代 
36 自分のない男達 
37 「ない」という不思議
その十三
38 トップレスが公然とあった時代 
39 まだ道徳が及ばない時代 
40 頭の中将のこと
その十四
41 たとえば、常陸の宮家の姫君のこと 
42 うるはしき姫君の日常 
43 信仰の対象としての女性
その十五
44 聖なるもの 
45 親王と諸王と大王と直人
その十六
46 唯幻論の時代 
47 意味という即物性
その十七
48 果たしてそれは「タブー」だったのか? 
49 「物笑いの種」というタブー
その十八
50 三角関係の定理 
51 夕顔の系譜 
52 放浪する女
その十九
53 姉妹というモチーフ 
54 父という男のエゴイズム
 「源氏供養 下巻」
発行 1994年1月
発行所 中央公論社
著者 橋本治
カバー画/挿画 小市美智子
目次 そのニ十
55 「弘徽殿の女御」の意味 
56 美しい男と美しくない男
そのニ一
57 横川の僧都の変心 
58 愛とは無縁の権力者 
59 紅梅の大納言の悲しみ
その二ニ
60 一千年前のキャリアウーマン達 
61 紫式部と清少納言 
62 弘徽殿の大后の見識
その二三
63 自立する女と、国を作ってしまった女 
64 逃れ去る女達 
65 浮舟の拒絶
そのニ四
66 「理想」の中に眠るもの 
67 明石の一族の物語 
68 凍える冬の住吉大社で−
そのニ五
69 つれない父−光源氏と少年夕霧 
70 女にして可愛がってみたい−光源氏と青年夕霧 
71 ただ一人許してしまった相手
そのニ六
72 不思議な養父と玉鬘 
73 華麗なる女遍歴の「実情」 
74 妖しい父親
そのニ七
75 異母弟・蛍兵部卿の宮と光源氏 
76 恋という”手続き” 
77 三角関係の謎
その二八
78 孤独な男の孤独 
79 それは孤独から始まった 
80 フェミニストでなければよかった・・・
その二九
81 朝顔の姫君のこと 
82 もしも、源氏物語を男が書いたのだとしたら・・・ 
83 社会に逢いたい!
その三十
84 「何もすることがない」という、欲望の喪失 
85 藤壺の女御(中宮)とは何か? 
86 誰が彼を愛しうるか?
その三一
87 オイディプス神話の伝えるもの 
88 「父」というもの 
89 桐壺帝という父
その三ニ
90 光源氏が愛した人、そして、愛するということ 
91 「父の妻」か、「帝の后」か 
92 冷泉帝と光源氏
その三三
93 「至高のもの」と「人間」と 
94 壮麗なる六条の院の主 
95 「関係」の錯綜 
96 腹違いの姉と弟−柏木と玉鬘
その三四
97 存在しえない近親相姦−玉鬘と夕霧と 
98 「親しさ」というもの 
99 女の安心
その三五
100 男と女の「なんでもない関係」 
101 玉鬘の物語 
102 若紫の物語 
103 一千年という時間
附記
1 源氏物語を創る 
2 「歌物語」ということ 
3 神をも恐れないこと− 
4 北山の僧都は、なぜ「いやなやつ」なのか?
カバー(上巻)
∴中公文庫では、「その二二」から下巻。

◇源氏物語加工文化データベース◇