「しごとが面白くなる 源氏物語−永遠の女性心理を読んで現代のニーズを探る」
発行 1987年10月22日
著者 斎藤茂太
発行所 ダイヤモンド社
目次 プロローグ 『源氏物語』とは何か
第1章 『源氏物語』の人気の秘密 
源氏物語の恐怖
◎源氏物語の恐怖とは?
◎『源氏物語』は、なぜ人気があるのか
◎『源氏物語』は、女性のタイプ別カタログ
◎ビジネスマンにとって、『源氏物語』が必要なわけ
第2章 光源氏の愛人たち
女主人公たちの性格分析
◎女性たちの性格を読み解く
◎藤壺【ふじつぼ】−母性愛の強い女
◎葵の上【あおいのうえ】−上流階級の女が陥りやすい欠点を全部持った女
◎紫の上【むらさきのうえ】−物語中随一のバランス感覚に富んだ女。だが信頼が失なわれればバランスは崩れる
◎夕顔【ゆうがお】−現代「くれない族」にも通じる意思の弱い女
◎六条御息所【ろくじょうのみやすどころ】−自己顕示性の強い性格は、トラブルが悩みを生み、その悩みがまたトラブルを生む、という具合に救われることがない
◎末摘花【すえつむはな】−恋のライバルがあらわれる秘密と、商品がヒットする秘密は同じ
◎朧月夜【おぼろづきよ】−昔も現代も、「愛」をゲームにすれば危険がつきまとう。平安朝版「オフィス・ラブ→左遷」の物語
◎明石の君【あかしのきみ】−左遷時の身の処し方
◎花散里【はなちるさと】−マネージャー型女房は、現代サラリーマンにとっても理想の妻
◎空蝉【うつせみ】−粘着性性格の人妻が犯したたった一度のあやまち
◎玉鬘【たまかずら】−運命に流されもせず、逆らいもせず、たくみに生きる聡明な女
◎女三の宮【おんなさんのみや】−ファザー・コンプレックスの女は男を不幸にする
第3章 飽食の時代、人は何を求めるか
『源氏物語』から現代のニーズを読む
◎昔のナウ、今のナウ
◎貴族は何を求めるか
◎平安時代にもあった「いじめ」問題
◎上流志向と差異化
◎享楽には根拠がある
◎ファッションで性格がわかる
第4章 「雅」と平安貴族
貴族趣味とは何か
◎生活感のある会話は、風流ではない
◎おしゃれ感覚
◎化粧する貴族
◎猫にまで香を
◎一流ブランド志向
◎プレゼントの方法
◎貴族の自然観
◎風見舞いとは?
◎遊びと行事
◎手紙と筆跡
第5章 女のよさ・ダメさ・怖さについて
光源氏に学ぶ女性とのつき合い方
◎職場に女の目が光る
◎紫式部もOLだった
◎オフィス・ラブはやっぱり危ない
◎光源氏は女性の長所しか見なかった
◎ダメな女の例
◎結婚すると生活感が丸出しになる女
◎光源氏も失敗した「意思」の弱い女
◎未熟な女性を教育する
  あとがき
「斎藤茂太 一九一六年、東京に生まれる。歌人で精神科医だった斎藤茂吉の長男。日本精神病院協会会長。その好奇心旺盛な行動力はつとに有名。著書に『茂吉の体臭』『おんなの精神科』『嫁・姑講座』他多数」(著者紹介)。
「源氏物語は、現代に役立つ女性のカタログ/源氏物語はなぜ人気があるのか?その秘密の中に現代女性の心的傾向が隠されている。そして、光源氏と交際した数々の女性たちの性格分析は、そのまま現代女性のタイプ別カタログになっている。読み方一つで、古典がビジネス必読本になる好例が本書である」(解説)。   

◇源氏物語加工文化データベース◇