「源氏物語ふあんたじい : 桐壺」
 発行 1977年7月
 発行所 青也書店
 きりえ 阿素洛
 訳文 与謝野晶子
 「源氏物語 あさきゆめみし画集」
 発行 1984年
 発行所 講談社
 著者 大和和紀
 定価 2500円
 帯コピー(表) 「源氏物語 「あさきゆめみし画集」 古典の息吹が大和和紀の絢爛たるイラストによって現代によみがえった !!」
 帯コピー(裏) 「再現 !! 現代の「源氏物語」をここに・・・」、「求めても得られぬ女人藤壺の面影を追って,紫の上,明石の上,六条の御息所,朧月夜,夕顔,花散里と恋の遍歴を重ねる光源氏。彼の誕生から中年までを描いた“桐壺”から“薄雲”までの十九帖を一挙掲載 !! 〈現代語訳 辺見じゅん〉」
 目次 光源氏をめぐる女性たち
 桐壺、藤壺、紫の上、葵の上、明石の上、空蝉、夕顔、六条の御息所、末摘花、朧月夜、花散里
あさきゆめみし 文・辺見じゅん
 桐壺、帚木、空蝉、夕顔、若紫、末摘花、紅葉賀、花宴、葵、賢木、花散里、須磨、明石、澪標、蓬生、関屋、絵合、松風、薄雲
登場人物について
源氏をめぐる主要人物の系図
ダマシダマサレ源氏ストーリー  大和和紀
カバー・帯
 「大坪秀嘉の源氏物語絵巻」
 発行 1985年
 発行所 東洋堂企画出版社
 著者 大坪秀嘉
 「ちぎり絵 源氏物語絵巻」
 発行所 海洋堂企画出版社
 ちぎり絵制作 西村美沙子・西村由美湖・他
 現代語訳 竹本哲子
 原画制作 大坪秀嘉
 和紙制作 大因州製紙(協)秋吉保久他技術スタッフ
 装丁 長谷文雄
 価格 8000円
カバー
 「林静一画集 源氏物語」
 発行 1987年12月20日
 発行所 朝日新聞社
 著者 林静一
 価格 2000円
カバー
 「源氏物語 宮田雅之切り絵画集」
 発行 1987年
 発行所 学習研究社
 著者 宮田雅之
 「現代の源氏物語絵」
 発行 1991年
 発行所 松栄堂
 「あさきゆめみし絵巻」 上・下巻
 発行 1993年12月13日
 発行所 講談社
 著者 大和和紀
 文 倉橋耀子
 価格 5980円
 目次 上巻
わたしの源氏物語……大和和紀
花の章……花盗人
炎の章……運命の女
風の章……忍び歩き
水の章……待つ女
星の章……幼い日
源氏物語のふしぎ……野口元大
涙と微笑の“あさきゆめみし”……倉橋耀子
下巻
わたしの源氏物語……大和和紀
華の章……百花の王
月の章……惑う女
雲の章……祈り
宇治の章……宇治の姫君たち
続・源氏物語のふしぎ……野口元大
光と影の“あさきゆめみし”……倉橋耀子
カバー(上巻)カバー(下巻)
∴A・Kさんより、資料のご提供をいただきました。
 「源氏物語の女(ひと)」
 発行 1994年
 発行所 KABA書房
 作画 中島 潔
 帯コピー 「風の画家「中島潔」の源氏物語絵巻」、「いま甦る華麗な王朝女平安遷都1200年、いま風の画家・中島潔の絵筆で甦る姫君、女君。王朝女の心を現代の感覚でとらえ、女の誇りと哀しみを独特の手法と色づかいで表現した清新で叙情ただよう画集」。
カバー
∴A・Kさんより、資料のご提供をいただきました。
 「京都書院アーツコレクション13 王朝の香」
 発行 1997年6月15日
 発行所 京都書院
 企画 香老舗 松栄堂広報室
 編集 京都書院編集室
 価格 1000円
 文庫内容案内 『源氏物語』54帖に因み、現代京都画壇を代表する日本画家54名と各界の識者54名が絵画とエッセイで織りなす絵物語。「現代の源氏物語絵」は第1帖「桐壺」から第54帖「夢浮橋」までの各帖をテーマに、新たな源氏物語への情熱を、細やかな筆致で表現した秀逸の作品群。「源氏物語をめぐる54のエッセイ」では味わい深い文章が、さまざまな源氏物語への思いを語り、現代人の心の断面を覗かせてくれるエッセイ集。
 現代の源氏物語絵
桐壺:水田慶泉 帚木:石川義 空蝉:広田多津 夕顔:磯田又一郎 若紫:小松均 末摘花:曲子光男 
紅葉賀:小川立夫  花宴:木村廣吉 葵:三輪良平 賢木:岡村倫行 花散里:黒光茂樹 須磨:下村良之介
明石:池田道夫 澪標:前田直衛 蓬生:三輪晃久 関屋:鹿見善陌 絵合:堀泰明 松風:澤野文臣
薄雲:川島浩 朝顔:大野藤三郎  乙女:来野あぢさ  玉鬘:丹羽尚子 初音:後藤順一 胡蝶:稲田和正
蛍:上村松篁 常夏:正井和幸 篝火:上村淳之 野分:大塚明 行幸:下保昭 藤袴:野々内良樹
真木柱:村田茂樹 梅枝:岡崎忠雄 藤裏葉:林潤一 若菜上:岩澤重夫  若菜下:入江酉一郎  柏木:坂口麻沙子
横笛:松本文子 鈴虫:浜田昇児 夕霧:福本達雄 御法:山岸純 幻:堂本本次 匂宮:川島睦郎
紅梅:*手朋英 竹河:山本知克 橋姫:箱崎睦昌 椎本:塩見仁朗 総角:北野治男 早蕨:岩倉寿
宿木:佐々木弘 宿木:佐々木弘 東屋:山ア隆夫 浮舟:秋野不矩 蜻蛉:竹内浩一 夢浮橋:大野俶嵩
 源氏物語をめぐる54のエッセイ
王朝の香り、源氏の香り:熊井明子 王朝の美人論:井上章一 宮廷女性の美容術:槇佐知子
王朝の紙:近藤富枝 わたしの『源氏物語』:岸田今日子 涙の間:北村薫
六条院の年中行事:山中裕 思いを染めつけた贈りもの:清川妙 光源氏のラブレター:池内紀
『源氏物語』の中の和歌:俵万智 男と女の会話を楽しむ:山中仲美 仕事場、その条件:黒田杏子
予期せぬ別れ:柳田純一 花の面影の女君:友永淳子 紫式部の「父性原理」:大塚ひかり
四季おりおりの装束:金田元彦 母と娘:田中阿里子 世之介の手紙:藤本義一
光源氏の食卓:田中洋子 源氏にアールデコを見た:岡田嘉夫 英語で読む源氏:片岡義男
なぞの源氏物語:堀田力 末摘花の古風:中沢けい 紫式部と『源氏物語』:武蔵野次郎
源氏物語の怪異と哀しみ:服部まゆみ  入って初めて知る、人物たちのディーテール:橋本治  女性記者の元祖・紫式部:中田浩作
紫の色のゆかり:堀尾真紀子 怨霊譚源氏物語:長尾誠夫 架空の館 虚構の美学:永井路子
源氏物語は六十巻:内館牧子 光源氏の聴風景:中川真 紫式部の時代背景:畑山博
神草揺れる影:服部伊都子 光源氏の君を嫌う:田中澄江 或る揺籃の国の女:赤江瀑
夢幻の世界は、何処へ:永畑道子 夢幻の世界は、何処へ:永畑道子 平安トレンディドラマとしての『源氏物語』:稲増龍夫 
紫式部は研究者のカガミ:西原清一 源氏物語の闇:宗左近 源氏物語の影:高橋いづみ
光源氏の魅力:田辺聖子 桐壺と『もうひとつの学校』の思い出:森村桂 野分の別れ:氷室冴子
源氏の姫君たち:中島潔 春秋あらそいの「負け時」:尾崎左永子 『源氏物語』の翻訳:E・G・サイデンステッカー
我が心の『源氏物語』:森村誠一 日本人の幸せ:清水義範 源氏のオカルト生活:荒俣宏
『源氏物語』と逢魔が刻:中島梓 物語の迷宮を抜けて:島内景二 逆遠近法の世界:長谷川法世
源氏の作者をさなくて:杉本苑子 プロフィール あとがき
カバー
 「天野喜孝 源氏物語」 
 発行 1997年9月5日
 発行所 あんず堂
 著者 天野喜孝
 文 伊東杏里
 英文解説 井村淳一
 価格 3700円
 著者略歴 天野喜孝 1952年生まれ。15歳で竜の子プロダクションに入社、テレビアニメ『ガッチャマン』ほかのキャラクターデザインを手掛ける。81年、第14回星雲賞受賞(4年連続受賞)。83年、ゲームソフト『ファイナルファンタジー』のキャラクターデザインを手掛けて若い世代の圧倒的支持を得る。90年『なよたけ』(坂東玉三郎演出)ほかの舞台美術に参加、ステンドグラス(妖精美術館)を制作するなどジャンルを越えて創作の場を広げる。95年、アートへの関心を深め、パリの工房でリトグラフの制作を開始。96年ニューヨークの工房でリトグラフの制作を開始するとともに、全国主要都市での個展を開催。97年、ニューヨークでの個展を開催。
 著書:『妖精』『月の王』『幻視の英雄たちMONO』『ケルト・ファンタジー・英雄の恋』(文・井村君江)『魔天』『天使のたまご』『幻夢宮』『イマジン』『飛天』『DAWN』『花天』『天国への階段』『葡萄姫』(文・松本隆)ほか多数。
カバー・帯
∴収録画の多くは、『少年少女古典文学館 源氏物語上・下』(講談社)が初出。
 「源氏物語絵詞」
 発行 1998年3月31日
 発行所 講談社
 絵 石踊達哉
 詞 瀬戸内寂聴
 装丁・レイアウト 辻村益朗
 各帖の概説 渡邊綾子
 価格 9500円
 帯コピー 言葉と絵の競艶/「源氏物語」五十四帖 絢爛・華麗な世界/平成琳派の新鋭が、15号から六曲屏風まで多様な画面に描いた王朝絵巻の大作。
表紙・帯
∴講談社刊、瀬戸内寂聴訳『源氏物語』の装画。
 「桐壺 (『源氏物語』より)」 
 発行 1999年10月1日
 発行所 「京の絵本」刊行委員会
 発売 アートデイズ
 絵 畠中光享
 文 石井睦美
 監修 梅原猛/上田正昭
 企画/制作 良幸/アートデイズ
 英文制作 英文制作:Brian Amstutz/ATOZNETWORK
 価格 1800円
 帯コピー(表) 帝と更衣の悲恋、そして輝く皇子「光源氏」の誕生/日本画の実力派と児童文学の新鋭が創った/美術本として大人も楽しめる/京の歴史絵本英文付/《平安建都1200年協会協賛図書》
 帯コピー(裏) 《京の絵本》刊行に寄せて−梅原猛/ここに集められた十編の物語は、平安時代から室町時代にかけて成立したもので、すべて京都に因んだものばかりである。画家たちも、京都の日本画の伝統を継承する優れた画家たちで、これらの絵本は、一場面一場面を一枚の絵画として鑑賞できる「絵本画集」とでもいうべきものになった。平安建都千二百年という年だからこそ実現できた企画といえよう。
 著者略歴 畠中光享 1947年奈良生まれ。京都市立芸術大学専攻科修了。77年、第21回シェル美術賞を受賞。78年1回セントラル美術館日本画大賞受賞。84年横の会結成に参加。第1回展出品、以後毎回出品。85年欧米巡回現代日本画展。87年京都府文化賞新人賞受賞。89年ユーロパリア・ジャパン現代日本画展。91年東京 ・有楽町アート・フォーラムにて「ときめきの詩−畠中光享日本画展」を開催。95年光州ビエンナーレ展出品。97年畠中光享展「仏伝と飛天」。著書に『インド染織美術』(‘93)画文集インド仏跡巡礼『ダルマ・ヤートラ ブッダの歩いた道』、『インド宮廷絵画』(‘94)がある。現在、京都芸術短期大学教授。
 著者略歴 石井睦美 1957年神奈川県生まれ。フェリス女学院大学卒。86年「5月のはじめ、日曜日の朝」で毎日新聞はないちもんめ小さな童話大賞、新美南吉児童文学賞を受賞。著書に「パパはステキな男のおばさん」「そらいろのひまわり」「もんだいはプレゼント」。近刊に「おいでおいでの木においで」がある。
カバー
∴「日本人の心のふるさと《京の絵本》シリーズ10巻」構成:安寿と厨子王、一休、一寸法師、牛若丸、祇王・仏、桐壺−源氏物語より、酒呑童子、竹取物語、ものくさ太郎、羅生門
 「源氏物語 Tha Tale of Genji」
 発行 2001年10月26日
 発行所 講談社インターナショナル
 切り絵 宮田雅之
 序文 瀬戸内寂聴
 エッセイ ドナルド・キーン
 英訳 マック・ホートン
 本文協力 渡邊綾子
 和文監修 高木和子(関西学院大学専任講師)
 監修協力 村口進介(神戸大学大学院)
 企画協力 宮田アートプロモーション・雅房・瀧愁麗
 価格 3500円
カバー・帯
◆音部訓子「現代・源氏物語」
 個展 「現代・源氏物語」
 開催年 2001年
 開催地 東京・名古屋
『illustration』(no.140/2003.3/p,42)
∴この個展をきっかけに「平成13年度名古屋市芸術奨励賞」を受賞。
∴小林由佳さんより、資料のご提供をいただきました。

◇源氏物語加工文化データベース◇